武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

江ノ島6 夕日とお弁当と欄干越しの夜の海

1江ノ島 - 311


江ノ島から見る夕暮れ
以前行った江ノ島スパの真下の砂浜から見る夕暮れ


江ノ島 - 340


水たまりに映り込んだ夕日


江ノ島 - 312


力強い夕暮れ
見ていると頻繁に魚が30センチくらい飛び上がります


江ノ島 - 306


急ごしらえのお弁当
お母さんがよくお弁当にいれてくれたタマゴ焼きとハムのおにぎり
タモさん式唐揚げのレシピ(つけ込み時間15分。衣はユルユル)を試したら唐揚げ味がついていない


江ノ島 - 302


この日の干潮は16時半頃だったかな
昼間はあった砂浜が今は水の中


江ノ島 - 332


水が至る所に満ちてきます


江ノ島 - 331


海と空の
色が時間と方角で千変万化していきます


江ノ島 - 351


どこか夢の中のよう


江ノ島 - 356


この通りが暮れてもいい感じ


江ノ島 - 358


だんだんと暮れて行きます


江ノ島 - 360


まだ人がたくさんいます


江ノ島 - 363


ゆらめくライトのあかり


江ノ島 - 367


竜宮城みたいな片瀬江ノ島駅の駅舎


江ノ島 - 369


まだ帰りたくない



数年前の江ノ島あそび日記
江ノ島あそび@江ノ島

6.png 湘南・鎌倉 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)





Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

江ノ島5 参道にあるお店

神社へのお参りも終わって
ここからは江ノ島の参道にあるお店です。

江ノ島 - 296


朱塗りの門の向こうにもお店がたくさんあります。
階段の下でさぼっていた私が映っている。
ウォーリーを探せ!


江ノ島 - 297


前回のまんじゅうに引き続き、今度はみたらし団子



江ノ島 - 298


焼いてたれをからめてあるので熱々です
江ノ島は買ってちょっと食べられるお店も多いですね



江ノ島 - 285


紅たこせん
パリパリとした食感
大きいたこせんを焼いて売ってるお店もありました



江ノ島 - 280


そして、なんとペットクラゲまで売っていました
見えにくいけど中に小さいくらげが入っていました
Rいわく水クラゲらしいです


マド貝の飾り

そして自分へのおみやげ
マド貝という貝の飾り
200円
お店の人に貝の名前を聞いたら
窓のように透けて向こう側が見えることが由来だそうです

堀江商店さんというお店には、この貝をつかったシャンデリアの外側や
別の白い貝ばかりで作られた天井から吊るす飾りがたくさんありました。
1200〜何万円かするものまでいろいろとありました。

欲しかったけど画鋲がうてない漆喰みたいな壁なので見合わせました。
部屋の中で飾り方を思いついたらまた検討しよう!



帰ってきて調べてみたら別名(カピスガイ)。台湾より南に生息する元々も丸い形をした二枚貝だそうです。
中国では古来、障子のようにはめ込んで使われていたそうです。

貝同士が触れ合うといい音がするので
この飾り、今はデスクの横だけど、夏になったら窓辺に吊るすのもいいかな。


絵図屋
 堀江商店さん

住所 : 藤沢市江の島1-4-17 江ノ島はいってすぐの青銅の鳥居の前
TEL : 0466-22-6768
FAX :
営業時間 : 8:00~19:00
定休日 : 不定休(お問い合わせ下さい)
アクセス :
駐車場 : なし
E-Mail : h_hiroko@cityfujisawa.ne.jp


6.png 湘南・鎌倉 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)



Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

江ノ島4 江ノ島の神様と神社とか羊羹とか

岩屋・稚児の浦・洞窟を後にして中村羊羹店さんで甘味をいただき島の周りをぐるっと回って
今度は復路弁財天さまのところまで向かいます。

江ノ島には神社やお寺がいくつもあるようです。
そして至る所に、龍神様と亀の神様がいました。



江ノ島 - 259


祠に龍神様が鎮座してます。
洞穴のような格好の上に竜宮大神が鎮座。
なかなかワイルドで好きです。
江ノ島は弁財天で有名ですが、元々は龍神が祀られていたそうです。



江ノ島 - 255


そして奥津宮。
晴れやかな白木の神社でした。大きなおしゃもじの文字も美麗。
ただこの前で記念写真撮るのはどうよR



江ノ島 - 258


八方睨みの亀
どの方向からみても視線が合うとか。
なかなか可愛いです。



江ノ島 - 267


手を清めるところにも亀が。
通常の神社だと龍神がポピュラーではないでしょうか。



江ノ島 - 266


WC(お手洗い)にある手を洗うところにも龍神の意匠が。
この写真はR撮影の男性用WCのものだけど女性用のほうでも外国人観光客の女性がぱちりとやっていました。
はじめ、何を撮ってるのかと思いましたが笑



江ノ島 - 273


食べかけの
創業110周年の中村屋羊羹店さんの古代 女夫饅頭

Rの白いのはこしあん
私の茶色いのは粒あん

1個100円。あつあつでほかほかしていておいしいです。
夫婦も、女が先なんだとか、古代ってつくと何か興味わくとか今中村屋さんのHPを見ながら思っています。

中村屋羊羹店のホームページ


江ノ島 海苔ようかん - 3


こっちは店名になっている海苔羊羹。
購入は二回目だけど前回は近所の方へのお土産だったので食べるのは初めてです。
ふわっと青海苔のいい香りがして白いんげんの餡の甘さを口の中に感じます。
ごはんに乗せるおかず的な海苔の味はしないのでご安心ください。
美味しい。



江ノ島 - 275


江ノ島花火大会の時にこの中村屋さんで教えてもらった島の周りをめぐる迂回道。
大きな貝殻の陳列が気になるお店の左側を抜けていきます。

考えてみたら、今回、花火の日でもないのになぜこちらを行ってしまったんだろう。
お店をもっと見たかったRにブーブーとブーイングを受けました。

あー、海がみえる



江ノ島 - 276


緑が濃い



江ノ島 - 282


この辺りでイメージ的には本道へ戻る赤い橋が見えます。
印象的な赤い橋です。



江ノ島 - 279


登らず直進して鳥居のとこまでやってきました。
そしてRは弁財天様のいる階段を上って行きました。
なんとなくこの建物は中国風に感じます。



江ノ島 - 288


そして弁財天さま
服装は大和風。日本書紀の神様のような印象です。
聖徳太子の子ども姿の時のような童子が従者としています。

階段を上らなかったけど写真で見ることができたよありがとうR


さて、次はおみやげ横町的な参道です。



Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

江ノ島3洞窟

江ノ島日記 今回は洞窟です。
少し間が空きましたが続きです。


さて岩屋(稚児の浦)の洞窟です。
二回目です。前回は夏で洞窟の中が外と違って空気がひやりとしていたのを覚えています。



江ノ島 - 111


与謝野晶子の句


江ノ島 - 116


沖つ風 吹けばたたく 蝋の灯に しづく散るなり 江の島の洞 晶子



江ノ島2012


江ノ島 洞窟 全体



江ノ島 - 洞窟入場料


入場料金 大人500円 子ども200円



江ノ島 - つり球


『つり球』というアニメのポスターが入り口横に。
江ノ島が舞台の高校生が釣りをするアニメみたいです。ノイタミナ枠。
『つり球』 公式ホームページ
現在2012.5.30時点で放送中

江ノ島 - 説明文

この写真は入ってすぐの説明パネルのあるところです。

江ノ島の紹介

江ノ島 - 龍神伝説 江ノ島 - 石像

龍神伝説                      岩屋の石像物

江ノ島 - 今昔パネル 江ノ島 - 昔 

江ノ島の今昔                     江ノ島の昔

(パネルのクリックすると写真は少し拡大されます)



「『江ノ島の昔』の頃に来たらもう一つ気分が盛り上がったね」とRにいうと
「廃墟趣味はやめなさい」と言われてしまいました。
廃墟って訳じゃなくてなんだか謎は多い方がいいだけです。

レトロな建物は大好きだけどさー
熱海の【起雲閣(きうんかく)】とか上田市のミシン針の工場とか
江戸東京博物園も府中市郷土の森博物館とかいいよね

↓例えばこの写真の左の方にある順路には入っていない入り口や道とか

江ノ島 - 岩穴


「謎な部分があればあるほど面白いだけなんだけどー」と反発
こう想像やイメージを広げられる余地があるのがいいんだよねー


と、まあ、反論したところで、気を取り直して




江ノ島 - 石


途中、石が積んであったり



江ノ島 - 灯り


ろうそくの明かりを一人ひとつ渡してもらったり



江ノ島 - 182


石像がたくさん



江ノ島 - 龍神様


龍神様がいたり


江ノ島 - 第二岩屋


もう一つの洞窟まで向かう橋を歩いたり



江ノ島 - スタンプ


記念スタンプを押したりしていました。



江ノ島 - 岩肌



立ち入り禁止のフェンスの向こう側に水が滲み出してのを写真でとったりしていました。
こんな場所もドキドキしていいな。


6.png 湘南・鎌倉 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)


Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

江ノ島2 岩屋/稚児の浦

前回に引き続き江ノ島です。
そんなこんなで岩屋、別名稚児の浦に到着です。

江ノ島 - 岩屋


到着したところすぐに大きな水たまり。



江ノ島 - 藤壷


そしてフジツボがどっちゃり。



江ノ島 - 杭のあったところ


これは生け簀(いけす)かな
横の方形の穴から海水が入るようになっています



江ノ島 - 蟹


蟹!!!!



江ノ島 - 100


至る所で、海の部分と陸(岩)の部分のせめぎ合い



江ノ島 - 099


細めの水路には勢いよく水が押し寄せます



江ノ島 - 水しみ出す


江ノ島の断崖側からも水が沁み出しています。
これは雨水が江ノ島に沁み込み、滲みだしているもの




江ノ島 - 088


海と岩

この場所は、原初の世界はこんなんだったんだろうかと想像を掻き立てます




次回は、岩屋の洞窟に入っていきます


6.png 湘南・鎌倉 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)


Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。