武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

アド・ミュージアム@港区新橋カレッタ汐留

広告とマーケティングの資料館 アド・ミュージアムに行ってきました。
通ってるウェブスクールの遠足(校外見学実習)です。

アドミュージアム - 4

スタイリッシュなADMT というファサード


Mちゃんと最寄り駅で待ち合わせて、電車をのりつぎ、新橋駅から、日本テレビを右手に行ったんですけど、当日風か冷たくってつらかった!

ついたら、クラス全員、20人~、皆でまず講義を受けました。
広告の始まり、歴史、日本の商売の移り変わり。
そして、インターネット広告が企業の広告費内訳の中で、テレビ、新聞を抜いて今、現在、一位になっていること。

そして感じたのは、広告業界は戦後、熱く時代をリードしてきたこと。

キャッチコピーや、PARCOのCMが、女性喚起を投げかけるメッセージを発信し時代を先導してきたこと。

全部を聞いて、ウェブサイトを制作する際には、もっと面白いことを出来るんじゃないかな、という気がしてきました。
もっと社会に発信するツールとして捉えたら面白いんじゃないかと。

また、ウェブサイトを作るとき、ただ情報をまとめるだけで留まることだけで終わらないことができるのではないか。


これまで日本の商売の根底にあったお客様をいちばんに考える企業精神、そして、社会に貢献する企業というあり方を考え、ウェブサイトでも企画として提案して受け入れられるのではないかということが頭の中でイメージとして浮かびました。

以前、勤めていた大阪の制作会社は、企業理念を元にCI(コーポレートアイデンティティ)を確立し、そこから、プリントツールやウェブサイト、看板やすべてのものを制作していくことを主に置いた会社でした。
すべてを、つなげて考えてもいいのかもしれませんね。

ウェブサイトを作る際には、もう少し、社会に波及する影響を考えながら作るともっと面白いものが出来るような気がします。

クライアントさんのお仕事にも折り込めるだけ折り込んでいきたいと思うと同時に
どうなるかはわかりませんが、クライアントさんの仕事とは、また別に少し実験的なものを作って見るのも面白いのではないかとも考え始めています。

その後、館内を見て廻りました。戦前から現在までの広告資料をたくさん見ることができました。


本日のごはん
Mちゃんと食べたカレッタ汐留地下の丸亀製麺さんの釜玉おうどんおいしかった。

アドミュージアム - 9

かきあげもプラスしてみました。


帰り際、忘れて行ったマスクを二つ持ってるとのことでMちゃんに貰っちゃいました。
まずは風邪も何もはねのけるくらいの体力増強です。
何かいい方法あったらお教えください!

そしてこの新橋駅、NPOにお勤めしていた時の最寄り駅、ホームに立つと、毎朝、ここを急いで走っていたことを思い出しました。短い間だったけど、そういうもんなんですね。学校へ行ってこうやってアドミュージアムに来たことも、きっと懐かしくもなりいろんな経験とともにいい経験になるんだろうとも思います。


アドミュージアム
丸亀製麺
カレッタ汐留



大きな地図で見る


関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/480-38065735
該当の記事は見つかりませんでした。