武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

期間限定TOP画像〈クリスマスの12月〉

12月の期間限定TOP画像は、〈クリスマスの12月〉がデーマです。
本日、二つ目の日記です。



151203-0001.png



クリスマスをイメージする写真を選んでみました。
背景にグラデーションも入れて馴染ませてみました。

最近、増えたiPadやiPhoneやスマホや携帯の閲覧者の方には、テンプレートは変わらないので
TOP画像変更の日記にて、(だいたい)月初めの季節のごあいさつに替えさせていただいております。

以前みたいに、〈季節〉や〈時候〉のことについて、ここに少し書く方が、折々の季節感がでるやもしれませんね。
と、考え、では、早速。

〈クリスマスのルーツ〉のお話

ー 今日、クリスマスは、イエス・キリストの誕生日とその前日とされていますが、キリスト教以前は、12月22日の冬至を祝うお祭りでした。

サンタクロースの原型ともいえる言い伝えは、古くから各地にあります。
ゲルマン神話の主神ウォドンが8本足の魔法の馬に乗り、北欧神話のオーディンがトナカイが引くソリに乗り、天駆けてプレゼントを持って来てくれる言い伝えがあります。
特にオーディンは、家の扉が閉まっているときは、煙突から家に入り贈り物を届けたといわれています。

このお話がキリスト教世界では、4世紀にアナトリアのミラにいた司教である聖(セント)ニコラウスのお話になります。さらに、セントニコラウスが訛り、サンタクロースと呼ばれるようになったといいます。ー


陰が極まる冬至もまた、一陽来復。新しい、陽が、また生まれる日。
世界各地、古今東西、冬至にしても、クリスマスにしても、寒い季節も、暗い世情も、いつもよりほんの少し他者へ暖かい気持ちをもって過ごし乗り切ろうという、気持ちが古来より、見受けられるような気がしています。

今年は、テロや爆撃の話も多い一年でした。
終らない寒さも争いもないし、できるなら、世界各地の争いも終わって平和でありますように。
ありふれた言葉ですが、少しの気持ちを乗せて、小さくですが書かせていただきます。

立派なことを書こうとも立派になりきれない人間ではありますが。
というか、なろうとも思わない人間ですが。
他者を迫害・侵害しない人間、されない人間。
マイペースに励み頑張り、仲良く暮らしていければ、くらいの小さい野望しか持ち合わせていないことに気づきました。
しかし、マイペースに励み頑張りの結果への野望は大きいので、謙虚な人間ともまた違うような気がします。

争うのではなく、マイペースに頑張りましょう!
国や民族同士もきっとそれがいいのだと思います。

15.12.03

パーツ|タイトル|小|関連リンク

カテゴリー:期間限定TOP画像(44)



関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/1111-a8cf209e
該当の記事は見つかりませんでした。