武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

My.B.D.2|さつまつげの櫛とベリーベリーティー

Kちゃんから、誕生日に〈さつまつげ(薩摩柘植)の櫛〉ベリーベリーティーを貰いました。

My:B:D:tsuge7

<さつまつげの櫛>
は浸かっていると、髪質が綺麗になっていくということ。
彼女の髪はサラサラとしていてとても綺麗なので、期待大です。


My:B:D:tsuge3

お互いに自分が使っていいと思っているものを贈り始めて何年か。
今年貰った〈さつまつげ(薩摩柘植)の櫛〉もとても嬉しいです。

私自身、長い髪なのに冬は大量の静電気、夏は海で塩水と直射日光と負担をかけてしまっているので、そろそろ髪を労って上げたい。
そんなところに柘植の櫛。なんてタイムリーなプレゼント。

家にある→MARKS & WEBのカエデ材の櫛ではアレンジできない髪型にもチャレンジ出来る!ふんわりとしか、といてなかった髪をまっすぐにサラサラとできるかも!とか希望が高まっています。


My:B:D:tsuge

包装も彼女がしてくれたとのこと。
とっても、かわいいです
和のハレの日の包装をありがとう。


My:B:D:tsuge4

お・ま・けと書かれたベリーベリーティー
選んでくれるお茶、和のも洋のもおいしいのでこちらも愉しみです☆
彼女気に入りのパッケージのラフなドローイングもよいですね。


My:B:D:tsuge5 

手紙の封筒が凝ったペンギンさんのシールもおかわいかったです。
BIRTHDAYの部分のシールが、封筒の口をとめていて可愛い且つ機能的だったりします。

長い間、友達でいてくれていてありがとう。
懐かしい話をして、これから一緒にいつかやる新しいことも夢見て、また一年、お互い頑張ろうね!という楽しい気分になれました。

ありがとうKちゃん!


  

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

My.B.D.1|MacBookPro & Flower's Photo

私の誕生日に、RからMacBookProのプレゼントを一、二日早く貰いました。

今回はそれと、毎朝、撮ってくれていた花の写真についての日記です。

MacBookPro02.jpg 

NoteBook型久々です。(メインはDeskTop型を使用ですが)
ノマドワーキングを気取り、表に持ち出すかはわかりませんが、以前のより薄いし軽い。

MacBookPro01.jpg 

Retinaの画面は綺麗で、タッチパッドやキーボードも、以前の物より格段使いやすくなりました。
まだ使い始めて一、二日ですが、手に馴染んできたような気がします。
よし、たくさん、使い込もう!


rflower01.jpg 

もう一つの話です。
昨年、Rが通勤中に、花の写真を毎朝、撮影して送ってくれていました。

rflower02.jpg

家から駅まで行くまでの間の写真です。
季節は6月〜8月頃、悲しんでいた気持ちも幾分か和らぎました。
時間がギリギリな時も送ってきてくれました。
「これは何という名前かな」と朝から両方で調べたりしていました。

MacBookProも花の写真もありがとう。
とても嬉しかったです。

関連リンク:



Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

京都からの風|小倉山荘 〈祝い歳時記〉


小倉山荘 祝い歳時記


おかきの吹き寄せです。
一つ一つが、香ばしかったり程よい甘みだったりして楽しめました。
 Rの会社の方が、京都に行ったお土産です。
小ぶりなおかきの一つ一つが可愛いです。

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

京都からの風|香老舗 松栄堂〈御題銘香 野〉

年が開けて、京都に住む友人のKちゃんから、
香老舗 松栄堂さんのお香が届けられました。
(本日、二つ目の日記です)

松栄堂のお香-005

袋の模様が〈聞香(もんこう)〉に見え、そうでないようで。
気にかかります。

やはり、お香に関係する文様なのでしょうか?


松栄堂のお香

平成29年の宮中歌会始めの御題「野」にちなんだお香です。


松栄堂のお香-001

〈御題銘香 野〉  絵・三輪晃久画伯


松栄堂のお香-004

『御題銘香・特選御題香について』
日本の伝統文化の源泉とも言える「短歌」。毎年1月に宮中で開催される「歌会始の儀」では、天皇陛下の御製、皇后陛下の御歌をはじめ、皇族方・召人・選者の短歌とともに国民より詠進より選ばれた歌が晴れやかに披講されます。松栄堂サイトより引用させていただきました。


松栄堂のお香-002

開くと、香しい薫りが漂います。


松栄堂のお香-003

祖母から貰った懐かしい匂い袋の薫りを思い出した。
香しい雅やかな京文化の風が吹き渡りました。


我が家はこのお正月は喪に服すべき時期です。
新年に神社さんでなく博物館に出向いたのもそういった訳です。

「華々しすぎることは避けたほうがいいんじゃないか」と言う考えが、何かをしようと考えるにつけ頭に過ります。

でも、友人から送られてきた香とお手紙を目にした時、
しめやかで、密やかでも、美しいものがあるんだなと、一息つくことができました。
ありがとうKちゃん。本当にうれしかったです。

以前にKちゃんから貰った時のお香の日記
違うお店ですが、両店に〈松〉の字が。松とお香は関係あるのか、気になります。

彼女は、日常的にお香を愉しむ暮らしをしていることは手紙から伺いしれるので、いつか京都に行った時にお香の話を聞いてみたいと思っています。


→ 香老舗 松栄堂

〒604-0857  京都市中京区烏丸通二条上ル東側
電話 / 075-212-5590


Tag : 京都
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

Rの金沢旅行のお土産

金沢へ主人が会社から旅行へ。
そういえば、北陸新幹線が開通したようですね。
さすが幹事さんタイムリーです。
わたしは家で留守番をしていたんですが、お土産を色々持ち帰ってきてくれました。

金沢旅行-030

上は清香室町のくるみ最中
下は加賀志きし本舗加藤晧陽堂の友禅麩焼き


金沢旅行02-001

加藤晧陽堂の友禅麩焼き 園の四季
しっとりとしてさくさく。
見かけもきれいでとても好みの味です。
「これ好きだよね」と言って買ってきてくれました。
きっといつか話したんだろうね。お寺で食べる麩菓子が好きといったかな。
麩焼き大好きです。


金沢旅行-028

加賀生麩処 茶庵(さあん)の麩万寿
試食をしてとても美味しかったので購入。
要冷蔵の冷たいこしあん入りの生麩万寿です。


金沢旅行-037

二重に笹の葉に包まれています。
良い薫りです。


金沢旅行-038

ツルンとした食感。
餅とは異なる生麩でできた生地がきめ細かく喉越しがとても良いお餅です。


金沢旅行-029

生麩専門の店 麩金(ふうかね) 小花麩/白玉 
お吸い物の花型のお麩を好きとRに何度か話していました。
実家ではよくお吸い物が麩入りでできました。
お吸い物をつくり浮かべるのが楽しみです。


金沢旅行02

同じく、生麩専門の店 麩金(ふうかね)

みそ汁最中 和 やわらぎ(右)
お椀の中に最中を割り入れ熱湯を注ぐと風味絶佳のお吸い物になるそうです。楽しみです。

乾燥麩(左)
調理方法を調べてみます。


金沢旅行-031 金沢旅行-027

源 特選ますのすし
帰りの新幹線で食べておいしかったからともうひとつお土産に。
結局、帰ってきた日の夕食に半分ずつ食べました。
通常のますすしより、少しますの厚さが分厚いようです。
富山ですね。


金沢旅行-032 金沢旅行-039

海鮮紀行のたことかにせんべい
知り合った頃に行った淡路島花博旅行の時に買ったたこせんべいがおいしくて旅先で見かけると何度も買ってくるたこせんべい。
広島産のようです。
たこせんべいは甘辛く、かにせんべいは香ばしく美味しかったです。

金沢のお土産はお麩が多いんでしょうか。
すこしずつ楽しみにいただきます。

Category:プレゼント・すーべにーる・懸賞


→amazonで金沢のお麩を。

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。