武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

鍾乳洞のオープンカフェ ーCAVE CAFEー|沖縄久米島旅行記〈31〉

CAVE CAFE(ケイブカフェ)
沖縄県南城市の鍾乳洞の中にあるオープンカフェです。

那覇空港でガンガラーの谷ツアーを予約。
ケイブカフェがツアーの集合場所です。

ガンガーラの谷ツアーの大ガジュマル 2016-05-06 13-027

とても広い鍾乳洞の空間をCafeにしています。
暑い日でしたが中はひんやりと涼しい空間でした。


ガンガーラの谷ツアーの大ガジュマル 2016-05-06 13-037

触れると、しっとりと湿気を帯びていて冷たい岩肌。
本物の鍾乳洞です。
(本物じゃない鍾乳洞や空や森があるお店に、何度か行ったことがあるので、ついこういうことを考えて、こういう表現になってしまいます💦)


ガンガーラの谷ツアーの大ガジュマル 2016-05-06 13-039

ここでマブイオトというコンサートも開催されます。
マブイ=魂

鍾乳洞の自然の反響音。
古代もこんな場所で人を集めて音を奏でていたのかなと、想像が広がります。

魂の音楽祭マブイオトのサイト


ガンガーラの谷ツアーの大ガジュマル 2016-05-06 13-046

メニューは、風化珊瑚で焙煎したコーヒーやシークァーサーやパッションフルーツに加え、
ハイビスカスのジュースやソーダがあります。

「ハイビスカスは神様に捧げる供花。家の庭には植えない特別な花」

とは那覇空港からここまでのタクシーの運転手さんに教えてもらった話です。
沖縄では、とくに特別な花です。


 ガンガーラの谷ツアーの大ガジュマル 2016-05-06 13-033 

洞窟内には、発掘場所もあります。


発掘調査区Ⅰ
●約2万年前の貝器と人骨
●約2万年前のカニの爪
●約1万四千年前の石器と人骨などの発見場所


少なくとも、六千年の間、ここで人も生活が続いていたということです。
カニの爪等を食しながら。


ガンガーラの谷ツアーの大ガジュマル 2016-05-06 13-034

二万年以上前から、いま現在まで風化させずに人々が集う場所。
カフェとして、ライブハウスとして、生きた自然資料館として。
CAVE CAFE、とても素敵な場所です。


Category : 沖縄久米島旅行記
Tag :  沖縄 



CAVE CAFE(ケイブカフェ)

〒901-0616 沖縄県南城市玉城字前川202番地
TEL.098-948-4192


関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/1300-70c40b14
該当の記事は見つかりませんでした。