武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

トムソーヤ島いかだ@TDLウェスタンランド

トムソーヤ島いかだです。
東京ディズニーランドの日記、続いています。
マークトウェイン原作の「トムソーヤの冒険」は子供のときに母に寝る前に読んで貰った世界の文学全集のなかの一冊でお気に入りの作品です。「ハックルベリーフィンの冒険」は高校の時の英語の夏休みの課題図書で一冊まるまる翻訳した作品です。更に、宮崎駿監督制作のハウス名作劇場で毎週ワクワクしていた作品です。



1-TDL-218.jpg

丸太のいかだに乗ってトムソーヤ島に渡りました。


1-TDL-232.jpg

トムソーヤのツリーハウス。階段が急!
ここから見る見晴らしはいいです。


1-TDL-235.jpg

たる橋の上を渡ります。

すごく上下に揺れる。しかもRが思い切り跳ねるからもうバウンバウン揺れます。
他に吊り橋もありました。


 1-TDL-250.jpg

インディアンのテントです。

中には囲炉裏があって上から煙が出せるようになっていて、竪穴式住居もパオもどれも似ていますね。
そういえば民族博物館を最近見に行っていない。また行きたい。


1-TDL-256.jpg

各テントにある動物の絵
表札かなって思ってみていました。
インディアンの人たちには確か縁のある兄弟ともいえる動物が各個人にいる筈です。



1-TDL-239.jpg

砦から蒸気船とシンデレラ城を望む不思議なアングル。




TOM SAWYER ISLANDの地図です。

いかだの船着き場で貰った地図です。部屋のに帰ってきてから貼ってみました。
横にはLOTRの中つ国の地図が貼ってあります。

地図に載っているところは全て回りました。
インジャンジョーの洞窟の宝物も発見できました!
トムソーヤ島はアスレチックフィールドみたいなところでした。

関連リンク

→ 東京ディズニーランドの日記
→ 前回、東京ディズニーシーの日記 10日記



東京ディズニーランド
〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-1



公式リンク
東京ディズニーランド
→トムソーヤ島いかだ




関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

ラッキーナゲット・カフェ@TDLウェスタンランド<7>

東京ディズニーランドの日記、続いています。
ラッキーナゲット・カフェで飲み物とチュロスで休憩を摂りました。
「幸運を手にした男が開いた店」、幸運とは「金塊」のことです。ディズニーリゾートのお店の曰くは面白いです。

1-TDL-233.jpg

トムソーヤ島のいかだに並びかけておいてのフェイントです。ごめんなさいR。

ラッキーナゲット・カフェ公式紹介

水辺にあるお店です。写真はトムソーヤ島から見たお店の写真です。
トムソーヤ島やカヌーが目の前を通過して行く場所に位置しています。


1-TDL-211.jpg


奥左:キリンアップルティーソーダ M  ¥300 / 1P
奥右:スパークリングタピオカドリンク(レモン)1個 ¥310/1P
手前:ミッキーチュロス(シナモン)¥310 /1P


アップルティーソーダは予想どおりおいしかったです。炭酸はクールダウンにいい!です。
Rにすすめたスパークリングタピオカドリンクは、カラフルなタピオカにちょっと驚いていました。
以前、ここではじめてチュロスを食べてチュロスが好きになりました。
懐かしい。

休んだので、とっとと、トムソーヤ島にわたってしまいましょう。


関連リンク



→ 東京ディズニーランドの日記
→ 前回、東京ディズニーシーの日記 10日記



東京ディズニーランド
〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-1



公式リンク
東京ディズニーランド
ラッキーナゲット・カフェ

6.png 舞浜・浦安 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

蒸気船マークトウェイン号@ウェスタンランド<6>

東京ディズニーランドの日記、続いています。
ウェスタンランドにやってきました。

1-TDL-177.jpg

看板には、RIVERS OF AMERICAとあります。
アメリカ川です。ミシシッピ川ではないようです。


1-TDL-213.jpg

先ずは蒸気船マーク・トウェイン号に乗り込みます。
マークトウェインは「トム・ソーヤの冒険」と「ハックル・ベリーフィン冒険」の著者の名前。
船も外輪船の形をとる古き良きアメリカの優雅な船でした。


1-TDL-191.jpg

途中、川岸の森の中にはネイティブ・インディアンの生活をかいま見ることができます。


1-TDL-199.jpg

滝の上にいる鷲の家族


すこし高い位置から、川などを見ることができます。
進むルートはカヌーや列車と重なる部分も多かったですが、比較的、ゆったりとしています。
乗船したのはお昼間ですが、夜もライトアップされていい雰囲気のようです。



関連リンク



→ 東京ディズニーランドの日記
→ 前回、東京ディズニーシーの日記 10日記



東京ディズニーランド
〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-1



公式リンク
東京ディズニーランド
蒸気船マークトウェイン号



関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

「ガラスの靴」@TDLシンデレラ城<5>

東京ディズニーランドの日記、続いています。
シンデレラ城には「ガラスの靴」というショップというかお店があります。
ガラス細工を取り扱っているあるお店です。


3-TDL-054.jpg

お店の前面は、とても大きな色鮮やかなタイルの壁画です。


4-TDL-056.jpg

シンデレラの物語です。


1-TDL-052.jpg

店内には、シンデレラの靴を始め、ディズニーモチーフにしたガラス細工が並んでいます。


6-TDL-058_20150626170242f38.jpg

ガラス加工の実演をしていました。


「欲しいのある?」とRに聞かれました。
正直なところ「持ち歩く自信がないから今日はいいや」
一日中ガラスを持ち歩くのは緊張しすぎて私には絶対無理です。


関連リンク



→ 東京ディズニーランドの日記
→ 前回、東京ディズニーシーの日記 10日記



東京ディズニーランド
〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-1



公式リンク
東京ディズニーランド
ガラスの靴

6.png 舞浜・浦安 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

シンデレラのフェアリーテイル・ホール@TDL <4>

東京ディズニーランドの日記、続いています。
シンデレラのフェアリーテイル・ホール です。
場所は、ファンタジーランドのシンデレラ城です。


1-TDL-046.jpg

シンデレラ城

ディズニーランドの象徴的建築物です。
だいぶん前に来た時に参加者から選ばれた人が剣で戦い、最後にメダルを貰うアトラクションだと思っていたら全く違いました。
あれは何だったんだろう。

 

1-TDL-062.jpg

シンデレラとプリンス・チャーミングです。

ディズニーオリジナルの名前かもしれないけど、王子様の名前をはじめてしりました。



1-TDL-068.jpg

シンデレラのストーリーの場面が色々な手法の作品で紹介されています。


1-TDL-073.jpg

こちらは最もディズニーランドらしい天井まである大きな壁絵の部屋です。

ちょっとした仕掛けがありました。
仕掛けは秘密です(大層な話にし過ぎです笑)


1-TDL-076.jpg

繊細なシャンデリアです。きれいです。


1-TDL-080.jpg

玉座に座り撮影ができます。

他にないので使わせて貰いましたが、Rがこの部屋で撮ってくれた何枚かの写真が確認したら、ピントがブレていたようです。この玉座に座ったわたしの写真もピントがブレていたようで、もう一度撮ろうと再三いわれました。
入り口やシンデレラ城の前で写真をたくさん撮ってくれてたから良いんだけど、気にしてくれてありがとう。

私の撮ったRは「王様っぽいポーズとって!」と撮る前に、リクエストしたとおり「The King」という感じでRが威風堂々としてよく撮れていました。自信作です 笑
それにしても「ドナルドのよこでドナルドっぽいポーズして!」とかいうんですけど、何でも上手く演じてポージングしてくれます。なかなかのエンターテイナーです。


1-TDL-079.jpg

シンデレラのガラスの靴

別に足を合わせることができる大きな靴もありました。


ここからは、閑話休題

館内には、シンデレラの衣装を着た、小さいかわいい女の子たちがたくさんいました。
お父さんとお母さんたちは撮影器具と荷物をもって頑張っています。

わたしも子供時代は、母と祖母が選んだ赤、ピンク、フリル、リボンの服を着た写真がたくさん残っています。
アルバムにある2~3歳の頃の写真の中で長い白い袖に黒に赤や黄色の小さい花がちりばめられたロングワンピースが、珍しくシックだと思ってたら父が選んだドレスだったりしますが、どちらも今となってはいい想い出です。


祖父母が用意してくれた白に金糸と紅色の着物を身に着けて、七五三の七つの時に地元の不動尊に家族で詣でたとき、小さい女の子が私を見つけたあと「お姫様がいる」って両親のもとに走っていったという話を、父は私が大人になってからも何度も何度もしていました。
親心というのはそんなものかもしれません。
自分の自慢より子供のことや想い出を大事に思い出す時があるのかもしれません(あ、ちょっと涙腺ゆるんできた 笑)。
まあ実際は父のほうが、十年ごとに体重が大幅に増減するわたしより遥かに他の人から容姿を褒めていただくことが多い人生でしたが。

ドレスを着たおんなのこたちが「子供の時にお姫様になったことがある!」という想い出を話すのと同時に、
「子供の時にお姫様になったことがあったね」と両親が何度も懐かしんで話すようになる、そういう想い出になるんじゃないかなと思ってみていました。

蛇足ですが、色んな状況や教育方針や考えが、世界中の親それぞれにあると思うので何がいい悪いはないと思います。子供を守る為にかわいい格好をさせないと言う考え方にも、それぞれに親の愛が見え隠れします。

今回のブログは、親の愛とか何とか気恥ずかしいことも書いてますが、今後も、過去にも現在にも全てが勿論、良いことばかりでなくても、陰鬱なことより良いこと楽しいことに焦点を当てて、書いて行こうと思っています。


 パーツ|タイトル|小|関連商品




パーツ|タイトル|小|関連リンク

→ 東京ディズニーランドの日記 16記事
→ 前回、東京ディズニーシーの日記 10日記

関連ライン

東京ディズニーランド
〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-1



公式リンク
東京ディズニーランド
シンデレラのフェアリーテイル・ホール

Travel:
6.png 舞浜・浦安 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)



関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。