武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

上野 精養軒 カフェラン ランドーレ (Caferant Le Landaulet) at 上野公園内

前回の旧岩崎邸の夜間拝観の前に上野精養軒 カフェラン ランドーレ でランチをいただきました。

上野精養軒は、明治5年創業の老舗の料理店です。


上野精養軒 - 04

上野精養軒 - 58


上:案内版に英語と英字が混ざります。
下:精養軒本店。威風堂々とした建物です。





地図にあるように国立科学博物館や美術館のある上野の森と不忍池の間に
位置していて池に面した高台にあります。


上野精養軒 - 12


バルコニーと室内のどちらがいいですかと聞かれバルコニーを選択
不忍池が左側にあり、高い樹木が目の下に広がります。
足下は石のタイルの広めのバルコニーです。


上野精養軒 - 15


しばし屋外を楽しんでいたもののメニューを選んでいる間に
日差しにクラクラして来てしまって席を室内に変えてもらうことにしました。
10月の二週目。他の方たちはバルコニーをそのまま余裕で楽しんでられていたので
単に私が根性なしだったというだけです。


上野精養軒 - 54


快く店内の席へ案内してもらい着席。
室内もシックで素敵です。空調も涼しく、何やかやでやっと視点も定まってきました。


上野精養軒 - 38


窓際でこちらからも硝子越しに不忍池を見ることが出来ます。
窓が大きく開放感もあり、室内はちょうど落ち着く明るさです。


上野精養軒 - 25


日本の洋食の草分けといわれ、夏目漱石の『三四郎』や森鴎外の『青年』の
小説の中にも登場する精養軒のハヤシライスです。
上野精養軒を紹介されていた方も、是非ハヤシライスかビーフシチューをと
言うことだったのでハヤシライスを注文しました。
というか、元来、ハヤシライス好きなのもあります。



上野精養軒 - 36


Rもつられてビーフカレーを注文。
本当は別のものを注文しようかと思っていたけど
Nちゃんがハヤシライスにするなら自分はカレーにしておく!
だそうです。


上野精養軒 - 40


おいしい。幸せです
レトロなエピソードがある場所やお店や食事が好きなんですけど
いつも行く機会を逃してしまっている私。

【 不忍池の見える上野精養軒でハヤシライスを食している 】
というシチュエーションも相まって、かなり幸せ
といっても主人のR曰く、それはよくわからないらしいです。

少し交換しました。
お肉が柔らかくてホロっと崩れるところがどちらもいいです。


上野精養軒 - 43


精養軒のハヤシライスは上野博物館や美術館や科学博物館などでも食べることが出来ます。
しかし、不忍池を見ながらゆっくり食べるのは格別でした。


上野精養軒 - 45


お会計所の正面に、かつての上野公園と精養軒の様子が飾られていました。


10月の睡蓮


不忍池側から精養軒。
上野のお山はレストランにも歴史があります。





→ 上野精養軒 カフェラン ランドーレ
上野精養軒 wikipedia







関連リンク

カテゴリー:上野

6.png 上野 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)



関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/925-055d3692
該当の記事は見つかりませんでした。