武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

シンドバッドの冒険と香りの旅@三鷹市中近東文化センター

中近東文化センターで行なわれている
「シンドバッドの大冒険とガラスの海-インド洋と地中海を探検しよう-」
2010年7月3日~11月7日(日)を見て来ました。


中東の香り@中近東文化センター - 23

中近東文化センター


夏休み期間からはじまる展覧会は体験型の展示も多くありました。
乳香、没薬、沈香、伽羅、白檀、龍涎香、バラ香油、ジャスミン香油の体験展示がありました。


乳香(にゅうこう)と没役(もつやく)
を嗅がせてもらいました。
ともに樹液を固めたものです。
匂いが凝縮した感じの独特の甘い匂いです。

中東の香り@中近東文化センター - 04 中東の香り@中近東文化センター - 01 
中東の香り@中近東文化センター - 03
 中東の香り@中近東文化センター - 02
*クリックすると写真は多少、拡大されます。

香木体験


職員の方がどちらか焚いてみますよと言っていただいたので、乳香のほうを焚いてもらいました。
最初は甘い香りなのに周りの空気が清浄になる気がしました。
乳香は、アラビア半島の南に生えているカンランという樹木からとれた樹液を固めたものだそうです。
四千年前から用いられていた記録が残っているそうです。
乳香を炊くことで暑い彼の国にひとときの清涼を与えたことでしょう。


他の香りのするものも少しずつ趣きの違ういい香りです。
バラ香油、ジャスミン香油は、花本体から抽出されたもので、エッセンシャルオイルと呼ばれる私の生活に、身近なものですが、今まで香りを嗅いだことのある中で本当に一番のいい香りだったかもしれません。



そして、それらの香りのするオイルや練り香水を入れたローマングラスや陶器の展示がありました。


中東の香り@中近東文化センター - 17

手の込んだ入れものたち。



衣食住のような生きるため、最低限のものではないと言う人もいるかもしれないけど、
こういった香りや人の手で作られ人を喜ばせてきたものを私は愛してやみません。
きっとそういった人たちがもっと多くいてもっと強く願って発展し。中東から日本までの幅広い地域に長い間をかけて広がり深められて来たのでしょう。


シンドバッドは冒険の中で何度を船を奪われながら航海を続けていたり、香木を商って大金持ちになったりと波瀾万丈の航海を繰り返していたそうです。


中東の香り@中近東文化センター - 05

シンドバッドの大冒険地図
 
他にも、アラビア語を書いてみる体験コーナーがありました。


中東の香り@中近東文化センター - 06

お手本を見ながら書きます。


中東の香り@中近東文化センター - 11

筆記用具は、竹を斜めに削ったものに墨汁。

中東の香り@中近東文化センター - 08

アラビア語は右から左に記述します。
一番右下に“ミタカ”と書いてみました。

私が書いたのはアラビア語というより象形文字のようです


アラビア語しばし鍛錬が必要です。
今、中近東文化センターでアッカド語講座も行なわれています。

中近東のことを気軽に知ることも、もっとディープに学ぶことも出来る場所です。
三鷹市民及び近隣市民のかたは、証明する免許証、住民カードなど持参で100円で博物館に入場もできます。

「シンドバッドの大冒険とガラスの海-インド洋と地中海を探検しよう-」は
2010年11月7日(日)までです。

芸術の秋、文化の秋に近くの博物館を訪れてみるのもいいです。blue_wing.gif

中近東文化センター
ウェブサイト
所在地 〒181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-31
Tel 0422-32-7111 Fax 0422-31-9453
附属博物館
開館時間 10時~17時(入館は16時30分まで)
休館日 月・木曜日(祝日は開館:振替休日なし)年末年始

入館料 一般 800円  高大学生 500円  65才以上400円
中学生以下は無料
三鷹市・武蔵野市市民 100円(中学生以下は無料)
団体15名以上 200円割引 
お問い合わせ 電話:0422-32-7111
ファックス:0422-31-9453
E-mail: museum@meccj.or.jp

*入場料金と開館時間は訪問した当時のもので現在は変更されています。
公式サイトよりご確認ください。
blue_wing.gif


関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/435-f0ddbdf2
該当の記事は見つかりませんでした。