武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

Welcome to MISHOP WORLD 2006(井の頭公園 西園)@三鷹市

第17回三鷹国際交流フェスティバル
MISHOP WORLD 2006
 財団法人 三鷹国際交流協会

9/24(sun) 10:00am〜16:00pm
吉祥寺 井の頭公園 西園
20060927223151.jpg
井の頭公園 西園で行われた、踊りと音楽と民族の交流と食べ物のお祭りに朝から、行って来ました〜!
「今年は、日本とアフリカの交流元年です!!」てことで、今年のテーマは『アフリカ』でした☆


朝から、ず〜と、最前列で座り込んでかぶりつき状態でしたw
吹奏楽でテンポよく始まり、よさこいで盛り上がり、ベリーダンスは華麗でした。
06-09-24_11-00.jpg



カポエィラは見たのが初めてで、インド古典舞踊も楽くて、
和太鼓も今までで聞いた中で一番迫力がありました。
20070403195219.jpg

06-09-24_12-07.jpg


いや〜、最初からテンション上がる上がるw
ず〜っと、ハイテンションのまま、進行していきます!

正午をまわり、マスコットの紹介と(暑そうでしたw)、エコレンジャ−がでてきて、日体大の女の子のチアリーディングは肩の上に乗って更にその上から飛ぶ!というかんじで、なかなかすごい!
06-09-24_12-26~00.jpg

その後、アフリカ音楽が三つ続いていきました。

まず、始めは、タンザニアのリンバ演奏、不思議な音です。
このHPの写真が『リンバ』なんですけど→http://mango.orio.jp/instrument/
なんでこんな深い音がでるかがわかりませんw
すごく心にも身体にも響く音です^^
何回も何回も同じ旋律をやって、トランスしてくとのことです。
詩の内容は、恋愛のこと!どこでも一緒かもw
(HP本文より:本体に空けられた穴に蜘蛛の卵膜を貼り付けることで、類をみないサワリ音を生む。…だそうです^^)

で、次のセネガルのアフリカダンスは、たぶん今まで見た踊りの中で一番はげしかったかもwすごいです。動きが不規則w? 複雑w?なんといったらいいか圧倒されますw 
ひとこと、すごいっすね^^
20060928001405.jpg



コンゴのアフリカ音楽、歌声もいいんですが、リズムのとり方2パターンと、踊り方を3パターン教えてもらいました。音楽に併せて踊るの楽しかったですよw
で、教えてもらった言葉が、
『JUMBO』=『コンニチワー』(朝・昼・晩以外も全部これらしいですw)
『ハクナマタタ〜』=『no problem〜』、地名をどんどん行って、そのあとにこれをつけてどんどん盛り上げていきます。
20061026190604.jpg



次のビートルズバンド、よく聞き慣れたナンバーと、すごくイイ声w
衣裳もばっちし決めて、(暑いそうですw)、演奏時間30分くらいだったらしいんですけど、あっと言う間に時間は過ぎて、最後はアンコールつきでした!
20060927235246.jpg


ラストが、ブラジルサンバ、見せ場ありで、しかも降りて来てみんなと一緒に踊ります。
(えぇ、最後、私も一緒に踊りまくりましたよw)全員、総ダンスw
すごく盛り上がって終わりました。
(ここのボ−カルの人もすごい歌唱力でしたよ〜。)
20060927235334.jpg

見てるのも面白しろいけど、参加型もかなり面白いですね☆
テンション上がりましたよw

ちなみに来年のテーマは『インド』らしいです^^

red.gif
今日の一品
チベットのブースで『じゃがいものモモ(餃子?)』と『バター茶』を仕入れて来ました。

20060927223320.jpg

『モモ』美味しかったです。辛いの(唐辛子を溶いたもの?)をかけてもらったんですが、粉チーズだと思って、自分でそれをかけようとしたら、「それお砂糖!かけなくてよかったよ〜」って店員さんから止められましたwチャイがあったんで、きっとそっち用だったんですねw
朝、到着してすぐ行ったら、お店の後ろで4.5人のかたが輪になって地べたに座って、『モモ』をまだ作ってる途中でした。作り置きじゃなかったみたいです^^
『バター茶』は、前に「乾燥した気候で失われがちな脂肪分と塩分を効率的に補給する」ってあったとおり、辛かったですw 「辛いお茶〜w」と思って最初、怯んでしまいましたがw、全部いっときました^^

red.gif



この三鷹ブログ内の吉祥寺の日記はこちらのリンクから


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

カウパレード東京 in 丸の内2006

2006.9.21

野暮な用事で、丸の内あたりに出かけることあって、いってきたら、カウパレード東京 in 丸の内 2006 って言うのやってました。

cow daruma yoko
これは、ダルマですかね?

カラフルに彩られた牛たちのオブジェが!?

子wwb
プレートには、レーサー牛ってありました^^

cow wb
目のドアップ。ガラスが嵌め込んであって手が込んでいます。

…周りの人たちもやっぱり写真に撮ってましたw


あと、東京国際フォーラムってところにその牛たちあったんですけど、街路樹もライトアップされていて、最初「え、もう紅葉したの!?」って一瞬思ってしまいましたw
きれいだった~♪

nise kouyou

帰りは、ミュージアムショップとか適当にみて帰途につきました。


○おまけ○
ここの通路少し好きかも…
通路




関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

野川公園→はけの道→滄浪泉園 @三鷹市→小金井市

行ってからすこし経ってしまったんですけど、8月の最後の日に小金井市にある
滄浪泉園(そうろうせんえん:庭園)に行って来ました〜^^
(最寄り駅は武蔵小金井駅です)

20060918214043.jpg
野川公園→はけの道→滄浪泉園と言うルートで行って来ました。


その日は、8月の最終日にふさわしく朝から暑く、蝉がじわじわと鳴いてて、すご〜く夏休み!っていうかんじを味わいたいなぁって気分にさせてくれる日でした。
木々が生い茂り、強い日射しがその間からこぼれ落ち、傍らには清流が流れる…そんなところに行きたい!と思って以前に確か行ったことがある「はけの道」を歩いてみようと思い立ったのです。

以前にいった場所は、国分寺駅に程近い『殿ヶ谷戸庭園』から『お鷹の道』を通り『真姿の池湧水群(野川の源流の一つ)』などがあるところで(大好きな小説の舞台になっているところです『 魚たちの離宮/長野まゆみ /河出書房新社』)。家から5〜6駅もあるそこまではさすがに自転車でまだ行ける自信がなかったんですけど(いつかは行ってみせますw!)、その国分寺のはけが、お隣の小金井市まで続いていると言うのでこれは行ってみようと思い、お気に入りの公園の野川公園(武蔵野公園)を通って、はけの道、そして小金井市のHPに写真が掲載されていて気になった滄浪泉園へのルートをとることにしました。

はけ
立川から世田谷まで続く「がけ」のことで、大岡昇平『武蔵野夫人』の中で「古代多摩川が、次第に西南に移って行った跡で、斜面はその途中作った最も古い段丘の一つ」と書かれています。そこから、水が湧き出し流れをつくっています。


途中、和菓子とおにぎりを商う『伊勢屋』さんでおにぎりを二つ購入。お菓子も少し仕入れました。準備は万端です^^
暑いけど蒸し暑い事もなく自転車で走るのが凄く気持ちいい日よりでした。


20060918211940.jpg

野川公園から武蔵野公園を行くと(二つの公園は線路をはさんで隣接しています)、川沿いに草木が育ち、野川が殆ど見えない状態になってて、少し見えるところには、真鴨の姿も見えます。目の前を白い大きな鷺が横切り対岸の大きい樹に上のほうに留まります。
いいかんじです^^
この公園は、野鳥を観察でき、夜間は鳥たちの安眠のために立ち入り禁止になる場所もあるくらいです。
そういえば、住んでいるあたりは野鳥が多く、いろいろな鳥を目にすることができます。

はけの道に行くと、後からわかったんですけど、本道は普通の道で 中村研一記念小金井市立はけの森美術館(2006年4月オ−プン:わたしが、以前、住んでいたころは(財)中村研一記念美術館だったところです。奥様が市に寄贈されたとのことです。)の前から続く『はけの小道』が小川が流れるかたちになっていたようです。
その時は見落として通り過ぎて見ることができませんでした><
いけどもいけども、普通の道w
がっかりしていたけど、せめて写真で見た滄浪泉園までは行ってみようと、西へ西へと自転車を走らせました。
…途中、道にある地図を確認したんですけど、そこに『はけの道』『はけの小道』と二ケ所「はけ」という文字があるんですけど、その両方ともに抜けることなく濁点「”」が打たれて『はげ』になっていました。しかも凄く丁寧な筆致です。このマメさはなんなんでしょうか…o( ̄ー ̄;)ゞそんなマメさはいりませんw
とりあえず、こういうものに落書きはやめましょう!しては、だめです。。


20060918213012.jpg

滄浪泉園へつくと、かなり立派な門に少し気遅れをしてしまいました。
門の入り口に行くと受付のおじさんが、パンフレットと『うちわ』を渡してくれました。
『うちわ』…暑いからかな???と思っていたら、蚊が多いので、それで払えとのことでしたw
「そんなに蚊が多いのか!!!」とかなり不安になりながらもw、中へ進んでいきます。
入場料金は100円でした。
この公園は、はけから湧き出る湧き水で作られた泉が中心となったところです。
入り口からは緩やかな少し左に向いた坂が続き『水琴窟(すいきんくつ)』がありました。

20060918213513.jpg
20060918213524.jpg

『水琴窟』は以前、別の場所でその音を聴いたことがあってかなり好きな庭園のしかけなんですが、ここではまったく音を聴く事ができませんでした。…大音量の蝉の鳴き声で…wきっとここのは、静かな別の季節に楽しむものなんだと思います^^

水琴窟 - Wikipedia
URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%90%B4%E7%AA%9F
日本庭園の装飾の一つで水滴により琴のような音を発生する仕掛けです。

日本水琴窟フォーラム
URL:http://www.suikinkutsu.com/

ここで水琴窟の音が聴けます。


20060918214043.jpg

少し残念がりながらも、更に坂を降りて行きます。
樹と樹のあいだに泉が見えて来ました!!!なんといっていいか、神秘的というか…。そこには別世界が広がっていました〜!一緒に行った人の感想は「何でこんなところにアマゾンが!!」でw、他のかたのブログの紹介では、「もののけ姫の神様がでてきそう」と書かれていました。(…すみません、自分の言葉で紹介しきれなくかったんですw)

軽くドキドキしながらも、泉の淵へと降りて行きます。泉の水面近くに無数の黒い鯉が泳いでいます。赤や金色ではなく真っ黒です。(たぶん、真鯉という鯉の原種だと思われます。)アマゾン川の樹と樹のあいだに、大きな魚が泳いでいて…という印象でした。

20060918214422.jpg

この場所は、小金井公園や井の頭公園、野川公園などに比べるとそんなに知られてはないと思うのですが、この泉だけでもかなり見る価値があると思います。
その横にあるはけも清らかな水が流れ気持ちのいいものでした。
お地蔵さんが二体ありここは古代、信仰の場だったのかも知れませんね^^…と思えるところです。
ここを宅地開発する時、小金井市民のかたたちが反対し東京都の管理する公園になったとのことです。
5.15事件の犬養毅首相が「俗塵を濯ぐ清々とした水の湧く庭」と称し(「汚れた手足を洗い、口をそそぎ、心を洗い清める泉」という意味の名前をつけたそうです。
以前は、この庭園は、明治・大正期に三井銀行(現SMBC)の役員や政治家を歴任した波多野承五郎氏の別荘跡だったようですね。ここや殿ヶ谷戸庭園のようなところを所有するのが当時、流行っていたらしいです。まったく羨ましい限りですw

「ワーワー」騒いだあとw、泉のほとりにあるベンチで昼食を取りました。(飲食禁止の注意は入り口にもパンフにもなかったのですが、大丈夫だったのかなぁ???少し心配です。念のためゴミは全部持ち帰りました><)
持参したおにぎりは、美味しく、途中で仕入れた復刻されたスプライト(ヨーヨーつき)とともにいただきました。かなりミスマッチですねw でも、美味しかったです。

20060918215058.jpg

20060918215017.jpg


…そして、やっぱり蚊にしこたま刺されましたw この夏、ほとんど刺される事なかったんですけど、足に15箇所くらい、腕にもかわるがわる蚊がとまりますw しかも慣れてないのか、たたくとすぐにHITしてしまいます。あんまり人に慣れてないのかもしれませんね。もともと蚊の楽園みたいなとこなんだから、入って来たわたしたちのほうが乱入者なんじゃないかなって、少し罪悪感が…
あ、でも、腕とかに停まった蚊は叩いてはいけないらしいです。前に吸った人の血液が叩いた瞬間、逆流してしまうことがあるらしいです>< 輸血をするようなものですね。肝炎とか怖いです。
やっぱり払うのが正しいらしいです。そのためのうちわだったんですね^^
刺された跡は、家に帰りつく前に何故か全部引いてしまいました。

あと、園内には、湧水が湧き出ている場所と、小川が流れていました。
ここは、とても綺麗な公園ですね^^

20060918221638.jpg
20060918220759.jpg

十分、堪能して、帰ろうと門を出て自転車のところへいくと、中から女性の方が走って来ました。うちわは返却するらしいですw 持って帰ろうとしてましたw
そのかたに、「やっぱり、蚊にたくさん刺されましたか?」と聞かれましたw 「はい、いっぱい。でも。泉が凄かったです。」と伝えると、「ここは紅葉が見事だから、ぜひ秋にまた見にきて下さい」とのことを教えてもらいました。
家に帰って来てから見た他のかたのblogの写真を見ても、紅葉のころの写真も凄くよかったです、それと併せて泉もわたしの写真では上手くの雰囲気を伝えきれてないので(まだまだ修行が必要ですね ><)、興味が湧かれたかたは、他のかたのblogも検索して他の写真を見てみて下さい。
どのかたのも凄く素晴らしいです^^

夏の終わりになんとなく夏休みっぽい思い出が出来て良かったです。


white.gif

滄浪泉園


20060918222007.jpg

住所:東京都小金井市貫井南町3−2
最寄駅 武蔵小金井駅
JR中央線・武蔵小金井駅 徒歩15分
営業時間 9:00〜17:00(入園は〜16:30)
休業日 火曜日(祝日の場合は翌日)
料金 15才〜59才 100円6才〜14才、60才以上 50円6才未満は無料
駐車場 無(自転車をおくところはあります^^)
電話 0423-85-2644

white.gif

関連記事
Posted by lemon on  | 2 comments  0 trackback

吉祥寺Parco屋上フリマ☆ @吉祥寺

吉祥寺Parcoの屋上で、フリマが開かれたので行ってきました〜!そろそろ秋服とか中間服もいる時期だし^^


20060916022921.jpg



予算があんまりないけど、服が欲しいって時にいいです。フリマ〜!
…でも、古着とかダメな人もやっぱりいるんだろうな〜。



ともわれ、吉祥寺Parcoの屋上フリマは、前に、8Fの女子お手洗いの横の階段を(屋上に続いてました)なんだか人が行き来するなぁと思ってついていったら、たまたまやってるのを見かけて行ってみたら、終わりかけでほとんど何もないにもかかわらず、かなり良い品が…w


ぜひ、もう一度行ってみようと思っていたらその次は、雨で中止。


8月いっぱいは、何故か一回も開催せず(公式HPよりの確認)。場所が屋上なので直射日光で、日射病とか危ないからかもしれませんね、やらないの^^


20060915213913.jpg



あと、屋上っていいですね^^好きです。


一度、関西空港の発着所に隣接する受付ゲートが入った建物の横の非常階段を登って飛行機の発着を見ようと思って昇ってたら、警備員さんが慌てて後ろから昇ってきてずっと後ろについて監視され地上に降りたことがあります。
展望台ここじゃなかったんですね^^展望台は、そこから少し離れたところにありました。
爆弾でもしかけるかと思ったんですかね?もしかしたら^^



とりあえず、待ちにまったフリマ開催だったんです。行ってみると、売ってる人の服がなかなか個性的!というか、おしゃれさん率高いかも!かわいい人と格好いい人、多かったです。



20060916023030.jpg



価格帯は、キャミとか、T-シャツは、100円とかからあって、ズボンとかスカートもたまに安いところもあるんですけど、だいたい、800円とか500円とかぐらいで「破格!勢ぞろい!」ってかんじではなかったです。
う〜ん?もしかしたら元がけっこう高いのかな?っていうのもあったんですけど、かなりコアなブランドになってくると元の値段がわかりませんw
洋服は、ひととおり有名なとこと、自分が好きなブランドと、友達がすきなとことかしかしらない人ですから…w
でも、いろいろ売ってて面白かったですよ。レトロな着物をいっぱい商っている人とかいましたしね!


20060915214005.jpg



結局、キャミ一枚、100円(深緑、肩ひもと別に、首のとこで紐をいろいろ廻してくくれてアレンジできそうなやつ)と、白に赤い花と紺色の花が描かれている、これはなんていうんでしょうかw、えーと、薄手の長そでの何かですw。こっちは、800円のところ、500円に交渉^^


20060916042341.jpg



…でも、500円って安いんでしょうかw?わかりませんw 欲しかったんです。フリマの価格は自分が納得できるかどうかでファイナルアンサーでいいいのかなぁ?とは思ってるんですかけど。


あと、これからの季節に近くまで、自転車でプチアウトドアに出かける時用(公園とかに行くだけですw)の微妙な色合いの青い、ピーコックブルー?かな??の(かなりw)大きめアウター。
これで、芝生でもごろごろできるぞ!とw


この日の収穫はこんなかんじでした。


一緒に行った人は、コーディロイのカーキ色のポケットたくさんの細めのワークパンツ100円(これは私が強力に薦めましたwきっとお買得ですw)とか、ネイビーに小さな花が散ってるキャミ100円とか、トロ人形100円とか、ほかにもなんかT-シャツとかいろいろ買ってたみたいですね〜。


20060915214048.jpg



ただ、ひとつ使用しかけマニキュア売ってた人!国産メーカのそれは使いかけで500円は高すぎると思うよwそういうのよく10円とかで売ってたり、他の服のおまけにつけてたりするよ〜中身熱くなってたしw




あと、おまけとして、東京に来てからすぐに行った国際基督教大学(ICU)のフリマ(バザー)の戦利品です。

下の全部を袋につめて300円or500円です(正確な金額消失しました><)。
ちょっと早めにいったんですが、ついたらもう列が出来てました。
(ここで紹介してもっとライバルが増えたら嫌ですね〜w)


20060915215731.jpg

゚・:*戦利品*:・゚



・ワンピース 4点
・シャツ 4点
・巻きスカート 2点
・フェイクレザージャケット 1点
・薄手のハーフパンツ 1点




わたしが知ってる、『Vert Dense』,『ozoc』『GAP』,『miss brolly』というブランドたちもこの中に入ってます。
お得ですw

ブランドより、着心地で服買う事も多いんですが(反対にブランドで高くても欲しいものは買いますw買えたらw今は買えませんw) 上に上げた服はデザインも可愛かったですね^^

仕事の時は、スーツとか着なきゃいけない時、最初、UNTITLED/アンタイトルとかで購入してて(そういうところしかス−ツ出してるとこ知らなくてw)少ないお給料を引っ張くしてたんですがw、他にもあると知って、最後はいろいろ玉石混合でしたね〜w

ICUの フリマの服の状態もかなり良かったです。
ただ、いろんな年齢層の人の服と、いろんな趣味の服がかなりの量あって、吊るしてあるのと、箱に山積みであったので、

利点は、老若男女一緒に行っても楽しめる!
難点は、自分の着そうなものをいろんな服の中から発掘しなきゃいけない!

ってことだと思います。


主催してる人が吊るしてある分が減ってくると、箱の中のをわかりやすく随時つっていってくれるんですけど^^
(Parcoのフリマはある程度年齢層が限定されてるのとお店によって差はあるけど、ほとんどひら積みで見やすいです。)



でも、どっちのフリマもいままで行った中でも服の品質と内容はかなりいいと思いますよ〜^^
古着と言えど、いくら安くても着れない程、ボロボロとか汚れてて着れなくては、しょうがないですし〜☆



吉祥寺PARCOのフリマ



この三鷹ブログ内の吉祥寺の日記はこちらのリンクから



red.gif




本日の1本 w
水分補給はちゃんとしました!
大鵬市場で、63円でした。味はかなり海水ぽいかも☆
きっとミネラルたっぷりです^^これは、なかなか好きな味です☆
無炭酸(ナチュラーレ)です^^

SAN BENEDETTO
(株)ノルレェイク・インターナショナル
サン・ベネデットグループはイタリアでのシェアは2位だそうです。アリタリア航空やイタリア鉄道、日本航空イタリア線機内サービスなどでも使用されている。(2003/10)
【採水地】 ベネチア
【硬度/ph】 227(弱硬水)/7.74
【内容量/価格】 330ml/¥98程度
                  /ミネラルウォーター通販サイトより

大鵬市場
東急百貨店裏。みずほ銀行駐輪場前。
食料品、掘り出し物多数です。破格なものよく置いてあります。

red.gif


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

武蔵境 舞祭〜☆ @武蔵境

武蔵境の駅の北側のスキップ通りというところで「武蔵境 舞祭 2006」というのをやると聞いて行ってきました〜☆

武蔵境舞祭 2006

当日のタイムスケジュールはこんなかんじです。
2006年9月9日(土)です。


12:00 むさしのばやし
13:00 ガムラン パレードと演奏
14:20 花笠踊り
15:00 大江戸ダンス
17:15 サンバ



いつものごとくスロースターターで着いたのは、2時前ころw
ちょうど、ガムランが終わってしまってました。亜細亜大学のガムラン研究会というところが、バリ島で合宿して本場のガムランを披露というかんじだったようです。見たかった…w

次の演目が始めるまで、待っているとご婦人のかたに飲み物を売ってる場所を聞かれたり、武蔵野市の前市長のかたに名刺を貰ったり(その場で待ってるかた、何人かに配られてました〜^^今は東京都の議員さんだそうです。)

あんまり、市長さんと議員さんとか身近ではないんですが(むか〜し、大阪知事賞という名目の賞をもらったかなw???)この人が、このお祭りを企画したり、武蔵境の駅前に大規模図書館を含む建物の建設計画を提案・進行してきたかたなんだなぁと思って眺めてました。すごく元気のいい明るいエネルギッシュなかたでした。
その駅前の大規模図書館の計画は今の市長になった人が、かなり予算を縮減して規模を縮小すると言い出してかなり問題になっています。計画は一旦、白紙になったんだったかな?前市長さん、今の市長さんをちょっと言ってやって欲しいくらいですw
わたしは、正確には、武蔵野市民ではなくて、三鷹市民になるんですが、近くに充実した図書館ができるのは大賛成です^^税金はそういう有用なものに使うべきですよ〜!(ちょっと地域ネタになってしまいましたね、すみませんw)

そうこうしているうちに、花笠踊りが始まったんですが、男踊りと女踊りがあるんですね。男踊りのほうには、女性のかたも大勢混ざっているんですが動きがトリッキーで面白いです。こっちのほうがすきですね。動画で撮ったんですがお見せしたいですw 女踊りのほうも可愛いんですが、こっちのほうは、衣装が得に目を惹きました。可愛かったです。小さい子どもから、おばあちゃんまで参加してました。
踊りの会のかたも参加されてるんですが、一般のかたも参加したかったら、踊りの講習会が二ヶ月間ぐらい事前にあって誰でも参加させてもらえるようです。


花笠躍りー男躍り




大江戸ダンスは、小学生くらいのまるでどこかのジュニアアイドルグループみたいな女の子たちと、こちらもアイドルグループっぽいかんじの男の子と女の子の混合グループと、女の子たち単独グループたちが、順番に踊って行きます。けっこう楽しめましたよ〜^^
アイドルグループのコンサートは行ったことないんですが…w

20060913085703.jpg

20060913085754.jpg




このあたりの休憩で雑貨屋を覗きに行ったり、薬局のコスメコーナーを何ケ所か覗いてパンフレット集めたり、携帯を忘れて取りに帰った一緒に行った人が家からついでに持ってきたチューペットを飲みほしたり(ちょっと溶けてましたw)、持ってきた氷入りハーブティ(さっぱりするミントティですw)を飲んだり一休憩です。

…次の演目に備えてw

…あたりにスピーカーから放送が流れます。

「近付きすぎないで下さい」
「くれぐれも良識を持った行動をして下さい!!!」


などなどです。そして、演じるメンバーのまわりを警察のかたがロ−プで囲みます…w

…そうです。少し暮れてきた頃、サンバが始まったんですw

いままでもなかなか盛り上がっていたんですが、サンバが始まると同時にすごい熱気ですw
演奏は、音がすごく大きいし、小さなライブハウスのスピーカーの真横にいるぐらいの音量ですw
そして、ダンサーのかたたちはどこまでも本格的です。

そして、普段、商店街をそのまま歩いていたら、びっくりするくらいの衣装ですw
こんなこと言っていいのかわかりませんが、サンバを踊られるかたは、露出が大きい程、格好いいですね〜^^プールサイドで見かけたらびっくりするだろうけど、ここでは全然OKだと思いますw


20060913234002.jpg




そうして、なかなかいいかんじに盛り上がってきました。
P-RAZILというところと、LAMBSという学食のメニューが国際的ですごくおいしくて(しかも安いです)何度か利用させてもらっているw国際基督教大学(ICU、緑が多くて、木村拓也や常磐貴子とかが主演のドラマや、滝沢くんとかの主演の洋菓子ドラマ?とかの撮影に使われてるところです。えぇ、ちょっとミーハーなコメントですねw)と、武蔵野美術大学ラテン音楽研究会という我が母校、ムサビが参加してます。

武蔵野美術大学ラテン音楽研究会…、えぇ、わたしが在学中からけっこう有名なところです。よく掲示板にいろいろ貼ってあったように記憶してますしw 今回のチラシに、昨年の浅草サンバカーニバルで準優勝とあります。…そんなすごいとこだっただなんて…w 本場のかたたちも参加してるのに…。なかなかすごいんですねぇ^^わたしは学生時代参加してなかったけどちょっと嬉しいかもしれません…ちょっと母校バカ入ってますねw でも、ムサビの学生が全員ラテン系というわけではないんですけどねw ロック好き、ブルース好き、民族音楽愛好者いろいろいました^^もちろんラテン音楽好きもいましたがw

特筆すべきは、踊りはどこのチームも素晴らしかったんですけど、ムサビだけはチーム構成が、男女混合チームで、男の子の足のステップ捌きがかなり凄かったです。あと、女の子のつけている羽が、赤色を混ぜた黒だったり、色の配色が目を惹きました。


20060913131507.jpg

20060913073947.jpg

20060913074005.jpg



全部見終わったあと、すっかりあたりは暗くなってたんですが、一緒に行った人が、「サンバいいね〜、ラテンのリズムいい!」って、言ってました。
もしかしたら、P-RAZILというところは、大学主体でもないところなので、来年ぐらい入って踊ってるかもしれませんね〜^^
そうなったら、ぜひ写真をいっぱい撮りましょう!動画も撮ってしまいましょう!衣裳も一緒に構想を練る事にしましょう!!楽しそうですw、ぜひ熱意を絶やさず、頑張っていただきたいものですね〜。
来年が楽しみです^^



もっと武蔵境の日記を読もうとおもう人は
この三鷹ブログ内の武蔵境カテゴリーへ


関連記事
Posted by lemon on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。