武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

銀座のレトロ建築|教文館ビル

教文館ビルは、アントニン・レーモンド氏が戦前の1933年に建てたレトロ建築のビルディングです。
アール・デコ様式の建物は、設計された当初のままの部分も多くあります。

きょうぶんかん/ナルニア国/エインカレム-031

教文館創業130年記念企画 アントニン・レーモンド展

観たいと思いましたが、この日は閉館していました。
現在は、ポスターの設計図にある上部の塔の部分はありません。

いま現在の外観は現代的で、何も知らずに二回目の訪問をしたものの、
自分好みのレトロ建築で見惚れ、6階ナルニア国さんから一人、階段で降りると言い張り、鑑賞していました。


きょうぶんかん/ナルニア国/エインカレム-029

一階の壁面装飾
優雅な装飾が、光に表情をつけています。


きょうぶんかん/ナルニア国/エインカレム-028

同 一階、現存する銀座で一番歴史のある回転扉。(使用はされていません)


きょうぶんかん/ナルニア国/エインカレム

左右対称の造りの階段。階段は、両側に続いています。階段の下には、お手洗い。
また下の階へと続きます。

わたしが6年くらい勤めていた会社の本社建物は、安藤忠雄事務所さんの設計でしたが、
デザインルームは、歴史のあるこちらのようなビルディングに入っていました。
なんだか造り自体も似ている気がします。


きょうぶんかん/ナルニア国/エインカレム-021

4階のエインカレムさんの階の照明。


きょうぶんかん/ナルニア国/エインカレム-023

同4階 Cafe きょうぶんかん さん
メニューを見ると、ちょうど閉店時間でした。残念。


きょうぶんかん/ナルニア国/エインカレム-010

6階 エレベーターホールと階段を仕切る硝子の扉


きょうぶんかん/ナルニア国/エインカレム-007

同 6階のエレベーター


きょうぶんかん/ナルニア国/エインカレム-012

入っているお店も一つ一つが、素敵です。

教文館さんの書店の方でも、Rとターシャテューダーさんの本を魅入ったりしていました。
またゆっくりと行ってみたい場所です。


パーツ|タイトル|小|関連リンク
教文館
〒104-0061 東京都中央区銀座4−5−1
+81 3-3561-8446
教文館

Musashino diary:

Tag :  銀座 教文館


パーツ|タイトル|小|関連商品

      

6.png 銀座 の 宿・ホテルを探す。


関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/1181-e8f0f90b
該当の記事は見つかりませんでした。