武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

河津七滝、滝めぐり|伊豆ジオパーク

河津七滝(こうずななだる)に伊豆下田海水浴旅行の最後に寄りました。
長めの夏休みとったのか!というくらいブログに間が空き申し訳ありませんでした。

nanadaru_3258(1).jpg

は存分に堪能したので今度は山です!山というか森の中です。
写真点数多めで、伊豆ジオパークの一つ河津七滝をご紹介させていただきます。


nanadaru_3091.jpg

水垂(みずだれ)バス停で降りて歩いて行く下りコースを選択しました。
観光協会も降るコースを推奨してるそうです。


nanadaru_3070.jpg 

苔むすトンネルも夏らしくよい雰囲気。


nanadaru_4026.jpg

宗太郎杉並木の間を歩いて行きます。明治10年に植えられた樹齢140年以上の杉並木です。
自販機は、コース最後までなかったのでここでお茶など購入しておくのがいいと思います。


nanadaru_4047.jpg

とても急な階段。
大噴湯公園前のバス停でバス待ち中に履物が壊れ、マリンシューズに履き替えていました。
却ってよかった。


nanadaru_3169-2.jpg
nanadaru_3163.jpg

猿田淵 
釣りの名人の猿田彦が、主のヤマメを釣り上げたという逸話が残っています。
アマノウズメと夫婦の猿田彦。近畿に伝説が多くありますが、こちらにも。


nanadaru_3126.jpg

右手にある上流が気になり、行って見ました。
木漏れ日が差し込む素敵な場所を見ることができました。


nanadaru_3148.jpg

大量の澄んだ水。
「何故、碧いのかな?」とR。
「鉱石のように、そういった成分が岩に含まれているからかな(自信ない)」
何でも聞かないでください笑。
自問自答か、ディスカッション形式なのもしれないけど、Rはなんでもよく問いかけてきます。
たまに問いかけに焦ることもあります
頭の運動になっていいのかな。


nanadaru_3154.jpg 

不思議な形の岩。
火山が流れた跡に、川ができてこのような形状になっているようです。


nanadaru_4039.jpg

綺麗でずっと見ていたいです。


nanadaru_3173.jpg
nanadaru_3174.jpg

滝々段々橋(だるだるだんだんばし)

右の柱に日本語標記。左に英語。
渡りきると、漢字標記で橋の名前が標記されていました。

吊り橋で、歩くとけっこう橋自体が、波打ちます。


nanadaru_3176-2.jpg 

またもや、階段。
木の枝と枝の間を歩くような不思議な感覚にとらわれました。


nanadaru_4050.jpg

右手に最初の滝が見えてきました!


nanadaru_3222.jpg

釜滝
高さ12m。幅2m。




少し離れたところからも滝見のスポットがありました。


nanadaru_3238.jpg

踊子歩道案内図

   
nanadaru-2_3265.jpg

柱状節理
岩石中に発達する五角形ないし六角形の柱状の割れ目です。

海外のものは写真でみたことがありますが、国内にもこれだけしっかりしたものがあるんですね。
久米島の亀石も育てばこうなったりしてとか、思い出していました。


nanadaru_3277.jpg

蝦滝(えびだる)
一番、古い年上の滝

nanadaru_3285-2.jpg

河津踊子滝見橋
上がってくる人とすれ違う。昇りコースは大変そう。


nanadaru_3297.jpg

蛇滝貯水場
いい味出しています。
レトロな水道関係の設備とか見るの大好きです。
蹴上げ浄水場のもいいですよ。


nanadaru_3300.jpg

蛇の鱗に見える玄武岩のを水が流れます。


nanadaru_3329.jpg
nanadaru_3322.jpg

蛇滝(へびだる)
厳かな空気が流れています。


nanadaru_3325.jpg

犬枇杷
犬が好きな枇杷なのかと思いきや、枇杷ににて食べられるけど、枇杷より美味しくないから犬枇杷らしいです。犬にでもやっとけって話?ひどい。
イヌビワ→Wiki


nanadaru_3337.jpg

蛇滝のねじれ柱状節理


nanadaru_3339.jpg

しなる扇子のようです。


nanadaru_3350.jpg       

足水処という看板がある辺り。
水はものすごく冷たいです。


nanadaru_3352.jpg

京都南禅寺の水路閣の上を思い出す川に沿って流れる水路。


nanadaru_3391.jpg nanadaru_3395.jpg

初景滝


 nanadaru_3363.jpg

かつて水の流れていた岩盤


nanadaru_3386.jpg

天城越えの石像
演歌の天城越えの歌詞が情念の世界で怖いですが、原典はいかほどのものかいつか読んで見ようかと思っています。
川端康成の「伊豆の踊子」に松本清張の「天城越え」。この天城峠が舞台です。


nanadaru_3388.jpg

風鈴が涼しげです。


 nanadaru_3402.jpg

身近で見ることができる滝。


nanadaru_3407.jpg

初景滝から昇って行くコースもあり。
宿をとってる人は往復するか帰りはバスかってとこでしょう。
所要時間は、片道三十分とも一時間とも書かれています。


nanadaru_3416.jpg

見事な柱状節理。


nanadaru_3374.jpg 

右下に湧き水あり。
竹の節と枝を使った風流な柄杓。
達磨と招き猫の置物も上部に置かれていました。


nanadaru-2_3356.jpg nanadaru_3444.jpg

テクテクと歩きます。
涼しいし、夏の避暑地に良い場所ですね。


nanadaru_3457.jpg

本当に蛇や竜のうろこのようです。


nanadaru_3433.jpg

大願成就の岩

大岩の上のしめ縄の中に小石を投げて入れば願いが叶うそうです。

他にも巨岩が並びます。
R「岩はどこからきたの?」
私「噴火か。上流から流れてきたとか?(自信ない)他の場所でそういうのを読んだよ?」


nanadaru_3468.jpg

お手洗いです。


nanadaru_4087.jpg

実はこの小水力発電施設で電気を賄っています。


nanadaru-2_3473.jpg

お手洗いの前に貼ってあった滝めぐりのちらし。


nanadaru_3460.jpg

ベンチに座って、お菓子。
ホテル伊豆急さんのお部屋のお菓子。
あまなつのゼリー。


nanadaru_3466.jpg

武蔵野からもっていった青木屋さんの「かちがらす万頭」
とてもおいしい。

電灯が見つけられなかった川辺で日が暮れてしまう心配もしていましたが、建物のある場所まで戻ってきました。そんな思いをしたのは、鞍馬山を山越えして貴船へ父と歩いた時以来です。


nanadaru_3503.jpg

大滝へ向かう大滝遊歩道は整備工事中で、残念ながら大滝を見ることはできませんでした。
*旅行後の2017年8月3日より全面開通。六年ぶりに河津七滝が見られるようになったようです。


nanadaru_3481.jpg

滝のそばには、七福神とスタンプラリーが。
スタンプラリーはRが会社へのお土産の箱の裏に。
各七福神の写真は私が撮っていました。


nanadaru_3510.jpg 

りばてぃ・リゾ・音AMAGISO(旧:天城荘)
露天風呂から大滝を見ることができるそうです。
宿泊できるかRが聞いて見ましたが、満室でした。
立ち寄り湯を訪ねる別の旅行グループの方々もいました。
外湯も時間切れに。残念。


nanadaru_3499.jpg

河津七滝は、初景滝を更に降りたところに宿泊施設や、食事や、甘味のお店がたくさんあるようです。しかし、行った時には、お店はもうしまっていました。
この辺でもう一泊する?というRの提案に、ホテル予約サイトで検索かけたり、直に天城荘も含め、三つの宿泊場にRが聞いてくれましたが、もう満室でした。
またいつか来ることにして、東京に帰ろう!


nanadaru_3504.jpg

大滝入口バス停
他のバス停で終バスが出てしまっていたのに、「何故かこのバス停にはまだバスがある気がする!」と確信して時刻表を見に行ったらバス最終、一本だけありました。タクシーを呼ぶことも考えていたんですがよかったです。

河津七滝ループ橋(右後方)
奥に見える螺旋状の道路の高低差役75m。二回旋回する間、大パノラマが河津駅からのバスの行き帰りに楽しめました。

河津七滝、Rの当日の思いつきで、訪れた場所でしたが、とても楽しかったです。
伊豆のジオパークにはこれまで知らない自然風景をみることができるダイナミックな場所でした。


パーツ|タイトル|小|関連リンク


Category : 伊豆旅行(下田、稲取)

河津・今井浜の宿の予約

関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

東京八丁堀から付近を散策。

→ドーミーイン東京八丁堀さんに泊まった翌日、付近を散策してみました。

八丁堀 2017-01-03 11-005

ホテルの真横に流れる川です。
ここから出発です。


八丁堀 2017-01-03 11-12

橋と川が縦横無尽につながり、枝分かれ結びついています。


八丁堀 2017-01-03 11-013

ゲートブリッジ。


八丁堀 2017-01-03 11-016

渡り鳥が川面に何羽も。
冬使用で膨らんで丸っこいのも等間隔を保っているとことも壷にはいってかわいいです。


八丁堀 2017-01-03 11-21

カッコいい扉だなと思い、写真をぱしゃり。
この扉以外の建物の部分も素敵でした。


八丁堀 2017-01-03 11-23

ここも、乗船場所。


八丁堀 2017-01-03 11-024

また大きな橋。

歩いて、月島か築地場外市場か晴海埠頭に行こうかなと思っていたんですが、
月島も築地も新年は一月六日くらいからのお店を開けるんですね。

そういえば、昔は百貨店やお店もお正月はなかなか開かなかった、と思い出し、この日は家に帰ってゆっくりしました。






関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

亀島温泉 新川の湯|ドーミーイン dormy inn 東京八丁堀

ドーミーイン dommy inn 東京八丁堀さんへ上野の博物館のあとに行きました。
亀島温泉 新川の湯という天然大浴場が館内にあります。
昨年2016年12月にリニューアルしたホテルです。

ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 19-007

モダンで柔らかい玄関です。


ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 19-001

八丁堀 2017-01-03 11-06

川沿いにあるホテルです。


ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 19-013

部屋のご紹介。何種類かあるので宿泊した部屋は一例です。
ベッドはシモンズ製。枕は低反発か羽根枕を選べます。
黒い袋はブランケットが入っています。
ベッド左は、プラズマクラスター。ベッド左のドアはシャワー室とトイレでした。



IMG_6784.jpg

枕元の窓から見える景色。
夜のライトアップもなかなかでした。


ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 19-19

洗面台の前のテーブル


IMG_6801.jpg

こちらの洗面台の横の窓から見える景色。
水辺にあるホテルです。
東京八丁堀。以前、Eボートに載るイベントに最初に参加した時、たしか東京八丁堀から川に降り出発しました。→Eボート漕いで来ましたよ~^^@東京の水辺


ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 19-023

洗面台には、シックなアメニティ。


ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 19-18

テレビとデスク。


ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 20-044

テレビには通常のテレビ番組とドーミーインチェーンの国内外の紹介。
温泉のリアルタイムの混み具合が表示されます。


 ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 20-43

ランドリーの稼働状況も部屋にいて知ることができます。


ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 20-049

この紙はさみの中にWifiのIDとパスほか。
部屋のカードキーは二枚あり、とても便利に使わせてもらいました。
お風呂に浸かったあと、銘々部屋に戻ってゆっくりできるのがいいですね。


 ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 20-54

部屋には、館内着やタオルやバスタオル。
大浴場、外気浴風呂(女性は外気浴壺風呂)、サウナがありますが、部屋にもシャワーがあります。
温泉の写真

天然温泉は、 15:00~翌10:00。
Rは、着いて早々、夜中、朝と三回。
私は、一回だけですが、海の中の海藻にでもなった気分で二時間くらい入っていました。
天然温泉大浴場が温度は低めで二人とも意見一致でとても良かったです。


ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 22-39

夜鳴きそばのサービス
21:30−23:00
夜中にもらう夜食。楽しいです。


ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 20-11

ケーキは、Rお気に入りの上野のドンレミー・アウトレットで買ってきたもの。
ウェルカムドリンクのコーナーで、コーヒーやほうじ茶を貰ってきて一緒に食べました。


ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 20-52

これも上野駅の百貨店で買った玉子かに
お腹が空かないので、夕飯はこんな感じでした。
博物館とか絵を観に行った日は不思議とお腹が空きません。


ドーミーイン東京八丁堀 2017-01-02 23-03

漫画本や絵本のコーナー
が5階にあったので、絵本を借りてきて部屋のベッドで読んでいました。
年末年始は、どこへも行かないつもりだったんですが、年末、個人的には無理したつもりで、Rも仕事が忙しかったので体が疲労していて、温泉で体を温めたくて〈東京〉〈温泉〉〈直前予約〉で検索してさがして決めました。

以前、→青春18きっぷ紀行 ドーミーイン 津 の時に利用したホテルチェーンです。
その時もよかったのでまた利用してみました。

朝食も選べる小鉢が多く、良かったです。
長くなってきたので朝食は、また次回にさせていただきます。
ドーミーイン 東京八丁堀のモーニングブッフェ (01/06)
 
関連リンク
□ 亀島川温泉 新川の湯 ドーミーイン東京八丁堀 を予約する。

関連ブログ

関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

秋の野川でカモと親しむ|小金井市

10月の終わり頃、野川散策をしてカモを見てきました。

野川散策と鴨 2016-10-23 11-28

渡り鳥です。秋になると毎年渡ってきています。
少し調べてみるとロシアのほうから飛んできているみたいです。


野川散策と鴨 2016-10-23 11-019

生い茂った草木の合間を二羽づつ泳いでいます。
たまに流れに流されてたりもします💦

野川散策と鴨 2016-10-23 11-10

愛くるしい。
顔の横に青いラインがあるカモやないカモなど数種いました。


野川散策と鴨 2016-10-23 11-16

ススキも高くそびえ立ち、


野川散策と花梨 2016-10-23 12-026

花梨はたわわに実っています。


野川散策と花梨 2016-10-23 12-23

花梨の実はバラ科の樹木になる果物です
林檎や梨や桃や苺やさくらんぼも全てバラ科に属しています。
その中でも花梨は碧林檎や梨に近い見た目をしています。


野川とコスモス 2016-10-23 11-011

鮮やかなオレンジ色のコスモスも咲いていました。

Category:小金井市(111)

関連記事
Category : 小金井市
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

ダイヤと花の大観覧車|葛西臨海公園

サイト葛西臨海水族園 のあと、ダイヤと花の大観覧車に乗りました。
『はちみつとクローバー』という作品の中で5人が気まずい同士のったあの観覧車です。
と知ってる人にしか分からない話から始めてすみません 笑

葛西水族館-14

2016年6月の現時点で日本最大の大観覧車です。
手前に歩いてる人と比べてみると見上げた大きさに驚きます。
そういえば、お台場・横浜・天保山など日本国内の1ー4位の大観覧車をRと制覇していたことに気づきました。

花とダイヤの大観覧車_IMG_9964

乗ったのは、夕暮れ刻


花とダイヤの大観覧車_IMG_9976

水面に映る姿さえも美しい頃合い刻です。


花とダイヤの大観覧車_IMG_9979

期待を込めて、徐々に上がって行きます。


 花とダイヤの大観覧車_IMG_9993 

約17分の空中散歩。さすが、日本最大の大観覧車。(2016年1月時点。同年7月に二位となりました)
「あれ、もう終わっちゃったの?」という物足りなさは勿論ありません。
夕暮れの暮れて行く頃合いから、夜の帳が降りる間を見る事ができました。
遠くの海やスカイツリーも見えていました。

最初は、二人並んで記念写真的なものを撮ってバタバタしていました。
頂上に着くころには、高い空を行くのを十二分に堪能していました。

誕生日旅行の締めは、観覧車できれいな景色を見て幕を閉じることができました。
公園に水仙が咲き乱れるころの誕生日の旅行日記を、上げ終わることができました。
あと一回、誕生日に交換したモノを日記に書いて、また次に進んで行きましょう。
(マイペースの鬼になる!)

関連日記:
透明観覧車の夜景|台場パレットタウン


ダイヤと花の大観覧車|葛西臨海公園


観覧車 夜景 デート

Category: 23区 more...(87)

観覧車ーアマゾン

関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。