武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

日常のささやかな贅沢@シェリー酒入りジャムBRUNET

日々のささやかな贅沢。

それは、少し凝ったジャムを念入りに選ぶことだったりします。

シェリー入りジャム - 2

今回は、BRUNET(ブルーネ)「キルシュ入りストロベリージャム」です。
写真は、紅茶に入れて、ロシアンティに。

ふわっとキルシュの香りが立ち上って風味豊かな香りです。
売り場には「キルシュ入りさくらんぼジャム」や「コニャック入りオレンジジャム」も並んでました。
原産国はフランスです。
朝食時、パンにつけても。朝からタルトのようなお菓子を食べてる気分になれます。

武蔵境駅付近では、Emio成城石井で購入できます。



武蔵境駅 Emio成城石井

〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2丁目1-13
0422-39-2920 ‎

http://www.seijoishii.co.jp/



関連記事
Posted by lemon on  | 2 comments  0 trackback

【告知】【都心の水辺探訪クラブ】2月のEボート乗船会のご案内

以前、少しの間、お勤めさせていただいていたNPO地域交流センターREC様のEボートイベントのお知らせです。
東京都心を流れる川をゆったりと行くのは格別です。
春の息吹を感じられるEボートを楽しんでみてはいかがでしょうか。


Eボートのようすは↓こちらの以前の日記よりどうぞ
Eボート漕いで来ましたよ~^^@東京の水辺




ここよりいただいたお知らせです。↓
------------------------------------------------------
都心の水辺探訪クラブの皆さま


お元気ですか、地域交流センターの浜田です。
4月の日本橋架橋100周年まで秒読みになってきましたね。
そして桜の便りも待ち遠しい今日この頃です。

さて、2月のEボート乗船会のお知らせです。
まだまだ肌寒い中でのクルーズですが、天気が良ければポカポカと日差しを浴び
ながら、冬の水辺ならではの清涼感を感じることができると思います。
みなさまの参加をお待ちいたしております。

☆亀島川定例クルーズ☆
■Eボートクルージング(2月)■
◇日程:平成22年2月26日(土)
◇スケジュール:
13:00集合(13:20頃出発)
◇コース:日本橋コース:亀島川⇒日本橋(日本橋川)⇒常磐橋(折り返し)
⇒戻る(70分程度)
http://www.jrec.or.jp/waterfront/
◇集合場所:新川協和ビル(東京都中央区新川2-20-8)前運河(亀島川)
◇最寄り駅:八丁堀駅(地下鉄日比谷線・JR)下車・B4出口
◇案内図:
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.40.14.246&el=139.47.04.286&la=1&fi=1&skey=%c
3%e6%b1%fb%b6%e8%bf%b7%c0%ee2-20-8&sc=2

(B4出口から出て横断歩道を渡り高橋たもとの交番を右に曲がって高さ1mの
「パールマネキン」の看板の裏の路地を入って行きます)
◇乗船料:一般2000円/学生以下1500円(乗船料、保険)
◇募集人員:18名まで
(要予約)FAX:03-3553-7346かメール:tokyo_canal_wonder@jrec.or.jpで
◇当日連絡先:090-3087-1455(中村)

注意:
★基本的に特に必要なお持ち物はございません。
★滑らない履物、ぬれても良い服装でご参加ください。
★ヒールの高い靴は危険な上、ボートに負担がかかるのでご遠慮ください。
★小雨決行。中止の場合は2時間前までに代表申込者へご連絡します。

********************************************
[返信フォーム] (ご希望のクルーズ時間帯をお選び下さい)
○2月26日(土)
10:00集合(10:20出発)日本橋コース のクルーズ希望
13:00集合(13:20出発)日本橋コース のクルーズ希望
お名前:
乗船人数:
当日連絡先:

(初めての方は以下もご記入ください)
住所:〒
TEL:
FAX:
E-mail:
********************************************

都心の水辺探訪クラブ TOKYO CANAL WONDER
□NPO法人 地域交流センター内
■浜田、中村、山下
□105-0003 東京都中央区湊1-9-8 八重洲第六長岡ビル3F
■TEL03-3553-7344/FAX03-3553-7346
■E-mail:tokyo_canal_wonder@jrec.or.jp
□HP:http://www.jrec.or.jp/waterfront/

関連記事
Category : 告知
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

【告知】2011年3月8日(火)第一回集のサロンコンサート

以前、少しの間お勤めさせていただいていたNPO様に併設していたサロン集&YU様より、音楽会のお知らせをいただきました。よく出入りをさせていただきていたのですが、とても楽しい場所です。

以前より音楽に縁の深いかたがたくさん集う場所で、音響設備などにも凝っていられましたが、今回、ピアノを常備されたとのことです。
音楽会のほうも隔月で行なわれて行くとのことです。
最寄り駅は、新橋と虎ノ門駅です。
音楽の夕べをお愉しみ下さい。


ここよりいただいた、ご案内です。↓

みなさま
3月8日(火)に、都市小屋_集での久しぶり音楽会で「ベートーベンの室内楽曲」をお楽しみいただきます。
皆様にクラッシックをお楽しみいただくためにピアノを常備し、隔月の音楽会開催を計画しております。今回が第一回です。
ご参加下さいご興味をお持ちの皆様をお誘い下さい


株式会社インロッド・ネット INROD-NET
http://www.inrod-net.com/index.htm
インロッドネット久武(TEL03-3504-2387)

場所:新生サロン集&YU(東京都港区西新橋2-13-6 ミタニビル3F)
http://www.shu-yu.net/
TEL.03-3504-2387


大きな地図で見る

関連記事
Category : 告知
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Cirque du Soleil "ZED" @シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京

シルク・ドゥ・ソレイユ®を観に行って来ました。
空転絶後の芸術性の高いサーカスです。
色彩も演目もすごく好みすぎー、なのに、これまでまったく余裕がなくて、今回、初シルク・ドゥ・ソレイユです。






*ただいまこの場所で日本公演は行われておりません



カナダで結成され、いくつものツアーショー(巡回公演)が全世界を舞台に行なわれています。
シルク・ドゥ・ソレイユとは、フランス語: Cirque du Soleil®、日本語直訳: 太陽のサーカスという意味です。


zed - 06

建物にはシルク・ドゥ・ソレイユの太陽のマークが。




ZEDは2008年から、ウォルト・ディズニー・カンパニーと業務提携し東京ディズニーリゾート (TDR) 内・ディズニー・アンバサダー・ホテルの専用常設劇場で行なわれています。



チケットは窓口の他にぴあなどインターネットのいくつかのチケット購入サイトからも購入できます。
私の誕生日プレゼントということで、ルタさんがあれこれと調べてチケットを取得してくれました。


zed - 13


はじめてのシルク・ドゥ・ソレイユの席はステージド真ん前の最前列でした。


ここです。↓

seating_chart_jp_090625.jpg




「はじめては、いちばん前で観て欲しかった」とのルタのことば。
ほんとうに、うれしい、ありがとう。




開演されると、息をつかせぬ展開に惹き込まれ魅了され、ステージから目が離せません。
「鳥のように驚いてたね」とかルタに言われるくらいでした。
トリって何・・・豆鉄砲?笑
そして、目を閉じるのを忘れて目が乾いてしまっていたくらいです。

ZEDは、天と地の間をZEDが旅をしていくお話です。
天と地の世界の住人、案内役のZEDとアルルカンを演じる二人。
身体能力、歌唱力、舞台のデザイン、仕掛けなど、どれをとっても完成度の凄さは言うまでもありませんが、そのストーリーや魅力的なキャラクターに惹き込まれてしまいます。

技術の高さは、表現する為にあるんだと、実感しました。

カーテンコールまで目が離せません。
演目が終わった後、拍手がなりやまずに、何回か出て来て、また団員の人達が、挨拶をしにきてくれます。
メンバーは老若男女いろいろな人達がいました。皆、とてもチャーミングです
大満足のうちにはじめてのシルク・ドゥ・ソレイユを見終えて、帰り際にもシルク・ドゥ・ソレイユZEDのメイキングDVDも買って帰って家でも観て、本当に素晴らしかったです。


zed - 05



帰り道はかなり夢心地だったかも・・・
ありがとうシルク・ドゥ・ソレイユZEDー
そして、ルター



チケットはいろいろあるようです。今回のはステージサイド、一人¥12,500でした。
バレンタインデー向けに食事と一緒になったりペアシートになったり、ワインがついたりするものや、もう少しするとディズニーランドのチケットと組み合わせたもの、企業がお客様へ向けてすこし割りひいて招待していたりとか。
いちばん、希望にあったものを探してぜひ、観に行って下さい。


シルク・ドゥ・ソレイユ-wikipedia-

Cirque du Soleil 全世界公演の日程(海外サイト)



現:舞浜アンフィニシアター
(『Zed』公演時は、シルク・ドゥ・ソレイユシアター東京という名前のシルク・ドゥ・ソレイユの常打ち小屋でした。現在は、舞浜アンフィニシアターという名前の多目的ホールになっています。)

〒279-0031
千葉県浦安市舞浜2-50
最寄り駅は、ディズニーランドと同じ京葉線舞浜駅です。

舞浜アンフィシアター 運営事務局
TEL:047-381-3898
(10:00-17:00/土休日除く)
※催事に関するご質問は、直接主催
 者様にお問い合わせください。


大きな地図で見る

関連記事
Category : イベント
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

しげくに屋55ベーカリー@武蔵野市武蔵境


武蔵境の駅からすこし小金井よりに
しげくに屋55ベーカリーというパン屋さんがあります。

sigekuniya-55ベーカリー - 1

看板にはsigekuniya-55ベーカリーとありますね。



お店が出来たときから、この鮮やかな黄色のファサードを気になっていたお店です。
この辺りを通ると焼き上がるパンのとてもいい匂いがします。

店内はお客さんが4~5人も入ると、一杯になってしまうくらいの大きさのお店ですが
美味しそうなパンが至るところに並んでいます。

毎月、新しいパンが開発され店頭に並んでいます。


sigekuniya-55ベーカリー - 5

ルタさんのパン。


sigekuniya-55ベーカリー - 8

ルタの生ハムかベーコンサンドの中身
アボカドソースかな

sigekuniya-55ベーカリー - 4

私のチキン竜田サンド
おいしかったー


sigekuniya-55ベーカリー - 6

くるみとチーズのパンとハムとチーズのパン。


総菜パンが、なんともいえなく絶妙なかんじで美味しそうなんです。
そしてパンと併せて挟まれている具材もおいしいです。


当月、発売された手書きのちらしも入っていて
パンを作ることに情熱燃やしてるぞーー!
ってのが、伝わってくるお店です。

よおし、また、行こう!


しげくに屋55ベーカリーさんのサイト

サイトを見たら→青山ファーマーズマーケットにも毎週土・日参加されているようです。
そこでもパンを購入することができます。




武蔵境
もっと武蔵境の日記を読もうとおもう人は

この三鷹ブログ内の武蔵境カテゴリーへ



red.gif


しげくに屋55ベーカリー
営業日 月・火・金・土

OPEN 8:00~19:00 土・10:00~
TEL 0422-34-1281
〒180-0023 東京都武蔵野市境南町3-6-4
武蔵境南口イトーヨーカドーの通りを徒歩7から8分くらいのところです。


大きな地図で見る


red.gif

関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

バレンタイン2011

2011年のバレンタインデーがやってきました。

またルタに先を越されて先にチョコレートを貰ってしまいました。

IMG_0668.jpg

見事なの形、そしてキレイ



負けてはいけないぞー
気合いいれるぞーと、三連休は何もせずに月曜、当日
1人隠れてこっそりと作りました。

スポンジ焼いてチョコレートクリームかけて
チョコレートケーキを作ろう!
と、夕方くらいからゴゾゴゾと


IMG_0673.jpg

今回は、失敗しないようにモントンの本格スポンジセットを使いました。
卵と牛乳と、1回目の粉と2回目の粉を混ぜて泡立てて行きます。


そして、、、


ケーキ

さすがの焼き上がり。モントン偉い!
きつね色、おいしそう!
ルタのマイヤーズラムを
キャップ一杯拝借して振りかけます。


そのあと、植物性クリームを泡立てて、湯煎したチョコを混ぜて、
そして、上にカラースプレーチョコを混ぜた固めたチョコレート


IMG_0677.jpg


こんなかんじに仕上がりました。
チョコはニューヨークアートのように仕上げたかったんだけど。

味は、おいしい
ただクリーム固まらなかったよー
いちごじゃむいれたのにー

味はすごく美味しかったんですけど固まらず敗北


ルルが帰って来て感想をひとこと

「外の雪景色イメージしたデコレーション」

折しもこの日は、東京は大雪で、ホワイトバレンタインになっていました。

→その雪の日の日記


気遣いありがとうー




  関連した日記 

昨年のバレンタインデー




関連記事
Category : 季節
Posted by lemon on  | 2 comments  0 trackback

雪の日@2011


昨日2011年の2月14日バレンタインデーは、けっこうな大雪でした。


雪の日2011.2 - 04

まるで雪国のよう



雪の日2011.2 - 05

雪の結晶撮れました


雪の日201113

いつもとまったく違う風景


雪の日2011.2 - 02

作ったミニ雪だるま


雪の日2011.2 - 01

自転車の上にもどっさり


雪の日2011.2 - 06

大きい雪だるまを作るルタ
朝7時前に見たら、その雪だるまが一部壊されてた
ひどいことする人もいるものだ


雪の日20119

スライディングして突っ込んだあと


雪の日2011


木の枝にも積もっています。

この他にもいっぱいキレイな風景を観たけど、
カメラは充電がきれてしまったので写真はないけど
しっかりと目に焼き付けておくつもりです






関連記事
Posted by lemon on  | 2 comments  0 trackback

【告知】都心の水辺探訪クラブの皆様へ

最近、私的PCメールを開けていませんでした。
すみませんでした。

そして告知貰っていました。
「染の小道2011」ボランティアスタッフの募集です。
愉しそうです。そして来週ですが来客者としてもスタッフとしても
参加してみると愉しそうなイベントです。



↓詳しくはいただいた告知からどうぞ!↓
-----------------------------------------------------------------------

都心の水辺探訪クラブの皆様へ

こんにちは。
今回は、新宿区の落合・中井地区で開催されます「染の小道2011」のご案内をい
たし
ます。
よろしかったらお出かけください。
また、当日のボランティアスタッフ、募集中です。
都合のいい時間帯だけでも大歓迎ですので、
お手伝いいただける方は、地域交流センター橋本(hashimoto@jrec.co.jp)まで
ご一
報ください。
よろしくお願いいたします。


~「染の小道」2011のご案内~

□開催趣旨
かつて、江戸・東京は京都、金沢と並ぶ着物染色の三大産地として数えられてい
まし
た。東京の染の歴史の中で新宿の染は中心的な役割を果たし、「落合・中井」に
は今
なお、その技術を受け継ぎ、現在も新しい染色を提案する職人たちが集まってい

す。また多くの文化人や芸術家が、その環境や風景を求めて移り住んだ土地でも
あり
ました。
神田川沿いは江戸時代から染色産業が栄え、1960年代には落合・中井地区に300軒

上の染色関連業者があったと言います。当時、妙正寺川では、染めた生地を水洗
いす
る風景が日常的にみられました。その後、コンクリート3面張りの護岸工事が行わ
れ、川に下りられなくなったり、水質が悪化したことにより、布は工場内で洗わ
れる
ようになりました。今では、染色が地場産業であることが忘れられつつあります

「染の小道」実行委員会では、当時の風情を呼び起こし、染色産業を地場の身近
なも
のにするため、2月に「染の小道」を開催し、川に反物を張る川のギャラリー、店

に暖簾を飾る道のギャラリー、工房による体験などのイベントを行います。歴史
と伝
統の技を守り続けている染色家の作品を見て触れて、そして体験をする機会を設
ける
ことで、染色やものづくりを通して江戸の面影や日本の美を伝える事を目指しま
す。

□開催概要
開催日:平成23年2月18日(金)~20日(日)
時 間:10:00~17:00
開催地:新宿区 中井駅周辺
主 催:「染の小道」実行委員会
共 催:新宿区、新宿区染色協議会
協 力:東京信用金庫中井支店

□実施内容
落合・中井を中心に、活動されているプロの染色家や、大塚テキスタイル学院、
文化
女子大、東京造形大、などの学校の講師や学生が腕を振るい、店頭に暖簾を染め
て飾
ります。その作品は手書き友禅や型染め、紅型、墨絵、江戸小紋や江戸更紗など
の古
典も含め多種多様な染色技術が集積します。約50箇所にも及ぶ店頭に50人のアー
ティ
ストが織り成す作品は見ごたえがあると思います。
又、昭和30年代まで妙正寺川で反物を洗っていました。川のギャラリーでは、川
面に
反物を張り、当時を再現します。中井駅すぐの寺斎橋から大正橋まで反物で埋め
尽く
される光景は圧巻です。
昨年までは6店舗での開催だった企画が、今年は50店舗までに広がりました。点と

てではなく面として中井を楽しめる企画になっています。
「染の小道」2012は3つのプログラムで構成され、2月に3日間(金・土・日曜)の

催を予定します。
 ①川のギャラリー・・・妙正寺川に反物を設置することで、かつて妙正寺川が
染の生
地洗いの場であったことをPRします。
 ②道のギャラリー・・・商店や個人の方などの参加を得て、店先や住宅に暖簾
を飾
り、染のまちの散歩道を創出します。
 ③各種イベント・・・商店や個人、染色業の方に多数参加頂き、染工場の見学
や染の
体験教室、作家との懇談などをサポートします。
「染の小道」2012への来訪者が、落合・中井地区を楽しめるように「ギャラリー
マッ
プ」を作成し、事前及び当日配布します。

染の小道ホームページ http://somenokomichi.com/
地域交流センターブログ http://ameblo.jp/recblog/entry-10776416261.html



-----------------
都心の水辺探訪クラブ
(地域交流センター内)
電話03-3553-7344/FAX03-3553-7346
担当:浜田、中村、橋本


関連記事
Category : 告知
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。