武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

熊本の地震

九州地方に何度も大きい地震が起こっています。
雨風も激しく、現地の方々はさぞ御苦難なことかと思われます。
怪我をされた方、亡くなられた方々、心からのお悔やみを申し上げます。
一日も、早い復興を願っています。

Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

打ち上げのこと、帰り道のこと

小林健二さん個展[土星夜〕のあと、Pesce(ペッシェ)さんで打ち上げこと私談。
色んな人に会うと色々自分を顧みます。そんな話です。
(前回の記事、あとがきが長くなったので区切って加筆しました。)

1-IMG_6942.jpg
写真は一昨日に見た雲一つない青空


打ち上げの最中、音楽を自分の中心に置いてる方々とRと一緒にテーブルと料理を囲んで話していました。
音楽で自分を表現することに、聴くこと中心のわたしは感心していました。

激しめのロックをやってきて今後ジャズに転向していこうという女性から「雰囲気が音楽やってそう」と言って貰ったけど、本当に聴くの専門です。Rに「子供の時やってたじゃんと云われましたがあれは習い事。鍵盤に触っていたのはほんの数年。年齢が一桁の頃。」詳しくもなくただ聴いてるのは大好きなんですけどね。

わたしは「油絵を趣味で」と答えてましたが、主題は本当は油絵以外。主題というか一番時間を割いていることは別。なぜ云えない。

Rから帰り道に「画家も他のことにしても生き方だから。健二さんみたいに有名で多くの人から認められてる芸術家じゃまだなくても、ずっと描いている生き方自体が画家だから、描いていたらそう名乗ってもいい。名刺に入れても言いし、というか入れてる人いる。」と。
主題も続けて形になってこれば、いつか人にも云えるのかな。

コツコツと作り続けているものも、まだまだ道のりが長く。
仕事=対価と最初の会社にいる時から身に付いている私にはなかなかつらい状態です。
気がつくと、楽しいしすぐに結果が出て来るTEA FOR OURS.や他のサイトを作ってたり、ブログ書いてたり、命題から逃げちゃ駄目だ自分、と二重、三重に実感しました。

みんな自分の好きなことというか、選んだ道だから続けてるんだなとも。
それに、いつも小林健二さんの個展で感じたことは、一月以上後に自分の中でやっと咀嚼できるんだなとも気づきました。

打ち上げでの話をもう一つ。楽しい時間も過ぎて10時頃?「明日、六時に起きて主人を送り出しますので、ここで二人失礼します!」と申し出ると「六時起き?それなら朝まで起きてればいい」と小林健二さん。
その言葉に「なるほど」とかなり納得してしまいましたが、後ろ髪をかなり引かれながらも、他の皆さんより先に失礼しました。

最後にRは健二さんに握手してもらってました。一緒に撮った写真もなんかかなり親しそう。
しかし、明日のことを気にして帰るとか言い出すって、わたしもつまんない人間になってしまったなとちょっと自己嫌悪です。

しかも帰り道にRに「いい雰囲気でしょ。みんな優しいっていうか。わたし、あそこで自分が〝小僧〟みたいな気分でいられるから嬉しい」と訳のわからないことを言い出す始末。

「〝小僧〟っていうのは磯野カツヲみたいな感じなんだけど」と更にわたし。
「いつも〝小僧〟みたいな感じじゃん」とR。
(え、そんなイメージ持ってたの?驚愕)

自分でも〝小僧〟ていうのが何かわからないけど、とりあえず参加するといつも楽しいのです。


Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

お盆の頃に思うこと

お久しぶりです。
「夏もそろそろ終わりかな」
とかいうお話をし始める頃合いかなと思われます。

かき氷

家のかき氷です。Rの抹茶をかけて小豆とみぞれシロップ。
スイカを食べていないうちに、お店には梨が並び始めました。

お仏壇

お盆にはご先祖様方々、各人の好きそうなものをお供えしてみました。
気持ちは込めてるつもりだけど並べ方に美意識が欠如しています。

ここ数年、仕事関係や親戚のお世話になった方々が幾人も逝かれました。
愛犬のボンチャンも、子供の頃からお気に入りの映画俳優さん達も。

「それでも過去の言葉や想い出は消えない」

を訃報の受け止める時の心構えとしていますがなかなか辛くもあります。
もっと話やアドバイスを聞かせて欲しかったと思う方々でした。
逆に母方の親戚の問題は消えず辛く気持ちが上がったり下がったりする毎日です。
この一件のせいか、強引に押し切られたり丸め込まれることに、過剰に嫌悪感と恐怖感を持つようになりました。
いつから心に闇を背負いこんだんだろうかと苦しくなってみたりしていました。

世の無情を感じ入ります。

不安定ながらも、何とか日々を送る毎日です。
いまだに自分がよくわかりません。
チグハグです。

人とも楽しくやりたい。
落ち込んでも、また明日はある。
くらいの気分で歩んで行こうとは決めてはいます。
元気なときはめちゃくちゃ元気なんですけどね。

辛い気持ちを抱え込むことこそが、生きたまま地獄にいるようなものです。
受けた悪意は、相手に全て吹き飛ばして送り返す気持ちでいると、すぐ平気になります。

「故人は戻らないけど、記憶は消えない」もう一度、心にとめて、
引き続き、周りの人に感謝の気持ちをもって過ごしていきましょう。
具体的にどうできるという訳ではありませんが。


カテゴリー:近況、思考、雑多にいろいろ


Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

二重虹(ふたえにじ、ダブルレインボー)@東京

1-IMG_5684.jpg

2015年7月18日(土)の午後18時58分頃東京都小金井市


空に二重虹(ふたえにじ、ダブルレインボー)!
二重虹は、見ると幸福が二重に来るという瑞兆です。

Rと駅まで歩いていく時に見ました。
大きくて虹の全体像は写真に入りきりませんでした。

前に「環水平アーク」や「幻日」を見た時も思いましたが、気象の神秘に遭遇すると何か嬉しいです。
東京一円で見られたそうです。地震とかじゃなくて瑞兆となりますように。


Tag : 気象
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

インテリアと雑貨で少しずつ心地のいい部屋に。


カーテン


引っ越したときに引き続き、最近も主人のRと雑貨屋さん巡りをして
部屋の中を居心地が増すように改良中です

nana's green teaで一休みした後、同じ建物にある
salut!で花と鳥をちりばめた写真のカーテンを購入。
このカーテンも気に入っています


ランプ


頭上のランプは薔薇と鳥のオブジェ
R制作

右手は私の本棚
その左には移っていないけどIKEAで手に入れた1メートル少しある大きな葉のひさしがあります。
IKEA  イケア 葉っぱみたいなひさし(ベッドキャノピー)


天井には夜の暗闇に光る蛍光シールの星が貼ってあります

R曰く「目が悪くて遠くの夜空の星はあまり見えないから、部屋に星を貼って、星を見る!」



カーテン2


寝室も少し前に手に入れた別の鳥と花のカーテンです
手前は朝一番にベットで食べるケーキ(あぁ、自堕落です 笑)



大人二人、気を使う相手もいないので
部屋には好きなものを置いています

一時期、部屋も服装も行動もブログも
年相応の落ち着いたスタンダードなほうへ意識して
舵取りをしていこうかと思うときも実はありました
案外、疲れました



雑貨 - 17


昨年、夏頃に買った雑貨と食器
奥のランタンが私
手前のガラスの蓋つきのがRの選んだものです


雑貨 - 25 


キャンドルを入れ火をつけたところ
かき氷のガラス器はお母さんが昔選んだもの


雑貨 - 32


クランベリーとレーズン
家で作業中食べてて、とRが机の上に置いてくれました




きっと年相応の落ち着いたというのとは逆方向へ進んでいますが
二人ともが居心地が良ければ何でもそれで良しとしようと思うと楽になりました

好きな方向に進んで少しずつでも好きなものを素直に愛でて選べて
喜べるように洗練されていけばいいなと今はシンプルに考えています

きっと自由なのが一番です
近頃は互いの趣味に寛容になって認め合えるようになったし
主人のRはわたしより自分の好きなものについてはきっと自由です
私にもいい影響があればいいなと思っています





Tag : 雑貨 部屋
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。