武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

Amazon.com送料無料@『パロール・ジュレと紙屑の都』 吉田 篤弘

本は、本屋さんで買うのが好きなんですが、いまは、あまり気軽に赴くことができないので、アマゾンコムで予約を入れて購入します。

3月末までアマゾンコム書籍送料無料もです。

2010年3月27日発売予定
『パロール・ジュレと紙屑の都』
吉田 篤弘 角川書店




内容紹介
キノフという町では、言葉が凍りついてパロール・ジュレと呼ばれる結晶になるという…。その神秘を古書の紙魚となって追究する諜報員、謎を追う刑事、言葉の解凍士。言葉を巡る壮大なマジカルファンタジー。
著者について
1962年東京生まれ。小説を執筆するかたわら、「クラフト・エヴィング商會」名義による著作と装丁の仕事を続けてきた。著書に『つむじ風食堂の夜』『フィンガーボウルの話のつづき』『小さな男*静かな声』『圏外へ』など。

登録情報
* 単行本
* 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/3/27)
* ISBN-10: 4048740431
* ISBN-13: 978-4048740432
* 発売日: 2010/3/27
* Amazon.co.jp ランキング: 本 - 27,147位 (本のベストセラーを見る)




このブログの「本」に関する話題を読む


カテゴリー:


Amazon.com








関連記事

Category :
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/348-9eb78826
該当の記事は見つかりませんでした。