武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

映画『スタートレック(STAR TREK)』@吉祥寺バウスシアター



映画スタートレック(STAR TREK)を吉祥寺のバウスシアターで観てきました。

ちょっと観にいくのが遅くなったのは、シアター2から画面の大きいシアター1に移るのを待ってたからでもあります。

開演時間ギリギリかなって思って家を出発したらいつもの距離を半分の時間で映画館についてしまいました。思い入れゆえでしょうか笑

実は、中学のころからトレッキーなもので。
関連本もエンタープライズの模型も家にあったりします。
トレッキーな東京探訪日記はこちらからどうぞ→STAR TREK 40周年☆

今回の映画は、一番好きな最初のシリーズ
STAR TREK :TheOriginal Series(略してTOS、日本で放映時当初は宇宙大作戦というタイトル)のクルーたちが出会った時の話です。新しい俳優さんたちが若かりし日のエンタープライズのクルーを演じています。ただ一人あの役者さんが出演しています。

映画を観た感想は、ただ

「胸が熱くなる。」

です。

ストーリーの展開からなのか、その画面に圧倒されるのか。SFもすごいです。
懐かしいだけとか、愛着のあるキャラクターをもう一度観れたとかじゃなくて、

やるべきことを遂行すること。能力を高めることの意味。自分で答えをだすこと。自分の感情と対峙すること。
いつもベストな答えを模索すること。

そんなことが今回の映画のテーマでした。
それがずっとスタートレック(特にオリジナルシリーズ)の根底に流れるテーマでもあると思います。


映画を観ている間中、ずっと胸が熱くなりっぱなしでした。


あと、人が宇宙や近未来的なテクノロジーを駆使したSFの世界を観るとドキドキするのはなんででしょう。
いまのいいものも、過去のいいものもしみじみと好きだし、不満があるわけではないのに。


TVシリーズからずっと続く冒頭のナレーションの

『宇宙、それは人類に残された最後の開拓地(フロンティア)である。そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは人類最初の試みとして、5年間の調査旅行に飛び立った宇宙船U.S.S.エンタープライズ号の驚異に満ちた物語である。』

の言葉どおり、人には未来や宇宙に憧れる遺伝子が組み込まれているのかもしれませんね。


今回の映画のキャッチフレーズは

「なぜ、挑むのか」です。



あと、懐かしいだけでこの映画を薦める訳ではありませんが、各クルーの若いときは、観るとちょっとうれしいかもです。みんな人目でわかるし。

若いときのクルーをちょっとネタばれします。すみません。
ジム・カークは想像した通り、女性好きで、スポックは若いときのほうがひどいやつで笑、マッコイはやっぱり変わり者で、ウフーラは思った以上に美女で、スールーは芯のある片鱗を見せていて、チェコフは声変わり前で、スコットは天才でなおかつやっぱり機関室を走り回ってました笑


スコット役のジェームズ・ドゥーハン / James Doohanさんなくなってしまったし寂しいです。
宇宙葬をしたことがニュースになってましたね(一回、延期になったことも)。


そして、ミスタースポック役のレナード・ニモイさんは今回も出演しています。
出てきた時、ちょっと感極まってしまったかも。

映画スタートレック(STAR TREK)
観るべき大の☆☆☆☆☆(五つ星)映画です。

バウスシアター - スタートレック



スタートレック Movie Official site
スタートレックとは(Wikipedia)
これまでの作品はこちらから
スタートレックのトレーラーいっぱい観れるappleのサイトはこちらから

もっと吉祥寺を!という人は

この東京探訪ブログの吉祥寺カテゴリーへ



吉祥寺バウスシアター

毎週水曜は女性1,000円(注1*)なので、切符売り場の前には、待ち合わせをしているのか開演待ちをしているのか女の人がいっぱいでした。
映画館で観る映画はやっぱりいいです。

毎週一回、映画一本観ると、月、4,000円か~。週間つけたい。
このシアターの会員になると、毎月映画のちらしとか上映スケジュールが送られてきますよ。
以前、会員でした。実家へ帰っているうちに切れてしまった><

ガス・ヴァン・サント監督の「ミルク」みそこねちゃったし、今やってる「メイプルソープとコレクター」も、上映予定の「プール」も観に行きたい !


注1*
吉祥寺バウスシアター各種割引サービス。
(毎月1日1,000円、月曜は男性1,000円。金曜は男女カップル併せて2,000円、あと50歳以上のご夫婦や身障者のかた、高校生、誕生日月や、あと、会員になると1,000円に一部の映画以外1,000円になります。)
詳しくはこちらをどうぞ→バウスシアター劇場案内 各種割引サービス

blue_wing.gif

吉祥寺バウスシアター

バウスシアター - 1


住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-23
電話 TEL:0422-22-3555 / FAX:0422-21-1041
メール baustheater@japan.email.ne.jp
駐車場 なし

グータイム バウスシアター 紹介記事
吉祥寺マニアバウスシアター 紹介記事

blue_wing.gif

関連記事

Posted by lemon on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.11.25 19:52 | | # [edit]
sitron says...""
それはあるかもしれませんね。たくさんの人に見てほしいですもんね。

2009.11.28 09:03 | URL | #fk2cceys [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/176-d906c7a4
該当の記事は見つかりませんでした。