武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

六月頃からの期間限定TOP画像<紫陽花>

雨の降る時期の期間限定TOP画像は<紫陽花>です。
日々、濃くなる緑の風景の中に鮮やかな色を放つ紫陽花は、海底の珊瑚のようです。
自分が魚になったような気分になります。

201506-2top.png

土壌の色によって花の色が変わるなんて不思議な花です。
まるでリトマス試験紙のようです。
と思ったけど、先に自然の摂理として紫陽花の花があってリトマス試験紙が発明されたんですよね。
きっと。

関連リンク:


Category : 期間限定TOP画像

関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

マネケンベルギーワッフル@武蔵小金井 nonowa(ノノワ)

Mannekenマネケンのベルギーワッフル
武蔵小金井駅高架下のnonowa(ノノワ)の開店と同時に出来たお店です。
何度かリピートしています。


ののわ:マネケン


左はアーモンド 右は宇治抹茶(期間限定)

表面がカリッとしていて中はギュッと詰まった感じです。

わたしは毎回変わらずアーモンドを選び、Rは季節限定(宇治抹茶やいちごなど)のワッフルを試しています。
我が家ではここのワッフルはオーブンやレンジで温めない方が絶対おいしいと結論がでました(大げさです)

武蔵小金井駅には店内で食べられる美味しい→ワッフルのお店もかねてからあります。
両方それぞれが別の持ち味で美味しいので、我が家では両方ともこれからもリピートして行くのではないかと思います。
共存共栄してくれると嬉しいです。

マネケンさんのワッフルを見ると20代の制作会社勤めの時の社長の社員全体への差し入れにマネケンさんのワッフルが多かったからか、その時の気持ちが懐かしく蘇ります。
スッと立って少し前というか、少し上に視線を向けて頑張る。
少し先を目標にすると上手く行く頑張れると言ってらしたのは、小林健二さんのところの銀河通信社のほしとそらさん。
そんな気持ちをずっと忘れないようにしゃんとしておこう。と思い直せる私にとって2度いいことがあるワッフルです。



関連サイトリンク

カテゴリー:小金井市
Manneken マネケン
nonowa(ノノワ)武蔵小金井

マネケンベルギーワッフル Amazon通販



関連記事
Category : 小金井市
Posted by lemon on  | 1 comments  0 trackback

エッグスラット|サロン卵と私 錦糸町テルミナ店

前回の日本科学未来館の帰路はバスで錦糸町駅に出ました。
「サロン卵と私」さんでお夕飯です。
駅ビルの錦糸町テルミナに入っているお店です。

バスを待つ間にRが調べていた洋食屋さんとイタリアンのお店が錦糸町に着いた時に、閉店時間すぎていたり、間際の時間だったので時間ギリギリで焦るより、駅上でゆっくり食べようということになり選んだお店です。
しかして、卵好きの私にとって「サロン卵と私」なんて、かなり的を得たお店です

卵と私 - 08

エッグスラットとハンバーグ

エッグスラットは流行り始めているのか最近はたまに見かけることがある料理です。
LAのセレブに人気だとか何とかいうお話です。セレブ感などは関係なしにおいしそうなので注文してみました
ココットの中身のマッシュポテトと卵に、奥の少し固めのパンをつけて食べます。
マッシュポテト単体よりパンに付けたこの組み合わせが断然おいしいです。

頼んだハンバーグか、パテをつけたセットがありました。
パテのもったりした感じは好みなんですがまたハンバーグを注文してしまいました。
外ごはんでは3/5か4/5の確率でハンバーグを食べています。
こちらのハンバーグもおいしかったです。


卵と私 - 04

チーズとミートソースのスフレオムレツラザニア

こちらは無類のラザニア好きのRが頼みました。
早々に一口スプーンに乗せて「はい」と差し出されました。
柔らかい熱々のはふはふの膨らんだ卵はバターの薫りがふわっと広がってとてもおいしい。
Rの感想はもう少しトマト味?ケチャップ味が欲しいかも?とのこと。

どうも卵好きな人とトマト好きな人では、卵とトマトの配分比率の好みが変わるようです。
家で二人分を一つのお皿に盛った巨大なオムライスを作ることがあるんですが、全体に卵が見えなくなるまでケチャップをかけるのはどうか止めて下さい 笑 せめてオムライスの半分は私の好みの分量のケチャップでお願いします。



卵と私 - 10

クリームブリュレ ジェラード添え

デザートです。これも卵が濃厚でよかったです。
熱い冷たいのおいしい2段法則です。
他に20分かけて焼き上がるスフレがメニューにありました。
Rが同じ系列の椿屋珈琲さんで食べたスフレと同じマスカルポーネチーズの載ったスフレもありました。
それもあって今回はクリームブリュレです。これは半分づつ戴きました。


卵と私 - 14

ヨーロッパのサロンをイメージした店内。シックでいい雰囲気です。
座った場所も落ち着けるソファとテーブルでした。

私のiPhoneの電池がここで切れたのでRにiPhoneを借りて撮りましたが、食事をしている人に迷惑にならないように上を向けすぎて、何か変なアングルですみません。

ガーデンテラスもあって店員さんも感じがよくていいお店の雰囲気でした。
そして何より卵好きの人にいいと思います




サロン卵と私 錦糸町テルミナ店
東京都墨田区江東橋3-14-5 錦糸町ステーションビル5F
TEL:03-5669-0527






関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」

企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」
2014年11月29日(土)~2015年5月10日(日)
にGWに行ってきました。前回の常設展の日記に引き続き、日本科学未来館です。iPhoneのカメラなので画像はあまりよくないですが写真点数は多めです。本日、3つ目の日記です。

*2015年5月10日(日)までの開催です。

日本化学未来館ーチームラボ - 003



花と人、コントロールできないけれども共に生きる、そして永久にーTokyo

ずっと同じ場所に居ると、足許から花がつぎつぎと花開いて行きます。そして時間が経つと散りはじめます。鑑賞者が激しく走ると、足許の花は枯れはじめ散りはじめます。1時間を通して、東京の1年間の花が鑑賞者からの干渉を受けて移り変わって行きます。全て、コンピュータープログラムによるものです。

日本化学未来館ーチームラボ - 067


理屈も抜きで、ぞくっとするほど綺麗でした。「三途の川の風景ってこんなゾクっとするほど綺麗なのかな?」というと、Rに思いっきり大きな声で「え」と言 われました。*あくまで個人の感想です。人が多すぎる時は上手く反応しないようです。人が空きはじめてから足許で花開くのを体感できました。

2014 →movie  こちらの公式動画を見るとわかりやすいかもしれません。



「空書」空に書く書 ー 生命は生命の力で生きている


通常、日本画はじめ絵画は固定されたもので一方向からしか見れないものですが、これは回転し、更にその表面で季節が移ろって行きます。春が来て、月が出て、緑が茂り、雪が降ると言った具合です。
すぐ横に、表面を剥がした骨格だけの展示も「冷たい生命」と書かれ並んでいました。

日本化学未来館ーチームラボ - 110

2011 →movie


花と屍 剝落 十二幅対

最後ははがれ落ちる生命の諸行無常といったものが表現されています。収穫があっても繁栄しても最後はこともなげに剥がれ落ちる。まるで小野小町の「九相詩絵巻」のようであります。

日本化学未来館ーチームラボ - 117

2011 →movie



増殖する生命ーGold

芽吹き噴き出す様が見事でした。見惚れていて写真をとり忘れていました。
コンピュータープログラムがリアルタイムでこの絵を描き続けているそうです。
もしかすると、何らかの理由で人類がいなくなっても、この世界のどこかで、綺麗な絵が人口的に作られたコンピュータプログラムによって描き続けられて行くのかもしれませんね。何となく寂しくないような気がします。人としての視点なのか何かわかりませんが。



2014 
(限定公開の動画なので、もしかして期間終了後は消えてしまうのかもしれません)



追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 ‒

光の八咫烏が飛び交い、最後は互いに衝突し矢車草のような蒼い花を咲かせます。
プロジェクタは大きく、両側にずらして、左右のプロジェクタが置かれています。この差異で私の目には、前後するプロジェクタの間に、空間を見えてくるようになっていました。皆んな床に座っての観覧です。迫力のある作品です。三回見ました。

日本化学未来館ーチームラボ - 142

2014 →movie



世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う

伊藤若冲の日本画をモチーフにした作品です。
元の絵も若冲本人に依り「升目画」と呼ばれる手法で作成されています。
このデジタルドットと通じるものがあります。

日本化学未来館ーチームラボ - 119

2013 →movie



世界はこんなにもやさしく、うつくしい

文字が降って来て、それに触れると、その文字が持つ映像に変わります。
川なら、川が、月なら月にと言った具合です。子供も我先にと文字に触れていましたが、我々、そしてもう一組の大人も文字に手を触れ「おぉ!」となっていました。

日本化学未来館ーチームラボ - 147

2011 →movie




つながる!積み木列車 

積み木を置いた場所に水路や線路や道路がつながります。色で判断しているようです。気になって試しにiPhoneを置いてみたらそれも認識されてました。完全にゲームと化しているようで、素早く組み替え入れ替えが行われていました。積み木をおいていると加速させて行きたくなるのが何かわかりました。

日本化学未来館ーチームラボ - 150


2013 →movie



光のボールでオーケストラ

音のなる光るボールを転がして行きます。フンコロガシにでもなった気分です。Rとお互い相手の後ろをボールを転がしながらクルクルまわっていました。
しかして写真はその天井を撮ったもの。「映写機がBenQ社製。家にあるこないだ買い求めたのと同じだ!」と訳のわからな喜び方をしてシャッターを押した写真です。

日本化学未来館ーチームラボ - 151

2013 →movie



小人が住まうテーブル 

手で小人を救うと火から小人を守ることができます。他に雲を作ったり?太陽を動かしたり?
小人がとてもかわいいです。

日本化学未来館ーチームラボ - 157

2013 →movie



お絵かき水族館

こんなクレヨン画を描き、スキャンでデータとして取り込んでもらうと巨大スクリーンに出現します。
自分の描いた魚をスクリーンに見つけて皆んな追いかけていました。大人も子供もクレヨン画にノリノリでした。

日本化学未来館ーチームラボ - 166

日本化学未来館ーチームラボ - 182

2013 →movie



3D お絵かきタウン

こちらは、UFOや乗り物や家です。さっきの水族館と比較して3D張り込みになっていました。

日本化学未来館ーチームラボ - 185
日本化学未来館ーチームラボ - 206


下のはRの描いたクマです。私のUFOの中に樹が入ってるのもたぶん近く居た筈です。




お絵かきふなっしー

Rの描いた女の子が小さい男の子に画面越しにつつかれまくってて笑っちゃいけないと思いつつちょっと笑えました。
緑の目の大きいやつです。私はその手前の女の子のです。

日本化学未来館ーチームラボ - 219

2014    →movie


ほかに重ねると色が変わる光るキューブチェアや、水の映像の上をケンケンパするのもありました。
こっちも大人も参加されていました。

Hopscotch for Geniuses / 天才ケンケンパ →movie
MediaBlockChair / メディアブロックチェア→movie




Floating Flower Garden - 花と我と同根、庭と我と一体

最後は本物の蘭です。花で始まり花で終わります。階をかえ7階へ。
観覧者を感知して目の前の蘭の緞帳が上がって行きます。
85分待ちでした。よく私が「帰りたい」とか言い出さなかったものだと言われたけど、確かに並ぶのはちょっと苦手です笑 でも、チームラボの最新作とい うことなのでせっかくなので見ていこうかと思ったのでおとなしく並んでいました。RのiPhoneで別の映像を見ていたらあっという間でした。 

日本化学未来館ーチームラボ - 220

日本化学未来館ーチームラボ - 221

こういった感じに中を歩くことが出来ます。映っているのは何組も前に入った方々です。
3人〜5人で中に入ります。中にいる時間は予め2分ほどだと断りがありました。
入る前に撮影器具の用意もしておいて下さいとも。親切です。

日本化学未来館ーチームラボ - 222

天井から降りそそぐ蘭の花。香しい薫りです。根っこ付き。
吊り下げられた花の中を歩くシーンを音楽PVかMVか映画を昔みたような既視感がうっすらとあるんですけどこの視点からはこう見えるんですね。
2015 →movie



2月末頃に期間延長されました!というのを聞いて、5月の期間ギリギリに行く。
見事にRとの合い言葉になりつつある「ギリギリだぜ、ロッド(まったく違う意味)」、「ギリジンツーリスト」もしくは「ギリジンツーリズム」の実行です。意味不明な話はさておき、無事、見に行くことができました。

チームラボさんは芸術家や数学者や哲学者などあらゆる異種混合集団。
作品もプログラムだけではない、芸術だけでもないもののような気もします。

もちろん、ひとりかふたりの人が作った個人の世界観が十二分に反映されたものも大好きです。
というか、うちもRと何かやるといったら、ひとりもしくは二人でまずは作ることになるんだろうと思います。
それにしてもチームラボさんのように300人の大所帯になることなんて自分の性格的にも考えられませんしね笑
Rと作りはじめていたアプリさえ、ああだこうだと意見が飛び交います。

でもチームラボさんに一貫したカラーというか主義主張のようなものも感じられます。
代表の方の感性なのかアーティストの人の感性なのか、それとも集団の意識なのか、なんなんだろう。

とにもかくにも童心に還る企画展でした。


企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」
2014年11月29日(土)~2015年5月10日(日)




日本科学未来館


所在地: 東京都江東区青海2-3-6
Tel: 03-3570-9151(代表)





カテゴリー:23区 more...(87)

6.png お台場・汐留・竹芝 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)


関連記事
Posted by lemon on  | 1 comments  0 trackback

日本科学未来館の常設展

GWの最終日は、日本科学未来館に行ってきました。(GW前半の日記は、また後日に)
日本科学未来館の館長は宇宙飛行士の毛利衛さんです。
科学技術を文化として捉えた科学館です。先端科学技術を体験して感じる理解するというコンセプトだと思います。
場所は江東区青海の海沿い湾岸部にあります。(上野の国立科学博物館、竹橋の科学技術館とはまた別物です)

今回はチームラボさんの企画展で訪れましたが、まずは常設展示をご紹介します。
本日2つ目の日記になります。


日本化学未来館ーチームラボ - 044

Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)

「宇宙から見た輝く地球の姿を多くの人と共有したい」という毛利衛館長の思いから生まれたそうです。
何と1000万画素を超える高解像度です。直径6mあります。ここ5日間の気象の様子が映し出されていると説明されていたような気がします。日本≠世界平均のデータが映し出されていたりもしました。
手前に記念撮影の台もありました。後方に映っている階段を歩く時は最初は、少しスリルを感じますが、国内の建設技術?工学技術もちゃんと信用しています。
心地よい音楽が流れていましたが、訪れた日や時間によって変化するオーバルブリッジの音響システムが採用されています。

詳しくは公式ページのコチラをどうぞ。→



ロボットワールド/アンドロイド

日本化学未来館ーチームラボ - 053

ヒューマノイドロボット ASIMO(アシモ)

すごく早く前に、移動します。そして、かなり人っぽい動きです。人っぽいって何なんだろうと思うと、あまりきっちりかっちり動いていないってことなのかなと見ていて思いました。微妙に膝を曲げた足にしても、その微妙なニュアンスがとても人っぽいということなんだという気がします。

アシモ実演時間(2015.5現在)
時間: 11:00 / 14:00 / 16:00
所要時間: 約10分間


     日本化学未来館ーチームラボ - 012

オトナロイド

話しかけると口元や手許が動きます。
その他にも、テレノイドがいました。


日本化学未来館ーチームラボ - 015

テレノイド


HPの説明より引用
〜コミュニケーションにおいて「必要最小限の人間らしさとはなにか」を追求したのが、ミニマルタイプの遠隔操作型アンドロイド「テレノイド」です。オトナロイドに比べて、体型や顔つきといった特定の人物の要素を極力そぎ落としてデザインされています。〜

目の前にいる人物が横へ移動すると顔の向きがそちらへ動いていました。



日本化学未来館ーチームラボ - 039

コドモロイド
子供の外見をした遠隔操作アンドロイド・アナウンサーです。
世界中のニュースを複数の声色や言語で発信し続けています。




未来を作る

日本化学未来館ーチームラボ - 035


こちらは、インターネット物理モデルです。
これのもっと大規模なシステムを使用する側のコチラ側は手元の操作で利用しているんだということを感じることが出来ました。



日本化学未来館ーチームラボ - 047

歴代の宇宙飛行士の顔写真が並びます。


一番最初に宇宙に行ったのは、かのライカ犬でした。
毛利さんに続き若田さんなど日本の宇宙飛行士の方々も並びます。

宇宙飛行士さんの写真を指差しテンション高く進んで行く小学生くらいの子供二人。宇宙兄弟*という作品そのままだ、とか思ってみていました。

*宇宙兄弟は兄弟二人が月や火星へ行く宇宙飛行士を目指す小山宙哉さんによる漫画です。
アニメ化されその後、映画化されました。

各国協力の元に建設された国際宇宙ステーション(ISS)
ここではスタッフの人が外国から来られた方に英語で説明されていました。
そういえば完全余談になりますが、宇宙開発に国境は地上ほど感じられないのが嬉しいです。


その他、デジタル表現や、ともにすすめる医療の分野やニュートリノなど、他にも手で触れて感じる仕組みがありました。

視覚伝達部について目は前方向についてるけど、それを受け取る側は、後頭部側にあるんだな、とか授業のたぶん生物かなにかで足早に学んだ筈のことを、再確認できる体験モデルが複数個ありました。

6FにあるMEGASTAR-II のプラネタリウムのドームシアターや三鷹の国立天文台の4D2Uを用いた立体プラネタリウム作品にもかなり惹かれましたが、それはまたの機会です。
ドームシアターは予約制です。

ドームシアター事前予約サイト



日本化学未来館ーチームラボ - 050


この日は、R希望の3月の誕生日から行こうと言っていたお台場の観覧車とジョイポリスに行く予定だったけど、常設展示と企画展示を見ていたら時間が遅くなったのでまた今度がいいとのことで見送りました。


日本化学未来館ーチームラボ - 010

企画展の整理券

16:00〜16:20。そろそろ行かねばありません。


日本化学未来館ーチームラボ - 042


次回は、チームラボの企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」(リンク先は公式リンク)についてです。

期間は今週末2015/5/10(日)までなのでさっさと書いてしまいましょうか。




日本科学未来館


所在地: 東京都江東区青海2-3-6
Tel: 03-3570-9151(代表)





カテゴリー:23区 more...(87)

6.png お台場・汐留・竹芝 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

深川みなとやさんの揚げ餅@門前仲町

門前仲町でバスを待つ数十分の間に門前仲町の名物を買って来るとR。
深川みなとやさんの手製の揚げ餅(海苔)を買い求めてきました。

門前仲町みなとやおかき

手作りの揚げ餅(海苔)は二枚入りです。
クッキーはおまけのようです。


サクサクとして香ばしい揚げ餅でした。
第20回全国菓子博覧会 金賞受賞商品だそうです。
揚げ餅(海苔)を作ってる様子のページ
深川みなとやさんは昭和二十三年創業。五十年の歴史のお店です。

R曰く「美味しかったからもっと買ってこれば良かった」とのこと。
確かにおいしかったです。


そしてRから食べ歩き* の楽しさについて熱弁を受けました。
*ここでの食べ歩きは、買って歩きながら食べることの意味です。洋風ならクレープとかのことです。

私は座るか、立ち止まるかして食べたいのが本心。
でも、うちの父も食べ歩きが好きな母に長い年月の間に感化を受け、私が小学生の時には苦手がっていたのに、晩年には「あれちょっと買って歩きながら食べてみよう」と食べ歩きを興じていたので、私もいつか感化されていくのでしょうか。

今のところ、ちょっとしたものを少しずつ食べるのは好きだけど、座って食べたいし、車の頻繁に通る道路の横より住宅街の小道をゆっくりと行きたいです。そして時間がある時は、混んでる電車は乗り過ごしたい。

よし、ここは、こっちが相手を、逆に感化するくらいの気持ちでいきましょうか。




深川みなとや

〒135-0048
東京都江東区門前仲町2-4-9
年中無休
TEL:0120-80-3708(10時~18時)
FAX:03-3641-1752

サイト
おかき・煎餅の通信販売もされてるようです。





カテゴリー:23区 more...(87)



関連記事
Tag : 食べ歩き
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

5月の頃からの期間限定TOP画像はミニばらです。

2015年5月の頃からの期間限定TOP画像はミニばらです。
ベランダのばらです。

150501-0001.png


写真は昨年のものです。
今はまだ葉だけです。
さくらにしても今年は花がつくのがゆっくりですね。


関連カテゴリー:期間限定TOP画像(39)

関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

柏餅2015@青木屋さん

もうすぐ端午の節句です。
青木屋さん和菓子日記が、二回続きますが柏餅が店頭に並んでいたので求めてみました。


青木屋_花いかだ、柏餅 - 16

菖蒲の絵
が入った包装。
きりっとしてます。


青木屋_花いかだ、柏餅 - 25

柏の葉のいい薫りです。


青木屋_花いかだ、柏餅 - 26


粒あんは売り切れていたのでこし餡にしてみました。
お餅は部分はしっかりと固め。ほんの少し塩味を感じさせる柏餅の餡。
男子の成長を願う柏餅。いつもの青木屋さんの饅頭とは少し趣が異なり新鮮です。




青木屋 小金井店
サイト
〒184-0004
東京都小金井市本町5丁目41-3
℡:042-384-0332 FAX:042-384-0332
営業時間:9:30~19:00


大きな地図で見る


カテゴリー:小金井市をどうぞ




関連記事
Category : 季節
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。