武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

伊東園ホテル稲取ホテルとお部屋|東伊豆旅行

伊東園ホテル稲取に、残り一室を押さえて泊まった年末の稲取への旅行。
またゆるゆると再開させていただきます。
東伊豆 稲取旅行|日の出ころの朝焼けのつづきです。


1-稲取の海辺の風景-114

海の傍のホテルです。
すぐ近くに灯台があったり、神社があったりします。

1-稲取ホテル-034

ホテルの正面です。
行き帰りは、稲取駅までホテルのバスで送迎して貰えました。

1-IMG_8245-002.jpg

正面玄関には、天井から、〈吊るし雛〉が吊られていました。

1-IMG_8246.jpg

幾種類もの凝った縮緬の着物の生地で作られた可愛らしい人形です。
伊豆各地のお土産物屋さんでも、小さいものがお土産物用に売られていました。
一つ一つのかたちに女児の祝福を願う内容の意味があります。

1-稲取ホテル-027

ロビーです。
窓と反対側は、受付と、お土産物ショップ
そういえば、ホテルの方に、部屋に忘れたWiMAXの機器を、ご親切に家まで送っていただきました。
そのほかのことも併せ真心のこもったサービスをありがとうございました。

右手側の壁には、浴衣の棚があり、男女ともサイズと柄を選べます。


1-稲取ホテル-030

ラウンジです。卓球台や、カラオケや、ゲーム機があります。
他に10人~入れる個室のカラオケルームが2つほどあり、温泉と探検と食事の間にRと歌っていました。
そして、卓球も。勝ちました。卓球。


1-稲取ホテル-010


お部屋です。左手側に窓があり、後ろ側にトイレや洗面台があります。
カゴの中に、タオルとともに、浴衣の上に羽織る丹前が入っていたので着用していました。


1-稲取ホテル-013

ウェルカムお菓子がテーブルにたくさんありました!


稲取ホテル-015

手前の栗しぐれがとてもおいしくて、ホテルの一階のお土産物屋さんで購入となりました。


ホテルの温泉は、大浴場2つを、露天風呂が2つあります。
一日交代で、男・女が入れ替わります。
どのお風呂も気持ちよく、結局、二日間の間に、計4回入りました。
Rは計5回です。
稲取温泉の湯質と、浴場に置いてあるピーリングなどを試したRの顔が、剥いたゆで卵のようにつるっとしたのを覚えています。

お風呂や、他の写真(ホテル稲取公式ページ)


1-稲取の海辺の風景

ホテルから観た街のようす。

斜面に二棟の建物が、建っているので、お風呂や部屋に行くのに渡り廊下を使います。
移動が楽しかったり、ホテル内や外を探検気分で歩いていました。

稲取は、海辺の街らしい、温泉のある街らしい風情です。
食事や、海辺の探索。それに二日目の旅行については、また次回以降の日記とさせていただきます。



パーツ|タイトル|小|関連リンク

伊東園ホテル稲取の日記
伊東園ホテル稲取 ホテルとお部屋
ホテルブッフェ
朝食ブッフェ/バイキング

伊東園ホテル稲取 公式サイトで詳細とホテル予約
伊東園ホテル稲取 じゃらんで詳細と予約


カテゴリー:東伊豆 稲取(8)

関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

ゴッホの《ひまわり》|東郷青児 損保ジャパン日本興亜美術館

ゴッホの《ひまわり》やセザンヌやゴーギャンの展示している
東郷青児 損保ジャパン日本興亜美術館へ行ってきました。

1-IMG_9046.jpg

絵画のゆくえ 2016
2016年1月9日(土)~2月14日(日)

常設展示を見ようとRと立ち寄りましたが、〈絵画のゆくえ 2016〉という企画展が開催中でした。
色んなタイプの作家さんの作品が展示されていました。

展示室に入る前に、展望が開けていて東京の街の夕景も夜景もとても綺麗でした。 
東京タワーとスカイツリーと新宿御苑がよく見えていました。
チケット、エレベーターの案内の方、入り口の方々美術館内の対応も雰囲気も良かったです。

「夜景を見て美術展を見てすごくデートっぽい」とは一緒に出かけたRの言葉。


当初、ヒルトンのいちごフェアが期間中予約の空きがなく、直接来てみても長蛇の列。

「西新宿って何があったかな?」と聞くR。
「ゴッホの《ひまわり》がこの近くで見れるよ?行く?」
「見れるの?行く」ということで見に行くことに決定。

すぐ近くの新宿センタービルにある会社に二年間以上勤めていたけど、ゴッホが近くで見られることは知らなかった、とのこと。
それだけ、ずっと仕事が忙しかったんだろうなと思います。

Rの勤務先を聞くたびに「あ、側に新国立美術館と東京ミッドタウンにサントリー美術館がある」とか美術館の場所で会社の位置の辺りをつけてる私も私ですが。
美術館と博物館とギャラリーがわたしにとっての目印になる天気輪です。

美術展を見る前に、新宿野村ビルのサブウェイに。
こちらも店員さんの対応も味もよくRも気に入り、楽しく過ごしました。

最後に何なんですが、実はゴッホの《ひまわり》より、
隣に飾られていたセザンヌの《りんごとナプキン》がわたしは好きです。



パーツ|タイトル|小|関連リンク

東郷青児 損保ジャパン日本興亜美術館



カテゴリー:
23区 more...(100) / 新宿(8) / Art & Design(展覧会の鑑賞やあれこれ)(25)

関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

雪から霙(みぞれ)、そして雨に。

朝起きて積もっていた雪も、雪が霙に、そして雨に変わり、早くも溶け始めました。
駅に向かった主人からは、「武蔵小金井の車両基地で雪の重みで架線が切れて車両基地内の電車が出庫できずに難航している」とメッセージが届きました。
わたしは、ご近所の方と雪かきを終え、外の雪と霙(みぞれ)と雨の様子を写真に撮影しました。

1-雪のち霙-031


1-雪のち霙-035


1-雪のち霙-006


1-雪のち霙-015


1-雪のち霙-012

冬の風物詩として鑑賞してるだけなら、この上なく綺麗なものです。
でも、非日常的な天候は、都市の機能を混乱させますね。
皆様、怪我や風邪ひきのないよう、どうかお気をつけ下さい。
雪も撮影したし、わたしも臨機応変に一日を頑張るとしましょう。

それにしても、天気予報。
先週の半ば以前から、今日の雪が予測されていて、昨日はあんなにいい天気だったのに予報通りの雪になりました。
精度の高さに感心します。



関連記事
Category : 季節
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

スターウォーズ|フォースの覚醒|4DX3D

スター・ウォーズ/フォースの覚醒4DX3Dを観に行ってきました。
007スペクターに続き、日を水曜日に改めて、ユナイテッドシネマとしまえんです。

1-スターウォーズ4DX3D-009

スターウォーズ|フォースの覚醒

ルークの姿がないと話題になった映画ポスターです。


<


最初、時間軸に悩みます
個人的にはアミダラやジャージャービンクスが居たナブーの時間軸が好きだったのですが、今回は共和国議会の重厚な建物が映るシーンは少しだけでした。

スターウォーズシリーズはつくづく、未来的な洗練された建物とスラムのような場所を相互に入れることによって、未来の様々な暮らしを描こうとしているんだなという画面作りをしています。
全てが都会で近代的で洗練された画一的な世界というのも来ないというか、きっとリアリティがないと思っているのでしょう。J・J・エイブラムスもそれを引き継いでいます。

スターウォーズとスタートレックをまさか同じ監督が撮る日がくると驚きです。特殊効果のILMなどは、映画化の度に、過去に両者で取り合いを繰り広げていましたが。

映画スタートレック(STAR TREK)を吉祥寺のバウスシアター


今回もテーマは、誰のフォースが覚醒するのかというところですが、そこは観てのお楽しみです。
レジタンスが、物語の主軸になって行きます。

映画として俯瞰して見ているのと片方がダークサイトと自ら名乗ることで、共和国軍と帝国軍のどちらが善でどちらが悪かを印象づけられるものの、実際の世界情勢では、正義と悪はわかりづらく、正義の仮面を被っている物が悪かもしれません。
強いていえば、むやみに他を侵略しようとする側が悪なのでしょう。
作中でも帝国軍が自分たちに抵抗する反乱軍とそれに味方するものを容赦なく攻撃します。

スターウォーズの登場人物たちは、ダークサイトに落ちて行ったり、逃げたり、戦いに戻ったりします。
いい大人こそ戦いから逃げたりします。
世界は自分は善で相手は悪だと思い込めるほど簡単ではなく煩雑です。
逆に言えば、相手は善で自分が悪というわけでもありません。
自分は善だという人には注意したほうがいいでしょう笑
メッセージとしては、属する世界の真実を自分で理解し、立ち向かえということでしょう。


1-スターウォーズ4DX3D-006


水曜日は、UNCさんのレディースデー
大人:3,100yen
女性:2,400yen
(3Dメガネ持参分で100yen引きになっています)



4DX3Dめがね


3Dメガネは、→映画『ホビット 決戦のゆくえ』at ユナイテッド・シネマとしまえんの時のもの。
今回の4DXに関して言うと、戦闘シーンはかなり動くわ、霧状の水を被るわ、観ている方も一緒に揺さぶられて戦闘に参加してるかの如く消耗します。
4DX向きの作品だとわたしは思っています。
焦げた匂いが漂うシーンでは、ここ以外の4DXでの同様の相変わらずの均一の謎の匂いが漂います。
そこだけ改善して欲しいところです。


2-スターウォーズ4DX3D-007


スターウォーズグッズ

期待しすぎていたせいか、あんまり、、、というのがRの感想です。
途中はすきだけど、最後の最後でストーリーがもたついたかもと感じるのは私の感想。
ラストは、次の作品に含みを残しつつ、終りました。
スターウォーズ新たな三部作の幕開けです。

以前、東京ゲームショウのSTARWARS バトルフロントのイベントで体験した雪原も、登場していました。
同じく、TKGSのバーチャルリアリティを体験できるヘッドマウントディスプレイPS用のVR機器もOculus Riftも実用化のニュースで最近沸いています。、スターウォーズの世界の中へ入り込み体験できるのももうすぐです。
色々と楽しみです。


パーツ|タイトル|小|関連リンク

スターウォーズ フォーズの覚醒
ユナイテッド・シネマとしまえん

記事:
東京ゲームショウ TOKYO GAME SHOW 2015 (STARWARS バトルフロント、VR、Oculus Riftの記述あり)
4DXデジタルシアター@シネサンシャイン平和島 (4DX映画のシステムについての紹介日記)
エクソダス:神と王 Exodus:Gods and Kings (2014)  (ほかの4DX映画紹介の日記)


Tag:
3D/4DX 映画 映画館

パーツ|タイトル|小|関連商品

スターウォーズディズニー公式ショップ(Amazon)
ヘッドマウントディスプレイ




関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

イルミネーション〈ウィンターファンタジア〉|としまえん

1-イルミネーション|としまえん-143


映画 〈007スペクター〉|を観た後に、
としまえんのイルミネーション〈ウィーンターファンタジア〉を観に行きました。

Winter Fantasia開催時期間中、特別チケットで、15時から、一人500円で入場できます。

Winter Fantasia(ウインター ファンタジア)
2016年 1月9日(土)~2月28日(日)の土・日・祝


のコンセプトは"アンティーク・ライティング"。
西洋のシャンデリアと東洋のランタンが現代風にアレンジされています。(公式サイトより引用)


シャンデリアロード


1-イルミネーション|としまえん-008

シャンデリアの回廊が続きます。

1-イルミネーション|としまえん-027

横を光が駆け抜けて行きます。



6秒の短い動画です。


光のプラザ

1-イルミネーション|としまえん-042

枝からも星が振ってくるようです。



ランタン広場

1-イルミネーション|としまえん-157

ゲートを越えると、イルミネーションの街が広がります。

1-イルミネーション|としまえん-159

イルミネーションのチューリップの群生地。

1-イルミネーション|としまえん-155

公式マスコット左は、カルーセル 右は、エル・ドラド
としまえん公式キャラクター紹介

1-イルミネーション|としまえん-085

魚のモチーフのイルミネーションの造形が目を惹きます。

1-イルミネーション|としまえん-172

ファンタジーのなかに出て来る街並のようです。


1-イルミネーション|としまえん-176

身長より大きいイルミネーションの街の中を歩くのは、楽しいですね。



3-イルミネーション|としまえん-093


カルーセル エル・ドラドに乗りました。300円/一人
回転木馬のスタッフの方に、現金で支払い、領収書になるチケットを貰いました。


2-イルミネーション|としまえん-092

外側の優雅なフォルムの馬車に乗りました。

1-イルミネーション|としまえん-091

相変わらす、流麗な装飾に目を惹かれます。


1-イルミネーション|としまえん-161

キノコの群生地。
右上に写っているのが、スカイトレイン。コチラも300円/一人
このランタン広場のまわりを二周するコースです。

1-イルミネーション|としまえん-069

出発です。



同行者のRが撮影した動画です。
イルミネーションと回転するカルーセルエルドラドが撮影されています。
途中、少し揺れます。


光のアイスカーニバル

アイススケートリンクがライトアップされています。
一部、プロのようにすごく上手い人たちもすべっていてびっくりしました。
転倒防止用に押して滑る道具も貸し出されていました。
入園無料。貸し靴、ロッカーは有料。



1-イルミネーション|としまえん-001

としまえん遊園地のイルミネーションには遊び心があります。
オトナになって遊園地の良さが再確認できました。

パーツ|タイトル|小|関連リンク

としまえん公式サイト



Tag : イルミネーション としまえん 遊園地 カルーセル(回転木馬)



関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。