武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

chano-ma(チャノマ)@横浜赤レンガ倉庫

前回、横浜港大さん橋国際客船ターミナル (06/11)からの続きです。
結局、夕飯は、目的地へ向かう途中の横浜赤レンガ倉庫に移動してchano-ma(チャノマ)さんでいただくことになりました。

目黒川のお花見の時にちょっといいなって思っていたお店です。
カウンターやソフャやテーブルにマット床など色んな形態の座席があります。

横浜1503_2 - 21

テラス席もあるようです。
日によってここも解放されるようみたいですね。

日曜日の夜だったのでどのお店もすごい行列でした。
ジャズを聞きながら食事ができるMotion Blue YOKOHAMAというお店とも最後まで迷っていました。


横浜レンガ茶の間 - 12


R曰く「chanomaなのに日本茶はないの?」わたし「21世紀のchanomaだからないみたい」
結局、Rの季節の苺のお茶(奥) 650yen
わたしのルイボスティ(手前) 550yen


温かくてからだにじんわり染み入るルイボスティ。いちごのお茶もいい薫りでおいしかったです。
抹茶とココナッツのパフェも食べてみたかったけど、あったかいお茶にして良かった。


横浜レンガ茶の間 - 22


いろいろ野菜パスタ 1,200yen
野菜もパスタも歯ごたえのある一品。お皿が深く見た目よりボリュームありです。


横浜レンガ茶の間 - 21


とろ~り卵のポテトサラダ ガーリックトースト添え 1,000yen

ガーリックたっぷりでうれしいです。


横浜レンガ茶の間 - 17


海の幸のクリームコロッケ 850yen
鯛と根菜のソテー粒マスタードソースは品切れだったので、鯛口(タイを食べたい口)になってしまっていたんですが、こちらもしっとりとクリーミーでおいしかったです。


横浜レンガ茶の間 - 23


店内は暗いので写真が上手く撮れないですが、目の前の〈ジャック塔〉が見えるソファ席が空いたので一枚撮影してみました。
壁が煉瓦をそのまま生かしていて床には中に照明が仕込まれている凹凸のあるスモークガラス。
お店の中はいい雰囲気です。

店内写真はこちらをどうぞ→chanoma横浜 食べログ

chanomaさんの一番人気はマット床に靴を脱いで上がり足を延ばせるスペースでした。
最近は寝転んで見ることができるプラネタリウムとか行った人と一緒に〈くつろげる〉場所が人気みたいですね。
テーブル席を希望していたので、割合すぐに入店できました。

お会計のときに一度期に列ができて後ろの二人の会話が聞こえて来ていました。
男子「ここはぼくが払っておくから」女子「そんなの悪いですから」男子「お金は友達と行く時に使って欲しいから」女子「いえいえいえ自分で払います」(沈黙)
〈お金は友達と行く時につかって〉といわれちゃうと、あなたが友達と行く時にこそ使って~!と思っちゃうよね 笑
男子「じゃあ次の機会のときに奢って。お茶でも。それで」女子「はい~わかりました~」話がついたようです。
チラッと後ろを見ると大学生か20代前半くらいの同い年くらいの二人でした。二人とも初々しくてとってもかわいい~
とても懐かしい二十歳くらいの時の大昔に自分もしたことがあるような会話でした。

うちは結婚してからわりと経ちますがRは優しいところがあるひとです。
よく気づかってくれたり心配してくれてわたしを気にかけた行動をしてくれます。
Rのお父さんも、わたしの亡くなったお父さんも奥さまに優しいそういったタイプの人です。
自分のことより相手のことを考えられるというのは、なかなか難しいことです。
人は本心から優しくされてたら、その相手には本心から優しく返していけるものかもしれません。
それで関係が深まって行くのかもしれません。



chano-ma(チャノマ)|横浜赤レンガ倉庫
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-1-2 横浜赤レンガ倉庫2号館3F
045-650-8228
11:00~24:00(週末 ~29:00)




関連リンク:ブログ

6.png 新横浜・青葉 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)




関連記事

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sitoron.blog.fc2.com/tb.php/1015-af97b5f2
該当の記事は見つかりませんでした。