武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

京都からの風|香老舗 松栄堂〈御題銘香 野〉

年が開けて、京都に住む友人のKちゃんから、
香老舗 松栄堂さんのお香が届けられました。
(本日、二つ目の日記です)

松栄堂のお香-005

袋の模様が〈聞香(もんこう)〉に見え、そうでないようで。
気にかかります。

やはり、お香に関係する文様なのでしょうか?


松栄堂のお香

平成29年の宮中歌会始めの御題「野」にちなんだお香です。


松栄堂のお香-001

〈御題銘香 野〉  絵・三輪晃久画伯


松栄堂のお香-004

『御題銘香・特選御題香について』
日本の伝統文化の源泉とも言える「短歌」。毎年1月に宮中で開催される「歌会始の儀」では、天皇陛下の御製、皇后陛下の御歌をはじめ、皇族方・召人・選者の短歌とともに国民より詠進より選ばれた歌が晴れやかに披講されます。松栄堂サイトより引用させていただきました。


松栄堂のお香-002

開くと、香しい薫りが漂います。


松栄堂のお香-003

祖母から貰った懐かしい匂い袋の薫りを思い出した。
香しい雅やかな京文化の風が吹き渡りました。


我が家はこのお正月は喪に服すべき時期です。
新年に神社さんでなく博物館に出向いたのもそういった訳です。

「華々しすぎることは避けたほうがいいんじゃないか」と言う考えが、何かをしようと考えるにつけ頭に過ります。

でも、友人から送られてきた香とお手紙を目にした時、
しめやかで、密やかでも、美しいものがあるんだなと、一息つくことができました。
ありがとうKちゃん。本当にうれしかったです。

以前にKちゃんから貰った時のお香の日記
違うお店ですが、両店に〈松〉の字が。松とお香は関係あるのか、気になります。

彼女は、日常的にお香を愉しむ暮らしをしていることは手紙から伺いしれるので、いつか京都に行った時にお香の話を聞いてみたいと思っています。


→ 香老舗 松栄堂

〒604-0857  京都市中京区烏丸通二条上ル東側
電話 / 075-212-5590


関連記事

Tag : 京都
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/1292-8c3950ab
該当の記事は見つかりませんでした。