武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

伊豆下田旅行記まとめ|目次一覧


伊豆下田旅行記も記事数が多くなりました。一覧できる目次一覧ノINDEXを作りました。
お目当ての記事にすぐ飛べるようになりました。
よろしければご活用下さい。




6.png 下田・白浜 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

富士箱根国立公園 下田ロープウェー

下田ロープウェーに乗車して寝姿山自然公園を探訪しました。
前回、伊豆下田|寝姿山の愛染堂の和(なご)み玉 (02/16)を先に書いていましたが、続きです。
寝姿山の名前の由来は、女性の寝姿に似ているからだそうです。


寝姿山ロープウェー-010

ロープウェーの名前は〈Aizen あいぜん〉
愛染堂に、きっとちなんでます。



寝姿山ロープウェー-016

下田の町を眼下に見下ろし、ロープウェーは昇って行きます。


寝姿山ロープウェー-066

のんびりとしたいい雰囲気。
ゆったりと回って行きましょう。


寝姿山ロープウェー-025

以前の下田旅行「下田駅からペリーロードまで」で、本覚寺さんで見かけた珍しい植物が、ここにもありました。
説明によると、名前は、〈フウセントウワタ〉といい、ガガイモ科で原産地は南アフリカです。
数年越しの謎が解けてすっきりです。


寝姿山ロープウェー-114

水平線のゆるやかな丸さを感じながら、歩いて行きます。
海の広さをゆったりと感じることができました。


寝姿山ロープウェー-152  

また、別の場所では、下田の大自然や、町を一望することができました。


寝姿山ロープウェー-175

石割楠 いしわりくすのき(活力の楠)
岩を割り育つとは、根性があります。


寝姿山ロープウェー-058

連杖写真記念館
です。
地上でロープウェー乗車券と写真館が一緒になった券を購入していました。

下岡蓮杖さんは、日本の商業写真の元祖といわれてる人です。→(日記:下田公園)で、知った時から気になっていました。

写真が発明された当初からの写真機が並んでいました。
初期の写真機は、ほんとに大きくて驚きました。
現在のカメラよりデザイン性に優れたものもありました。
連杖写真記念館では、レトロなコスチュームをつけて記念写真を撮ることもできます。
(館内は、写真撮影禁止です)


寝姿山ロープウェー-062

(いかり)や、黒船を撃退するため海に向いている大砲も途中ありました。


寝姿山ロープウェー-174

ヒレナガニシキゴイ
。何の写真かわかりませんね。
日本の「錦鯉」とインドネシアの「ヒレナガゴイ」のかけあわせだそうです。


寝姿山ロープウェー-069

伊豆急稲取駅で見かけた赤石が、ここにもありました。
ロープウェーを待つ間、待ち合い所で飲食もでき、お土産も買えます。割引ありだそうです。
火山活動でできた石。なるほど。

→(日記:東伊豆旅行|伊豆稲取駅ホームの柑橘類に赤石に築城石 (02/11)

寝姿山ロープウェー-091

一階にも、お土産物のお店があって、黒船やカメラに関する展示がされています。
こちらも、割引ありです。

寝姿山ロープウェー、楽しめました。


パーツ|タイトル|小|関連リンク

下田ロープウェー
〒415-0035 静岡県下田市東本郷1-3-2

営業時間:09:00~17:00
往復乗車券:大人1,030円 小人510円
蓮杖写真記念館セット乗車券:大人1,300円 小人650円
(2015.12 訪問時)

下田ロープウェー公式


Category : 伊豆下田旅行
Tag : 伊豆 下田

6.png 下田・白浜 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)


Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

伊豆下田|寝姿山の愛染堂の和(なご)み玉

下田で寝姿山ロープウェーに乗車しました。
昨年の12月の伊豆旅行日記は、マイペースに続きます。

寝姿山ロープウェー-039

寝姿山愛染堂
法隆寺の夢殿の2/3の大きさのものです。


寝姿山ロープウェー-050

お参りしたあと、右手を見るとその〈和み玉〉がありました。


寝姿山ロープウェー-048

丸みのある石がよっつ。
〈和〉の文字が彫られています。


寝姿山ロープウェー-047

一人の時
和み玉を輪に通し岩に当てる

二人(夫婦・恋人・友達)の時
左右の輪に通して岩に当てる


寝姿山ロープウェー-057

難しそうです。
Rに「やってみる?」と持ちかけたところ「当たらないといやだから止めとく」とのこと。


このあと、休憩所でわたしがおみくじの機械にお金を入れたところ、おみくじが二枚でてきました。
一枚が〈吉〉で一枚が〈凶〉。
「こっちを貰ってあげる」とRが〈凶〉のおみくじを持ってってくれようとしましたが、
枝にくくって、もう一度、寝姿山愛染堂の前に戻り、よろしくお願いをしてきました。
この時以後、わりあいと仲良くやれてるので、良いように見守ってくださっているような気が、いま改めてしています。


パーツ|タイトル|小|関連リンク

Category : 伊豆下田旅行
Tag : 伊豆 下田

6.png 下田・白浜 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)


Posted by lemon on  | 2 comments  0 trackback

伊豆急下田駅のとんかつ一(はじめ)さんで、お昼ごはん。

前々回の日記の伊豆急稲取駅から、下田駅に移動してきて、とんかつ(一)さんでランチです。
Rが、食べログで探してきた地元で人気のお店です。

口コミをまとめてみると、
1. はじめてだと「ミックス定食」をお薦めされる。
2. ごはんが自動的に、手作りカレーがけになることがある。
3. ごはん・キャベツ・ナポリタンがお腹いっぱいになるまで追加してくれる。
4.  メニューには、女性子供用がある


行ってみると、実際にそうでした

「はじめて?じゃあミックス定食はどう?」  「!!!!!はい!(二人、声が揃う)」

とんかつ一-005

女性用ミックス定食
エビフライ ヒレカツ カニコロ 唐揚げ メンチカツ

洋食のおかずが色々と盛り沢山でうれしい!
しかも、フライも大きめのタマネギ入りの甘めのデミグラスソースがとてもおいしい!
ナポリタンもおいしい!
ボリュームに目が行きますが、お味もとてもおいしいです。


とんかつ一-008

男性用ミックス定食
メンチカツ カニコロ ヒレカツ 鳥の唐揚

こちらは、Rの男性用のミックス定食。
男性用は、特にボリュームがあります。
途中、おじさんが来て、話をしていると話している間に、ボールに入れたナポリタンがRのお皿に山盛り、追加投入。
目を丸くするR。


とんかつ一-001

最初にきたお味噌汁とごはんです。
ごはんが、自動的にカレーがけになっていました。
こちらもとてもおいしく、且つ、懐かしい何かを思い出す優しいお味でした。
おかわりを何回も聞かれました。


とんかつ一


とんかつ一さん。
「おなかを空かせたまま返しちゃならない!」という心意気が感じられる温かいお店でした。
おいしかったし、お店の方々と交わす会話もとても楽しかったです。



パーツ|タイトル|小|関連リンク


とんかつ 一(はじめ)
0558-22-6407
静岡県下田市東本郷1-13-1
食べログ とんかつ(一)さんの紹介




カテゴリー:伊豆下田旅行(38)






Posted by lemon on  | 2 comments  0 trackback

東伊豆旅行|伊豆稲取駅ホームの柑橘類に赤石に築城石

伊豆稲取駅が、東伊豆旅行の最寄り駅でした。

1-伊豆急稲取駅-027

なんと、ホームに柑橘類の樹木がたくさん!?
ニューサマーか!?と同行者Rと慌てていましたが、伊豆ではびっくりすることじゃないんでしょうか?
何か嬉しいんですけどね

1-伊豆急稲取駅-022

赤石(あかいし)
の展示
別名レッドジャスパー。ジャスパーとは、碧玉。酸化鉄で赤いものがレッド・ジャスパーです。
家にある鉱石見本のジャスパーは、白っぽい石。多彩な色が在ります。
パワーストーン。

12月始めなので、クリスマスの飾り付けがしてあります。

1-伊豆急稲取駅-019

今も残る江戸時代の石丁場について
江戸城をつくる時に発掘したことについての展示が駅前にありました。


2-伊豆急稲取駅-015

江戸へ向ける築城石を切り出し運ぶようす


1-伊豆急稲取駅-021

矢割りの様子
岩を割る時に楔を入れて分断するようです。

1-稲取の海辺の風景-051

前回の日記の稲取龍宮岬公園と海|東伊豆町  (02/10)にも、〈築城石〉について書かれた案内板がありました。


1-伊豆急稲取駅-014


伊豆國 築城石を切り出した西国大名たち


実はこれと同じ展示を、東京メトロの市ヶ谷駅でも見ました。

1-IMG_2378.jpg

「地下謎への招待状2015」|東京メトロに参加した時の問題中にありました。
東伊豆と東京江戸がつながったようで不思議な気分です。


次は、伊豆下田駅へと向かいました。


パーツ|タイトル|小|関連リンク

伊東園ホテル稲取 公式サイト
伊東園ホテル稲取 じゃらん

関連日記
東伊豆 稲取旅行|日の出ころの朝焼け (12/08)
伊東園ホテル稲取|東伊豆旅行 (01/28)

カテゴリー:東伊豆 稲取(8)




Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。