武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

伊豆旅行につきものニューサマーオレンジあれこれ。

伊豆名産にニューサマーオレンジという果物があります。
日向夏とも呼ばれてきた果物です。

伊豆地方に旅行に行くと、様々なニューサマーを用いたものに出会います。
今回も、何点か試してみました。

new-summer_3544.jpg

俺っち!伊豆流儀
ふるーつビネガー

→「稲取若旦那三人衆」の開発商品とのこと。

箱を開けると、個性的なパッケージ。
ニューサマーのいい香りと風味のするお酢です。
爽やかでいいです。
もう既に飲みきってしまいました笑

・お水や炭酸で割って飲む。
・ドレッシングに。


new-summer_3569.jpg

ニューサマージャム

マーマレードや柚子ジャムより甘さ控えめ。
すっきりとしていて香りもいいジャムです。


izu-daihunyu_3047.jpg  

伊豆ニューサマーサイダー
昨日の日記に書いた柑橘類の炭酸ジュース。
フルーティーですっきりです。


伊豆 - 0296伊豆 - 0306

さらに、以前の伊豆旅行中にも、ニューサマーアイスを食べていました。


1-伊豆急稲取駅-027

そして、稲取駅には、ホームにニューサマーらしき柑橘類が!!!
東伊豆旅行|伊豆稲取駅ホームの柑橘類に赤石に築城石

伊豆旅行にニューサマーオレンジはつきものと言っても過言ではありません笑




関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

稲取龍宮岬公園と海|東伊豆町 

伊豆稲取の旅行日記の続きです。
稲取龍宮岬公園を散歩して眺めた海についてです。

公園は、宿泊した伊東園稲取ホテルのすぐ裏手です。
灯台とどんつく神社と展望台、海神神社から浜辺に続く遊歩道があります。

1-稲取の海辺の風景-162

灯台
です。
朝食を終え、再び見たときは、青い空に白く映えていました。
7時頃に散歩に来たときは、朝焼けに赤く染まっていました。

東伊豆 稲取旅行|日の出ころの朝焼け


1-稲取の海辺の風景-029

〈稲取龍宮岬公園〉の地図です。
中央のグレイ色の建物が、宿泊した伊東園稲取ホテルです。


1-稲取の海辺の風景-025

どんくつ神社
です。


1-稲取の海辺の風景-150

〈どんくつ祭り〉の由来


1-稲取の海辺の風景-049

〈愛恋岬〉として唄に歌われています。


1-稲取の海辺の風景-044

愛恋岬からの眺め
です。


1-稲取の海辺の風景-098

気持ちの良い場所です。


1-稲取の海辺の風景-040

〈東伊豆町より眺める伊豆七島〉



1-稲取の海辺の風景-068

展望台からの眺めです。
海の水平線に見えているのは、利島です。


1-稲取の海辺の風景-072

三宅島と新島でしょうか。

三嶋大神が、伊豆の島々を創世していった神話。
とてもロマンを感じます。


1-稲取の海辺の風景-051

〈築城石〉の説明です。
江戸城築城のために、切り出された四百年前の築城石が、船の転覆などで、この海に沈んでいるということなどが書かれていました。



この旅行に先だって参加したナゾトキ街歩きゲーム「地下謎への招待状2015」|東京メトロ←Blog日記|の時に
東京でこの築城石に関する問題が出ていました。
日頃から、符号の一致を喜んでいるRとわたしですが、
旅先での意識をしない、ふとした符号の一致はさらに楽しいものです。


1-稲取の海辺の風景-107

山側には、風力発電や遊園地に鳥のかたちの木立に富士山?


1-稲取の海辺の風景-171

漁から帰ってきた船。


1-稲取の海辺の風景-167

龍宮神社へ。


1-稲取の海辺の風景-184

海岸へ降りて行く階段です。


1-稲取の海辺の風景-315

龍宮神社の鳥居から。


1-稲取の海辺の風景-192

鉱石のような海面の波の様子


1-稲取の海辺の風景-204

太陽が龍の瞳のように見えます。が帯が重なるように続きます。


1-稲取の海辺の風景-283

数ヶ月ぶりに見る波の動きにも心を奪われます。


1-稲取の海辺の風景-352

12月初め、少し寒かったけど、海の様子を余すところなくみたいという気持ちで、さらに浜辺に降りて行きました。


1-稲取の海辺の風景-359

大島と波打ち際とススキ


1-稲取の海辺の風景-360

伊豆の冬の海の色を改めて、綺麗だと感じていました。


1-稲取の海辺の風景-289

伊豆諸島に向かって道が踏みしだかれているように思いました。



パーツ|タイトル|小|関連リンク

伊東園ホテル稲取 公式サイト
伊東園ホテル稲取 じゃらん

関連日記
東伊豆 稲取旅行|日の出ころの朝焼け (12/08)
伊東園ホテル稲取|東伊豆旅行 (01/28)

カテゴリー:東伊豆 稲取(8)




関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

朝食ブッフェ/バイキング|伊東園ホテル稲取

伊東園ホテル稲取の朝食ブッフェというか朝食バイキングです。
夕食と同じように色々と並んでいます。


3-伊東園稲取ホテル朝食-024

湯豆腐やハム。

2-伊東園稲取ホテル朝食-023

この辺りは洋風。

1-伊東園稲取ホテル朝食-022

この辺りは、和風。

4-伊東園稲取ホテル朝食-025

巨大せいろに入った焼売
Rにふたを持ち上げて中を見せてと頼んだところ、他のひとも中を除き込んでいました。
おいしかったです。

1-伊東園稲取ホテル朝食-017

あさりがたくさんのおつゆや、納豆が並ぶRのお皿です。

1-伊東園稲取ホテル朝食-002

魚や、好物のひじき煮や切り干し大根が並ぶわたしのお皿です。

1-伊東園稲取ホテル朝食-003

おいしいお味噌汁。

2-伊東園稲取ホテル朝食-018

クロワッサンや、食パン、ベーグル。
トースターが備え付けてありました。

1-伊東園稲取ホテル朝食-005

〈伊豆のジャム〉の〈オレンジ〉をつけていただきました。
〈ストロベリー〉をありました。



1-伊東園稲取ホテル朝食-020

フルーツカクテルやヨーグルト。
グレープフルーツもありました。

1-伊東園稲取ホテル朝食-008

さっぱりとおいしいです。

1-伊東園稲取ホテル朝食-011

会場のようすです。ここにも〈つるし雛〉がありました。
夜のブッフェは席が決まっていますが、朝のブッフェは銘々好きな場所をえらぶことができました。

朝からおいしい朝ご飯で、エネルギーを充填することができました。



パーツ|タイトル|小|関連リンク

伊東園ホテル稲取の日記
伊東園ホテル稲取 ホテルとお部屋
ホテルブッフェ
朝食ブッフェ/バイキング

伊東園ホテル稲取 公式サイトで詳細とホテル予約
伊東園ホテル稲取 じゃらんで詳細と予約


カテゴリー:東伊豆 稲取(8)






関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

ホテルブッフェ|伊東園ホテル稲取

伊東園ホテル稲取の夕食バイキングの日記です。→前回前々回の日記。
昨年12月初頭ころに、R発起人で「冬だし蟹と温泉に行こう!」と行った伊豆稲取温泉郷への旅行の夕食です。
〈本ずわい蟹・紅すわい蟹の食べ比べフェア〉〈せいろ蒸しフェア〉の期間中でした。

1-伊東園稲取ホテル夕食-002

〈せいろ蒸し〉
アサリにチマキに餡がかかった白身のお魚。


1-伊東園稲取ホテル夕食-005

〈本ずわい蟹・紅すわい蟹の食べ比べ〉
お寿司や蟹に果物などなど、あれやこれやと、いただきました。
蟹はやはり人気でした。Rも何皿か取りに行っていました。


2-伊東園稲取ホテル夕食-006

料理は、写真のコチラ側と、背中側に、蟹やお寿司などが、ちょうど倍くらい並んでいました。

せいろ蒸しと並んでおいしかったのが、お魚のたくさん入ったお味噌汁。
とても大きいお鍋に入っていました。
〈あら汁〉、〈磯汁〉、〈漁師汁〉、そんな名前が似つかわしい具沢山の〈海鮮汁〉が、お魚の旨味成分が、よいお出汁となって、体もじんわりと暖まり、とても美味しかったです。

現在は、上記の〈本ずわい蟹・紅すわい蟹の食べ比べフェア〉が続き、せいろ蒸しに変わり、〈海鮮鍋フェア〉と〈地酒フェア〉が、2016年3月18日まで続きます。

パーツ|タイトル|小|関連リンク

伊東園ホテル稲取の日記
伊東園ホテル稲取 ホテルとお部屋
ホテルブッフェ
朝食ブッフェ/バイキング

伊東園ホテル稲取 公式サイトで詳細とホテル予約
伊東園ホテル稲取 じゃらんで詳細と予約


カテゴリー:東伊豆 稲取(8)



関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

伊東園ホテル稲取ホテルとお部屋|東伊豆旅行

伊東園ホテル稲取に、残り一室を押さえて泊まった年末の稲取への旅行。
またゆるゆると再開させていただきます。
東伊豆 稲取旅行|日の出ころの朝焼けのつづきです。


1-稲取の海辺の風景-114

海の傍のホテルです。
すぐ近くに灯台があったり、神社があったりします。

1-稲取ホテル-034

ホテルの正面です。
行き帰りは、稲取駅までホテルのバスで送迎して貰えました。

1-IMG_8245-002.jpg

正面玄関には、天井から、〈吊るし雛〉が吊られていました。

1-IMG_8246.jpg

幾種類もの凝った縮緬の着物の生地で作られた可愛らしい人形です。
伊豆各地のお土産物屋さんでも、小さいものがお土産物用に売られていました。
一つ一つのかたちに女児の祝福を願う内容の意味があります。

1-稲取ホテル-027

ロビーです。
窓と反対側は、受付と、お土産物ショップ
そういえば、ホテルの方に、部屋に忘れたWiMAXの機器を、ご親切に家まで送っていただきました。
そのほかのことも併せ真心のこもったサービスをありがとうございました。

右手側の壁には、浴衣の棚があり、男女ともサイズと柄を選べます。


1-稲取ホテル-030

ラウンジです。卓球台や、カラオケや、ゲーム機があります。
他に10人~入れる個室のカラオケルームが2つほどあり、温泉と探検と食事の間にRと歌っていました。
そして、卓球も。勝ちました。卓球。


1-稲取ホテル-010


お部屋です。左手側に窓があり、後ろ側にトイレや洗面台があります。
カゴの中に、タオルとともに、浴衣の上に羽織る丹前が入っていたので着用していました。


1-稲取ホテル-013

ウェルカムお菓子がテーブルにたくさんありました!


稲取ホテル-015

手前の栗しぐれがとてもおいしくて、ホテルの一階のお土産物屋さんで購入となりました。


ホテルの温泉は、大浴場2つを、露天風呂が2つあります。
一日交代で、男・女が入れ替わります。
どのお風呂も気持ちよく、結局、二日間の間に、計4回入りました。
Rは計5回です。
稲取温泉の湯質と、浴場に置いてあるピーリングなどを試したRの顔が、剥いたゆで卵のようにつるっとしたのを覚えています。

お風呂や、他の写真(ホテル稲取公式ページ)


1-稲取の海辺の風景

ホテルから観た街のようす。

斜面に二棟の建物が、建っているので、お風呂や部屋に行くのに渡り廊下を使います。
移動が楽しかったり、ホテル内や外を探検気分で歩いていました。

稲取は、海辺の街らしい、温泉のある街らしい風情です。
食事や、海辺の探索。それに二日目の旅行については、また次回以降の日記とさせていただきます。



パーツ|タイトル|小|関連リンク

伊東園ホテル稲取の日記
伊東園ホテル稲取 ホテルとお部屋
ホテルブッフェ
朝食ブッフェ/バイキング

伊東園ホテル稲取 公式サイトで詳細とホテル予約
伊東園ホテル稲取 じゃらんで詳細と予約


カテゴリー:東伊豆 稲取(8)

関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。