武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

「PSEUDOMORPHITE - 仮晶鉱 -」小林健二さん展覧会@神保町のGallary AMULET

少しまえにお知らせした「PSEUDOMORPHITE - 仮晶鉱 -」小林健二さん展覧会へ言ってきました。場所は神保町のGallary AMULETさんです。



今回の作品は霧を閉じ込めた作品や半透明の中に何があるのかを凝視してしまう。
そんな作品群でした。

小林健二@AMULET - 11



「この世界にあったようでなかったもの」
「見たことがあるようでなかったもの」
「でもいま確かにあるもの」

もしくは
「ちがう世界から取り出したもの」

そんな作品群でした。

実際は
「自然な物質ができるのと同じ行程を得て作り出されたもの」でした。


土曜日に行なわれ参加してきた「小林健二さんを囲む会」にも参加してきました。

小林健二@AMULET - 02



「工作好きの人のために」とその制作行程をご説明されたり、
「小林健二さんは中学生のころからやはり、すでに小林健二さんであった」というエピソードや、
古今東西の博物誌を紐解き語られるようなお話の数々を手許でメモに取りながら、
目と耳とそのほかの感覚をフル稼働で最大限吸収せねばの意気込みで聞いてきました。

作品だけでなく言葉もずしんと来ます。

作品群とともにお話の中にも何かのヒント、キーワードが隠されているような気がします。

惹かれるもの、好むものの中には、求めている探している答えがそこに隠されているような気がします。

モノを作る真摯な姿勢からも「作りたい」「何かにしっかりととりくみたい」と一度でも思ってしまった後衛として何かを少しでも受け取りたいと思ってしまいました。

はじめて、小林健二さんと銀河通信社のほしとそらさんと展覧会に来られるかたといーっぱい長い時間お話させてもらったあと、キャパ不足の私には未熟故の心配、不安、混乱の状態の中にあって、ここ一、二年、霧のなかにいて、それでも折々の作品群や、お話や、温かい言葉を皆さんに貰って、なんとかまた頑張ってまたフラフラになってをずっと繰り返していました。これからは頭の中の霧も晴らして、続けて行かれる制作活動を少しでもはっきりと、しっかりと見続けて行こうと思っています。


「PSEUDOMORPHITE - 仮晶鉱 -」 小林健二さん展覧会は、
6月13日(日)まで神保町のGallery AMULETさんでただいま開かれています。

2010年5月28日(金)?6月13日(日) 無休 12:00~20:00


仮晶鉱:PSEUDOMORPHITE(シュードモルファイト)とは、
小林健二特有の造語です。その言葉のひびきから、結晶としての硬質な透明感とやわらかい儚さを合わせ持つ…。 まさに彼らしい世界を感じます。


http://www.kenji-kobayashi.com/pseudomorphiteFrameset-2.html

http://www.kenji-kobayashi.com/

ShowLetter.jpg


blue_wing.gif

Gallery AMULET

101-0051 東京都千代田区神田神保町1-18-10-2F
T&F : 03-5283-7047  email : amuletあっとまーくmbe.nifty.com
http://amulet.ocnk.net/

小林健二@AMULET - 06

blue_wing.gif


これまで小林健二さんの展覧会を観に行ったときの日記はこちらです。

カテゴリー:小林健二さん、銀河通信社さん



関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

ペルシャシルク絨毯の世界@シルクセンター

シルクセンターのシルク博物館で行なわれたペルシアシルク絨毯の世界のご招待券をスジャータさんからいただき、行ってきました。


シルク絨毯 - 02


学生時代に行ったところだったんですけど私の位置確認が甘く、本展覧会には残念ながら間に合わずでした。


1Fにいらっしゃったペルシャ手織カーペット協同組合PERSIAN HAND-WOVEN CARPET ASSOCIATIONのかたにペルシャ絨毯についていろいろと教えていただきました。

シルク絨毯 - 11




ペルシャ絨毯は、縦糸が細く目が詰まっている物程、柄がはっきりと出ていて良い物であるそうです。
そして何年も耐久性があり、今回シルク博物館に出品されている古い絨毯を見たらそれが如実にわかったそうです。

シルク絨毯 - 06

鮮やかな蒼い色。ひとめぼれです。



何十年かして色の鮮やかさが落ちてくると表面をシャーリング(削って)してまた鮮やかにしたり、シルクやウールが抜け落ちたところを修繕したりして何年も何年もそれこそ一世代だけではなく持たせることができるとのことです。
また光沢のあるシルク絨毯は壁などにかけてタペストリーにしたりウールを材料にしたものは床に敷いたり用途によって選ぶのもいい選び方だともお聞きしました。

シルク絨毯 - 10

様々な色と柄のペルシャ絨毯

シルク絨毯 - 04

今回、ご説明いただいたペルシャ手織カーペット協同組合の方です。


日本に入れるのは、室内に敷いたりするのに好まれる草木などの図柄が多いけど、本国では物語性のある戦闘シーンの図柄などもあるとのことです。
大きな目の詰まった絨毯は、大人二人で一年以上織るのに年月をようしているとのこともお聞きしました。
絨毯の端の端まで技巧の凝らした様子を見せていただいたり、シルク織りや毛織りの違い、最上級と称される絨毯の目の詰まり様、生地の裏側を見せていただいたり、説明をして貰いながら手触りを試させていただいたり内容の濃いご説明をしていただきました。

シルク絨毯 - 08



つくづくペルシャ絨毯の世界は奥の深いものだと思いました。
数千年前に遠い中東の彼の地で生まれて連綿と
歴史は続きこの遠い日本人にも好まれ続けているというのはなかなかすごいです。



シルク絨毯 - 12

帰り際に一枚ぱちり
本当にありがとうございました。



ペルシャ手織カーペット協同組合
PERSIAN HAND-WOVEN CARPET ASSOCIATION

http://www.persiancarpetassociation.com


シルク博物館
SILK MUSEM

http://www.silkmuseum.or.jp/main/


カテゴリー:23区内、渋谷、六本木、横浜


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

料理とデザイン@素材のお話

帰楽院様のロゴ、看板、HPとブログ一式アルマクつとしてのお仕事が一段落きました。
出来上がった看板を横浜保土ヶ谷まで見に行ってきたんですけど、そちらのご報告は
帰楽院様ご開所とともにすべてまとめてさせていただきます。


看板を見て次のお仕事の打ち合わせをスジャータさんと軽くしてきました。
次のお仕事はよくこのブログでもご紹介させていただいている
カフェバクダット様のブログ
中東イベント情報様のブログ
そしてそれらをまとめるポータルサイトの制作です。


カフェバクダット様ブログ
中東イベント情報様ブログ

初めてこのブログに行った時、一日のINが一〇〇〇カウントを軽く超えるサイトだったのでびっくりした覚えがあります。今はまMovable Typeに移行してアクセスカウンターはついていません。
(この三鷹ブログで四年目で定期的に更新できている時でやっと一日平均で100くらいを前後するくらいだったりします。)
もともと内容の充実した魅力的な人気ブログ、ぜひいいものを作りたいです。


こないだ作成したRE(レンタルスペース恵比寿)様もすごく好調なようです。
素材に内包する核になるいい部分=一番伝えたいことを一番いいカタチでエンドユーザーへ伝えるのがデザインです。
素材が良かったり熱意があるものに対してはさらに作るのが嬉しくなります。

レンタルスペース恵比寿様ホームページ

実はそのあとのお仕事も少し動いています。
がんばります。




そして、素材のお話

スジャータさんに出して貰ったお料理おいしかったです。
料理とデザインすることは似ています

伝える相手がいて、素材を、見た目と組み合わせと味付けで美味しく魅力的に仕上げる。
そして、味覚を楽しませて、記憶に残る。

それは、一つのイベントを作る時もそうかもしれませんね。


こちらが出して貰った料理達


サラダ

キノコのソテーとナッツとかいろいろと入ったサラダ


タンドリーチキン

タンドリーチキンとグリルしたお野菜

ここで春野菜とアンチョビのスパゲティも出して貰いました。
バクバクと食事していて加速づいていて取り損ねてしまってました


デザート

デザート。かわいいしおいしい



タンドリーチキンは家庭で作れるんだ、、とか、野菜をグリルして、オリーブオイルとお塩でこんなにおいしいんだ、、とか、お店ででてくるパスタの艶と風味はこうやって出すんだとか、ほーっと、感嘆を漏らしてばかりでした。

料理の方法を覚えること、それらをおいしい状態に仕上げること。
好き嫌いも行く前に聞いてもらいました。
すべては通じているのかもしれませんね。


そしてこちらは、私が料理ができるまでスジャータさんと歓談中、同行者のルタさんが、かなり気に入って了解を得て撮らせてもらっていた写真達。(23枚もあった中から抜粋です。)
ご主人が集められているオイルランプコレクション。明かりにかなりのこだわりをお持ちだとのことです。



オイルランプ - 05


オイルランプ - 16


オイルランプ - 13

オイルランプだけの明かりの夜ってどんなんなんでしょうね。
きっとすごくいい雰囲気になるんでしょう。




おうちの愉しみ方も色々です。
型に嵌まらず、愉しみたいものです。



カテゴリー:中東とかイベントとか

カテゴリー:


関連記事
Category : イベント
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

井の頭公園近くのドナテロウズ吉祥寺店@武蔵野市

さて夜の井の頭公園シリーズ
いつからシリーズになったのかは聞かないで下さい笑

井の頭公園は夜もなかなかキレイなんです。


夜の井之頭 - 04

この通り。


夜の井之頭 - 06

そして、この通り。





そしてボート乗り場へと続くこの七井橋のあたりもいい雰囲気。
水面に大きな鯉もゆったりしているしそれを眺めるのも楽しい。




今日は、その橋を吉祥寺の駅に向って逆戻りした坂の途中にある
ドナテロウズカフェのお話です。
もっと上がって行くと丸井の横にでる面白そうなお店がひしめく通りの一番公園側です。
ドナテロウズアイスクリームチェーンだけど業種の形態が他と違うそうです。

閉店されました。残念です。
拍手メッセージにお知らせ下さった方、ありがとうございます!
下記が店主さんからのメッセージです。

2012年5月23日前后閉店のお知らせ

この度、大家(いせや)さんの意向により、建物取り壊しの為、やむなく閉店することとなりました。 2012年5月23日前后をもちまして営業終了とさせて頂きます。 これまで25年間、当店をご愛顧頂き、心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。 by ドナテロウズ店主



ドナテロウズ - 17

坂の上から見るとこんな感じに看板が出ています。


ドナテロウズ - 15

そういえば店内で食べたことなかったな、と中を覗きつつ込み具合を確認。




ドナテロウズカフェは、ジェラートアイスのお店です。
学生時代に三鷹に住んでいた時もこの場所にジェラードアイス屋さんが確かあったんだけど、その時もドナテロウズだったのかな??お店の人に聞けば良かったです。うーんでも多分そうでしょう笑


お店を入ると、こんなかんじにジェラードアイスが並んでいました。



ドナテロウズ - 01

どれにするか、本当に悩みますね。




イチヂクとかカルピスとか少し珍しいのもメニューにありました。
なんとか決めてどこに座ろうかな~と店内を物色。



ドナテロウズ - 08

中は広いし、落ち着いた雰囲気です。一番奥のほうに座りました。
黒色のテーブル、シックです。床は一松だし。



ドナテロウズ - 05

左、ルタのカシスとグリーンティとピーチ 右、私のミルクティ、ピーチ、キャラメルプレッツェル?
ピーチかぶりました



ドナテロウズ - 14

お水のサービスもうれしいです。




アイスにも流行があるようでトルコの伸びるアイスドンドルマが流行ったり、無脂肪のヨーグルトアイスが流行ったりするけど、ジェラートアイスって言われてるものが一番好みかもです。

今回は夜だったけど、お昼間の窓から吉祥寺の緑を見るロケーションも良さそうです。
井の頭公園散策中、服、雑貨物色中のひとやすみにいいかもです。
公園とアイスはよく合います。
公園の中にあるアイスもよく買います。そちらもおいしいです。




グータイム吉祥寺さん内のドナテロウズ吉祥寺店の紹介→

30minさんのドナテロウズ吉祥寺店の紹介→


もっと吉祥寺を!
という人は
この東京探訪ブログの吉祥寺カテゴリーへ


blue_wing.gif

住所 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-8
電話番号 0422-44-8078
最寄り駅 吉祥寺
営業時間 [平日] 10:30 - 22:30 [土曜日] 10:30 - 22:30 [日曜・祝日] 10:00 - 22:30
休業日 年中無休


大きな地図で見る

blue_wing.gif

関連記事
Posted by lemon on  | 4 comments  0 trackback

お茶の蒸らしタイマー@STEEP IT



紅茶、緑茶、ハーブティまで、お茶の蒸らし時間は様々です。

砂時計とか使っている人から、だいたいこれくらいかな?ぐらいの人もおられると思います。



朝茶






ネット上で見つけたこんなサービス

STEEP IT
http://steep.it/


ページ内のOOlong Teaや、Green teaをクリックすると蒸らし時間まで、画面いっぱいにカウントダウン画面が表示されます。
これを使ってぜひ、ちょうどいい蒸らし時間でおいしいお茶を飲んで下さい。


もっと上級者になると、このお茶はこの曲が終わる頃(一曲って三分~五分の多し!)ちょうどいい飲み頃とか決まった曲をお持ちかもしれませんね。

お茶の名前のついたCDもけっこうあるみたいですしね。
BGM用に作られたようです。




食日記へ
これまでの食日記へ



関連記事
Category : 食☆
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

【お知らせ】「PSEUDOMORPHITE - 仮晶鉱 -」 小林健二展覧会

小林健二さんの展覧会が行なわれます。

世界をちがう視点から観て、そして本当の世界のすがたを捉えているような
そんな制作をずっと続けられているそんな作家さんです。

これまで小林健二さんの展覧会を観に行ったときの日記はこちらです。

カテゴリー:小林健二さん、銀河通信社さん


blue_wing.gif


「PSEUDOMORPHITE - 仮晶鉱 -」 小林健二展覧会

2010年5月28日(金)~6月13日(日) 無休 12:00~20:00
Gallery AMULET
101-0051 東京都千代田区神田神保町1-18-10-2F
T&F : 03-5283-7047  email : amuletあっとまーくmbe.nifty.com

仮晶鉱:PSEUDOMORPHITE(シュードモルファイト)とは、小林健二特有の造語です。その言葉のひびきから、結晶としての硬質な透明感とやわらかい儚さを合わせ持つ…。 まさに彼らしい世界を感じます。


http://www.kenji-kobayashi.com/pseudomorphiteFrameset-2.html

ShowLetter.jpg




関連記事
Category : 告知
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。