武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

博物館へ初もうで|東京国立博物館

東京国立博物館へ行ってきました。
「博物館へ初もうで」の会期中です。
今年の干支の酉と、国宝「松林図屛風」を初め、吉祥を表すモチーフの作品が数多く展示されていました。

上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 15-04

「博物館へ初もうで」

 2017年1月2日(月) ~2017年1月29日(日)
謹賀新年と特別展の垂れ幕がかかり、獅子舞などの出し物も正面玄関で行われていました。


上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 15-05

「法隆寺宝物館から!黒田清輝も!」と訴えたものの、
「これまで、あまり見たことないし、先ずは本館から」との同行者Rの静止を受け、本館 日本ギャラリーを見ることにしました。いや、いいんですけど。


上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 16-051

トーハクは、建物自体も素敵です。


上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 15-08

いけばな
は、池坊 蔵重伸氏の作品。


上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 15-030

長谷川等伯筆「松林図屛風」

正面から立ち向かうと松林の中に佇む心境になる屏風画です。
トーハクは、撮影禁止のマークが入った作品以外は、撮影することができます。
撮影したいくつかの写真をご紹介させていただきます。


上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 15-09

上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 16-58

下村観山『弱法師』


上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 16-52

上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 16-27

上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 15-062

上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 16-048

上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 16-063
 
上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 15-32

上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 16-51

上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 16-50

本館 日本ギャラリーだけでも、広範囲の美術品、国宝、重要文化財が収められています。
日本美術史や歴史の教科書に載っている作品も多く見られます。


上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 15-002

この内容でこの破格の入場料金なのも国立の博物館ゆえです。
「最初に主な国立博物館を見ると、目が肥えてしまうよ」とRにいうと
「わかる気がする」と返ってきました。

わたし自体、子供のときは、京都や奈良を初めとする国立美術館に博物館に画廊に百貨店ギャラリーを。京都や奈良や比叡山や高野山に和歌山のいまは世界遺産となった場所を。
大人になってからは、東京の諸美術館やギャラリーを好んで観てきました。

一定期間、何も観に行かない暮らしをしていると、寂しく感じてきてしまうくらいです。
昨年までの数年間は、一人で思い立ったことを自分で課した目標が未完成なこともあって、行っていいのか悩み遂行出来ないことも多く、もっと鑑賞時間や、興味のあるものに触れる時間を増やすことが今年の課題になりそうです。


上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 17-012

外に出るとちょうど暮れ時。


上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 17-018

ほかの建物の展示は、また次回以降の楽しみです。


上野国立博物館と冬桜 2017-01-02 17-17

遠くに見える→冬桜イルミネーション|上野公園 (01/04)
その話は、また次回に。
Tag : 上野
 
関連ブログ

6.png 上野 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)
関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/1291-0e2a973e
該当の記事は見つかりませんでした。