武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

伊豆下田旅行記2 南伊豆フリー乗車券と「駅弁屋 祭」さんと踊り子号からの車窓の風景

南伊豆の海に泳ぎに行ってきました。
青い透明な海に惹かれて、二度目の伊豆下田旅行になります。

結婚記念日は6月ですが、梅雨なので7月に結婚記念日旅行です。
他にも今年は、4~6月は、検診や十二指腸検査で過去の十二指腸潰瘍のむごたらしい痕が見つかったり、胃の良性ポリープを切ってもらっていたりしていたからもあるにはあります。先生に「ストレスすごくあったでしょう」と言われました。もう絶対ストレス貯めません。
もう薬も飲んだし稲穂神社さんの夏越しの祓も行って、万全なので何の気兼ねなく旅行へGO!です。


 04-IMG_1343.jpg

踊り子号からの車窓の風景
もう完全な夏です。


南伊豆フリー乗車券について
南伊豆フリー乗車券を都内から使うと、二日間の往復乗車券+伊豆地域で乗り降りし放題(バス含む)で六千円少しで利用できます。
通常この区間の乗車運賃は、片道六千円で往復で一万二千円くらいです。
横浜市内や小田原だと金額が変わります。

*ご利用開始日の一日前までに購入必須です。当日は買うことができません。お気をつけ下さい。




01-IMG_5691.jpg

写真上二枚は、特急券(二名分です)
特急券を購入すると「踊り子」号などの特急列車を利用できます。¥1,760でした(2015.07現在)

下二枚は、(ゆき)と書かれた南伊豆フリー乗車券(二名分です)
特急券とともに降車駅で回収されます。
(かえり)と書かれた南伊豆フリー乗車券で一日目、二日共、フリー区間を乗り降りできます。
小さい乗車券は、乗車区間が東京区内からの適用になるので、JR中央線の場合、西荻以西は、乗車券が必要になります。車中で車掌さんが確認にまわってきます。定期の人も同じです。

詳しくはJR東日本のオトクなきっぷ→南伊豆フリー乗車券(平成26年10月1日利用開始分から)からご確認下さい。



07-IMG_0453.jpg

気持ちのいい夏の空


車窓の夏の景色を眺めながら東京駅で買った駅弁をいただきましょう。
東京駅の駅弁屋 祭さんでかった駅弁。次の踊り子号まで時間ギリギリだったけどRの発案で買ってよかった。

東京駅構内の「駅弁屋 祭」
全国の駅弁が常時170種類以上が揃う毎日が「駅弁祭り」といった感じのお店です。
場所は、JR東京駅改札内1階セントラルストリートにあります。
壁に駅弁の見本が並び、駅弁作りの実演もやっています。


03-IMG_1331.jpg

越前 波の華 かにちらし 1,050円(税込み)福井県の明治35年創業の老舗の駅弁。

Rのです。紅ズワイガニの身とズワイガニの棒肉がはいり、右側の酢で締めたサバ、マス、トビウオや甘辛い椎茸や生姜の酢づけの下にもご飯がはいっていてボリュームある一品です。
「こうほぐしたんじゃなくて、写真ではもっとカニの足がそのままだった!カニの足が食べたかった!」と言ってましたが、食べやすくていいじゃないと思った私は、何でも大きいより細かくほぐされてるほうがいいです。ほぐれたカニを見てこっちでも良かったなんて思っていました。しかし、ほかの人のブログにあったカニはほぐれてなかったよ笑



02-IMG_5696.jpg

石狩鮭めし. ¥1030(税込み).大正12年からのロングセラー駅弁。有名な札幌駅の駅弁。

わたしのです。好物のいくらに目がくらみこれにしました。お醤油もかけたけどかけなくてもいいかもというくらい既にしっかりお味がついていました。右側のニシンの昆布巻きやふきや卵焼きなどもおいしくいただきました。
左上もお漬け物が「見た感じが奈良漬けみたい!」といっていたら、味も奈良漬けみたいでした。


08-IMG_0460.jpg

「温泉地だ!手前は源泉!?」と騒ぎつつ。


06-IMG_0446.jpg

ワゴンカーよりりんごアイスを購入。
果肉が入っていて程よくしっとりとしていておいしいです。
*踊り子号のワゴンカーの販売はこの時は、伊東駅まででした(館内放送あり)


左奥はプリッツサラダ味。前日、二重虹(ふたえにじ、ダブルレインボー)@東京 (07/21)を見て、南伊豆フリー乗車券を買いに行くついでに購入。ほかにハイレモン×二個と(Rの)小枝一箱。お菓子は300円まで。

奥の本は長野まゆみさん著作の「夏帽子」という文庫本。
夏になるとすごく読みたくなる本です(冬が題材の話もあり)。最初に読んだときから何度の夏が過ぎたんだろう。



09-IMG_0469.jpg

車窓の海の風景を見たり、あれこれと話したり考えたりしているうちに、降車駅の伊豆急下田駅に近づいてきました。
東京武蔵野から、踊り子号を使ってだいたい三時間半くらいで到着します。
さて、海も宿泊予定のホテルも楽しみです。

関連リンク



駅弁屋 祭
南伊豆フリー乗車券(平成26年10月1日利用開始分から)


伊豆下田旅行記
前回、下田を訪れたときの日記も満載です。
→カテゴリー:伊豆下田旅行

周辺ホテル
下田・白浜エリア(じゃらん.net)


関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/1040-af2937fc
該当の記事は見つかりませんでした。