武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

小林健二さんIPSYLON2008@IPSYLON神保町

小林健二さんIPSYLON2008を今回は神保町になったIPSYLONへ観に行きました。
最終日、居心地がよくてつい長居をしてしまいました。

ipu9.jpg

ipu1.jpg

ふしぎな空間に存在していそうなカタチやものがいっぱいあり、人が柱に手をふれると鉱石に灯りがともり、灯りを消すのもつけた人ふれないと消えない不思議なものが今回、いちばんのお気にいりでした^^

ipu8.jpg

びっくりして、いったいどういう仕組みが!?とか聞いてしまったんですけど、簡単な仕組みといくつか作ったけど、それ一つしか上手くいかなかったことを説明されているほしとそらさんからお聞きしました。

私以外にも、これは質問してこれはこれこれこういう仕組みでしょって、言ってくる人もいたようですが、個人的には、ものの見方は一つじゃないと思うので、作り方がわかれば、それが作れるというものでは、なくて、それがある、ということが問題なのにな…とか、思って見たり。

 ipu6.jpg

ipu3.jpg

ある人物は、たんぱく質と水と他の物質で構成されていると言う言い方もあれば、分子レベルで見る見方もあるし、人種や、その人の人となりで説明することだってあるし、まだ見つかっていないストーリーで説明することも可能です。
小林健二さんの作品や、ほしとそらさんの説明は、私にとってそういうものです。
世界に対する新しいストーリーです。既存のものがベストではないと思うので!

自ら、作ったレンズを使った写真作品もありました。
これも、世界の新たな解釈かなと勝手に受け取ってしまったり。

ipu7.jpg

人によって見えているものって違うんですよね。
弱視や、斜視、視力の違いによって、そういえば、実家の父さんが、いま、病気の治療中で、強い薬を使って、効果とともに副作用で、白内障が進み、今の視界は、霞がかかったようだと聞いています。
メインの病気の方の治療が一段落したら、そちらも順番に手術してもらおうと、元気づけているものの、お父さんの視界は私と別のところに行ってしまったんだなっていう、寂しさもあります。
見方を変えるとこの世界はどんなものにも変わるし、隣に座っている人と同じものを見ていないこともあるのだなとつくづく思います。

できれば、お父さんの世界がずっときれいにすばらしいものに見えることを願っています。
喧嘩してばかりですけど、この期に及んでも笑

私の見る世界は、すごくきれいです。いつも涙が出るくらい(何、書いてるんだろ笑)
空も星も太陽も月も海も樹々もぜんぶきれいだなって。

脱線しましたが、観にいったころ、変に冷静で、でも、見ていたら、ほんわかして、この頃、ぜんぶ、頭の中がすっきりしてて、そのあと、元気がでたり、くもったり、元気が出たり、でもこの時、は、頭がクリーンなのか、何だか何も怖いものがなくって不思議な時期でした。

ipu4.jpg
階段を降りてみたイプシロンの看板

このあと打ち上げに誘ってもらいました。
一次会、二次会、小林健二さんが、一人一人を他の人に何回も紹介していってくれてました。名前とどんな人かを。わたしは、「この1年で結婚して、勝手に名字が変わっていたことと(笑)、前回、初見でアトリエに泊めてもらったこと」を紹介順番がくる度に言っていただいたような~
えぇ、ちょっととんでもないようだけど、前回アトリエを観にいけるだなんて、もう嬉しすぎて、思慮もふっとんでしまっていたんですよ(笑)すみません。

一次会、二次会、面白いことやってるかた、たくさんでした。
二次会でその日誕生日の画廊のかたとその前日誕生日の健二サンの本の翻訳したかたがいて、誕生日特別メニューもお店の人にお願いして出してもらったし、ほしとそらさんと、2ストローで、フルーツポンチ飲んだし楽しかったし、嬉しかったです。
小林健二さんの話を聞いて感じたこと、支えるほしとそらさんをみて、ものをつくるのに、本当に真剣なんだな。人生も全部かけてるんだなってかんじました。
自分の中で何をいちばんに考えるかは、自分で選ばなければいけないし、自分もちゃんと考えてもっと強く生きなければいけないと再確認しました。
わたしは、何を自分の手の中に大事に残したいんでしょうね。
必ず見つけます!

小林健二さんHP
http://www.kenji-kobayashi.com/

左はしと真中が今回刷られた本です。左端の、いまも繰り返しみています。
作品集[MEEM] http://www.aoiginga.com/newsFrameset.html
作品集[INNER SCAPES & TINY NIGHTS] http://www.aoiginga.com/newsFrameset.html

ipu5.jpg

三鷹blog内関連ページ
KENJI KOBAYASHI EXHIBITION O4【somnium】@ IPSYLON
PSYRADIOX 澁澤龍彦幻想美術館@埼玉県立美術館

関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/95-8f490323
該当の記事は見つかりませんでした。