武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

老松(おいまつ)さんの香果餅(こうかもち) 

順番にまた書かせて頂きます。

香果餅 - 8


京都の友人からいただいた 香果餅(こうかもち) というお菓子です。
ふんわりとした果実の香りが香ばしい菓子にぎっしりと封じ込められているかのようです。


香果餅 - 1


右の説明書きに寄ると、これは中秋説の観月の時の月餅(ユエピン)で、菓子の原点である久多毛能(くだもの)・古能美(このみ)の趣深さに思いを寄せて京菓子風に仕立てたものだそうです。


私はと言えば、和菓子の気に入りの青木屋さんのお菓子を持っていきました。
季節ものの橙々の実にしようかとも迷いましたが、友人から近頃、油分を苦手にしていると聞いていたので、自分も好きでよく選んでいる六社饅頭にしました。
しかし友人は実は粒あんじゃなくてこしあんが好みなのを渡してから会話中に思い出しました。
武藏国府饅頭(こしあん)にしておけばよかったと少し後悔です。
行きがけに会計をするとき、何かひっかっていたんですが、、、、



老松(おいまつ)さんのページ
青木屋さんの寺社饅頭とかのページ




カテゴリー:すーべにーる




関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/856-495e8698
該当の記事は見つかりませんでした。