武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

ゴッホの《ひまわり》|東郷青児 損保ジャパン日本興亜美術館

ゴッホの《ひまわり》やセザンヌやゴーギャンの展示している
東郷青児 損保ジャパン日本興亜美術館へ行ってきました。

1-IMG_9046.jpg

絵画のゆくえ 2016
2016年1月9日(土)~2月14日(日)

常設展示を見ようとRと立ち寄りましたが、〈絵画のゆくえ 2016〉という企画展が開催中でした。
色んなタイプの作家さんの作品が展示されていました。

展示室に入る前に、展望が開けていて東京の街の夕景も夜景もとても綺麗でした。 
東京タワーとスカイツリーと新宿御苑がよく見えていました。
チケット、エレベーターの案内の方、入り口の方々美術館内の対応も雰囲気も良かったです。

「夜景を見て美術展を見てすごくデートっぽい」とは一緒に出かけたRの言葉。


当初、ヒルトンのいちごフェアが期間中予約の空きがなく、直接来てみても長蛇の列。

「西新宿って何があったかな?」と聞くR。
「ゴッホの《ひまわり》がこの近くで見れるよ?行く?」
「見れるの?行く」ということで見に行くことに決定。

すぐ近くの新宿センタービルにある会社に二年間以上勤めていたけど、ゴッホが近くで見られることは知らなかった、とのこと。
それだけ、ずっと仕事が忙しかったんだろうなと思います。

Rの勤務先を聞くたびに「あ、側に新国立美術館と東京ミッドタウンにサントリー美術館がある」とか美術館の場所で会社の位置の辺りをつけてる私も私ですが。
美術館と博物館とギャラリーがわたしにとっての目印になる天気輪です。

美術展を見る前に、新宿野村ビルのサブウェイに。
こちらも店員さんの対応も味もよくRも気に入り、楽しく過ごしました。

最後に何なんですが、実はゴッホの《ひまわり》より、
隣に飾られていたセザンヌの《りんごとナプキン》がわたしは好きです。



パーツ|タイトル|小|関連リンク

東郷青児 損保ジャパン日本興亜美術館




カテゴリー:
23区 more...(100) / 新宿(8) / Art & Design(展覧会の鑑賞やあれこれ)(25)




関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/1140-f5b8bc9b
該当の記事は見つかりませんでした。