武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

武蔵小金井の長崎屋さんの閉店セール

長崎屋さんの閉店セールに6/23(日)にまた行ってきました。

長崎屋さん服 - 1


ワンピースを2着購入
(まだアイロンかけれてません


武蔵小金井駅前の長崎屋さんの閉店セールが行われています。

↓詳しくはこちらの日記をどうぞ↓
ムサコ駅前の長崎屋がMEGAドンキに


3階は本屋さんを残して封鎖されて4階に服や靴が集められていました。
4階では、現在値引きされてつけられている値段より5〜7割引になっていました。

私は写真の夏物のワンピースを2枚購入しました。どちらも1,500円弱
一緒に行ったRもだいたい三千円分くらい購入していました。
中々良い買い物でした。

帰り際1階でも買い物をして帰りました。





関連記事
Category : 小金井市
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

熊野神社 at 国分寺

熊野神社 - 41


国分寺にある熊野神社さんをお参りしました。
熊野神社さんの祭神は八咫烏です。



熊野神社 - 39


家の近くの高い松の木の辺りからとてもリズミカルに烏(カラス)の鳴き声が聞こえてきます。
しかしいつもの「カカカカカ」長老が笑うように鳴く(勝手に家の中でRとそういってるだけのイメージです)烏がいなくなったね、とこの頃、話していたら、ここで同じような鳴き声を聞くことが出来ました。
似たような烏がいるのかもしれないけど、同行者のRと
「もしかして烏にもグルグルと受け持ち場所を替わるようなことがあるのかもしれない」とか話していました。
今はまた家の近くの松の木に戻ってきたように感じます。

そんなことで家の中で烏にスポットがよくあたります。
なのでこの神社の立て札を見つけた時は興味津々に見に行こうって話になりました。



熊野神社 - 37


阿形(あぎょうー口を開いて最初に出す音)の狛犬



熊野神社 - 35

吽形(うんぎょうー口を閉じて出す最後の音)の狛犬


それぞれ 宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされています。
立派です。


熊野神社 - 42


ここにも細工がありました。



熊野神社 - 43熊野神社 - 48


芭蕉と可尊の句碑がありました。
ここで句碑を見ながら少し休んで休憩させてもらいました。


可尊の「月花の 遊びにゆかむ いざさらば」

格好いいです。

芭蕉の方は「ひょろひょろと なほ露けしや をみなえし」

何だか情景が浮かびます。


関連リンク

国分寺市熊野神社公式ブログ
東京ガイド 熊野神社

カテゴリー:国分寺市


人気ランキング参加しています
↓よかったら、押してやって下さい↓

  人気blogランキング ブログ王青バナー

ブログランキング参加中!



関連記事
Category : 国分寺市
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

夏越の大祓の「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」at 山王稲穂神社

稲穂神社 六月の大祓


山王稲穂神社へ夏越の大祓の「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」を行ってきました。
茅草で作られた輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓うものです。
この行事は毎年のように参加しています。

手を合わせて一番に祈ることは自分の気持ちが清浄になり澱みませんようにと願いました。


前回書いた坂を自転車で転けて怪我した時に面倒くさい考えに囚われていて、
文字通り魔が刺した時に起きたというケガでした。

傷の手当してくれたRやキズを心配してくれた友人にありがとうを言いたいのと同時に、
自分を一番、気づかってケアしなきゃいけないのは自分本人なんだってことも自覚しました。

できたキズを治そうとしている自分の体を見ていると、
自分のやろうと思ったことをやるところまでやったら面倒くさい考えは自分の外に全て追い出してでも
自分の体をケガや事故から守ったり健やかに前向きに生活できるように持って行ってやらないと
時間も機会も全てもったいないです。

対外的な世界や人は自分と関係なく澄むことも澱むこともあります。
自分のする必要があると思うことだけやったら
後は物事を過大評価や過小評価もせずに
日々、何事にも、囚われないように、気持ちが澱まないで清浄になり
やりたいことをすすめていけるようにいようと近頃強く感じています。

関連記事
Category : 小金井市
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

傷を乾かさない湿潤療法を試してみました。


湿潤療法 - 4


傷を残さないと話題の湿潤療法を試して見ました。
傷を乾燥させず体内から出る滲出液が傷を修復して行きます。
傷跡が残らないのも特長です。

調べたところ手順としては以下のようです

1傷を水で洗う
2白色ワセリンを傷口を覆うように塗る
3ラップを貼る
4包帯やサージカルテープで止める
5一日に1~2回1~4をやってとりかえる
6キズが赤ちゃんの肌のようにピンク色のツルツルなったら治療を終えていい
7注意としてばい菌の多いところでのケガや皮膚内に破片などが入り込ん出る場合はお医者さんへ行った方がいい



ポイントは傷を空気に触れさせて乾かさないことです。
湿潤療法を踏まえて開発されたキズパワーパッドなどの絆創膏を用いるのも比較的簡単な方法です。


ここからが私の湿潤療法の治療日記です。
傷口を説明する表現も出てくるので苦手な方は読むのをストップください。

私の怪我は坂道を自転車を走行中飛びかけた帽子を抑えたところ転倒。
右手のひら下部、左膝、左肘をにキズができました。
膝に二箇所と肘は擦り傷です。
肘の一部分と手のひらのキズ2cm×3cmは0・5mくらい皮膚が削れている状態でした。
はじめての治療方法だったので写真で撮りながら経過を観察していました。
自分的には今でも最初の頃の手のひらの写真を見るとくらっとくる程度のケガでした。
夜、カゲをして水洗いして消毒とガーゼをはり、翌朝、少しカサブタができ始めたところに湿潤療法を始めました。
まずカサブタが綺麗になくなりました。その後、日に日に皮膚が盛り上がってきます。
擦っただけのところは浅い順番に平らになり治りました。
少し深めのところも何時の間にかふさがっています。肘と膝の傷はふさがりました。
今は手のひらの下部のキズの部分に手のひらの溝が復活したところでこの日記を書いています。血も完全にとまっています。

ここまでだいたい15日くらいです。治癒力には個人差があると思います。
残る傷については確かにダメージが少ないようです。
わたしは自分の体の自然治癒力が働いてるんだと思うと「体が頑張ってくれてる」って感じがしてました。
ラップを取り替えてくれながらRが曰く「まるで皮膚を培養する実験みたいだ」との感想。

この治療法は治療中の痛みも少ないし良かったと思います。
カサブタが剥がれた後、もう一度キズを修復する必要もないです。
人間の自然治癒力にはびっくりです。


湿潤療法のいろんなサイトを参考にさせていただきましたが全てのキズやヤケドにこの治療法がいいのかはわかりませんのでその点は十分ご考慮ください。


→ Amazonの白色ワセリンの頁 ←


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

WWDC 2013基調講演

WWDC 2013基調講演
Appleの制作発表会みたいなものです。
日本時間2013.6.11 AM2:00から始まって今AM4:00に終わりました。

MacOSは、ネコ科シリーズは終わりをつげOS X Mavericksに。
Mavericks はサーフィンで有名な北カリフォルニアの地名です。

iOS7(iPhoneやiPadに入ってるOS)になってからの大きな変更点は三点でした。


1.リッチデザインからフラットデザイン

2.マルチタスク

3.物理的ホームボタンも削除して画面内に組み込み



ios7logo.jpg

ともにbeta版はAppstoreで本日6/11より落とせます。
本格リリースは秋とのこと。


他の変更点は下記のサイトさんが速報を掲載してくれています。

engadget




カテゴリー:Art & Design 

関連記事
Tag : iOS7 WWDC2013
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

パティスリー ドゥネル PATISSERIE DOUNEL@小平市

20130608 Dounel1

パティスリー ドゥネル PATISSERIE DOUNELさんのケーキ。
オレンジとチョコレートの組み合わせがとても深い大人の味です。
rのロールケーキもふわふわでクリームの甘みがしっとりと絡み合ってきます。


20130608 Dounel2

花小金井駅が最寄り駅。
小金井公園の北側です。
お店の内装も外国にあるお店のようです。
今度はジェラードやマカロンも食べてみたいです。


近い日記:
DOUNELドゥネルさんで帰り道に誕生日のケーキを@小平


パティスリー ドゥネル PATISSERIE DOUNEL
東京都小平市鈴木町2-865-19 1F
TEL/FAX 042-401-2952
サイト

関連記事
Category : 以外の近隣市
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。