武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

珠玉の香合・香炉展|静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館の~かおりを飾る~ 珠玉の香合・香炉展
へとRと行ってきました。

2017-06-17_17-02-36_153.jpeg

~かおりを飾る~ 珠玉の香合・香炉展
2017年6月17日(土)~8月13日(日)


香合は、香を入れる蓋つきの入れ物。香炉は、香をたく炉です。

色絵法螺貝香炉は大きさも大きく、金の種々の色で彩られていました。
阿古陀(あこだ)形、とは、カボチャの形であったりと、初めて知ることも多く楽しい展示でした。

国宝「曜変天目」も見ることができました。
以前、何かで「秀吉が褒めた茶碗なので評価された」と言う文章を見ました。
見た感想は、秀吉が、と言うことも関係なく、透明な瑠璃硝子やラピスラズリを用いて宇宙を表したかのような素敵な茶碗です。

国宝や重要文化財に指定されているものも多くあり、色々な種類の香合・香炉を見ることができました。展示場所は2部屋くらいで、遊び心と洗練が随所に感じられる品々を見ることができました。


2017-06-17_16-23-12_028.jpeg

静嘉堂文庫美術館から庭園を望む

静嘉堂文庫は、岩崎彌太郎氏の弟・岩﨑彌之助とその息子・岩﨑小彌太氏の親子二代によって作られました。
国宝7点、重要文化財84点を含む、およそ20万冊の古典籍と6,500点の東洋古美術品を収蔵する美術館です。(静嘉堂文庫美術館HPより抜粋)

京都の友人から香りに関する品をいただき、触発されてが一つの理由。
国宝、重要文化財の所蔵の多さが行ってみたいと思った一つの理由。
更に一つは、岩崎弥太郎氏といえば、以前、→「旧岩崎邸、灯る」ー旧岩崎邸庭園の夜間ライトアップーで訪れた洋館がとても素敵だったので、こちらもとても良いのではないかと考えての訪問でしたが、とても良かったです。


2017-06-17_15-51-59_515.jpeg


静嘉堂文庫は、庭園の中にあります。静嘉堂文庫美術館(展示場所)の建物へは、GoogleMapさんの検索結果による最短距離では、東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅からバスで向かい、静嘉堂文庫と名前のついたバス停より一つ手前の民家園で降りるのが良いとのことなので降りてみました。


 2017-06-17_15-56-18_258.jpeg

地図で確認しながら民家園の左手の道を選び、歩いて行くと、五分ほどで裏門に到着できました。
この門から、静嘉堂文庫美術館の建物には、1、2分。
正門から行くと、入館できる時間を過ぎていたかもしれないスケジュールだったので本当に良かったです。


2017-06-17_15-57-14_484.jpeg

静嘉堂文庫の建物です。いい雰囲気を醸し出しています。
美術館の方は、もう少し新しめのモダンな建物でした。


2017-06-17_15-57-28_258.jpeg
2017-06-17_16-27-45_307.jpeg

美術館の周りの建物や噴水や美術品を私たちを含め、
見て回っている人々も多くいました。


2017-06-17_16-37-56_801.jpeg

二枚めの写真の庭園側へ建物を超えて行くと、森を下って行く道があり
途中に、岩崎家の立派な霊廟があります。


2017-06-17_16-49-58_138.jpeg

更に行くと石碑や、意匠の凝った対なす灯篭。


2017-06-17_16-51-21_772.jpeg

いくつかの階段を下っていきます。

「RPGの森のよう。庭園が特に気に入ったかも」とは同行者Rの談話。


2017-06-17_16-59-47_814.jpeg

下り切ると、綺麗な水が流れていました。

説明によると、国分寺崖線でした。
住居場所の南に位置する国分寺崖線が世田谷区のここまで連なっていると感じると感慨深いものがあるなあ、と美術館の所蔵品にも、建物にも庭園や国分寺崖線上の森と小山と岩崎氏の残した庭園をものすごく気に入って帰ってきました。
そして、今回利用した美術館は、ぐるっとパスを使い観覧しましたが、都内にあり緑溢れる庭園は解放されていること。これぞ、素晴らしい社会貢献です。


パーツ|タイトル|小|関連リンク

静嘉堂文庫美術館

→静嘉堂文庫HP
〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1 →地図
TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)
午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
※7/1(土)~8/13(日)開館時間を延長いたします。(2017年)
   午前10時~午後5時(ご入館は午後4時30分まで

Category:Art & Design(展覧会の鑑賞やあれこれ)
Diary:


パーツ|タイトル|小|関連商品

香合・香炉ーAmazon

関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

「旧岩崎邸、灯る」ー旧岩崎邸庭園の夜間ライトアップー

旧岩崎邸庭園の夜間ライトアップ「旧岩崎邸、灯る」 へ、昨日11日(土)にRと行ってきました。


旧岩崎庭園のライトアップ - 021


到着したのは夕方頃です。

旧岩崎邸は、1896年(明治29年)に三菱創設者、岩崎家の本邸でした。現在は、洋館、和館、撞球室と庭からなり、国の重要文化財に指定されています。
洋館部分は、地上二階、地下一階の木造建築で、いたるところ随所にジャコビアン様式の装飾が施されています。鹿鳴館や、以前に訪れたニコライ堂と同じく、ジョサイア・コンドル(Josiah Conder、1852年9月28日 - 1920年6月21日)の設計です。


旧岩崎庭園のライトアップ - 157


洋館は撞球室(ビリヤード場)とともに、迎賓館 として利用されていました。
あらゆるところに植物の装飾があり興味引かれます。


旧岩崎庭園のライトアップ - 184


バルコニーを上下に作ることを設計士コンドルは好んだとのことです。
エンタシス柱が並ぶ空間からは庭を一望でき、室内の贅を凝らした装飾とともに往時を忍ぶことができます。


旧岩崎庭園のライトアップ - 203


洋館の地下への螺旋階段は封鎖されていましたが地下にはボイラー室や調理場などがあるそうです。
撞球室(ビリヤード場)につながる地下道も存在するそうです。
館内は建物保存のため撮影できないので目に焼き付けて来ました。


旧岩崎庭園のライトアップ - 152


このサンルーム部分で暖めた空気が、暖炉やボイラー室の暖房とは別に館内全部を暖めていました。


旧岩崎庭園のライトアップ - 085


岩崎家の人々は当時、日本一の大工の頭領の梁大河喜十郎に寄って建てられた和館の方に住んでいたらしいです。
やはり和風な住居のほうがしっくりくるのかなというのが同行者Rの感想です。
当時の敷地は今より広く東京ドームと同じ広さがあり、敷地内には、発電所まであったというのには驚きです。
こちらの建物保存のため室内の写真を撮ることができないのですが、豪奢な生け華が床の間や他へ随所に飾られていました。そして天井がとても高い作りです。

内部は書院作りで現在はお茶席が設けられているので、
Rとそれぞれ、お抹茶と上生菓子と、柚子のアフォガードを注文して休憩をとりました。


旧岩崎庭園のライトアップ - 165旧岩崎庭園のライトアップ - 172


お茶のお菓子は秋を意識した「手鞠菊」。

アフォガードの柚子は、岩崎家当主岩崎弥太郎と縁の深いものだそうです。
弥太郎氏と縁の深い小岩井農場の硬質なクッキーも添えられていました。

お茶やお菓子や利休や緋毛氈(ひもうせん)の話をしたり、天井の高さやこの建物の話をしたりして一息いれました。

koiwaicookie.jpgkoiwaicookie2.jpg


小岩井農場のクッキーをお土産にしました。


旧岩崎庭園のライトアップ - 227
旧岩崎庭園のライトアップ - 126


撞球室(ビリヤード場)〜以下、Wikipediaからの引用です〜
木造ゴシック様式のビリヤード室。校倉造の外観はスイスの山小屋風。洋館と同じくジョサイア・コンドルの設計である。洋館の地下室とは地下通路で結ばれている。内壁には明治期の金唐革紙がはられている。外観のみ公開。

和館と撞球室の前の石のタイルが同じ物でした。


旧岩崎庭園のライトアップ - 249


夜もとっぷりと暮れました。
瀟洒で優美な建物です。


旧岩崎庭園のライトアップ - 253


最後の写真は、袖塀(そでべい)に描かれている、岩崎家の家紋の『三階菱』です。
後にこの『三階菱』が、三菱グループのシンボル『スリーダイヤ』に引き継がれて行きます。




「旧岩崎邸、灯る」
 1 日  時  平成26年10月11日(土)・12日(日)※雨天決行
           9時~21時(最終入園は、20時30分まで)

 2 内  容  (1)ライトアップ
           日  時  期間中毎日、日没~21時 
           場  所  洋館、和館、撞球室、芝庭
                  ※16時30分以降、安全確保のため
                  一部通行止となる箇所があります。
                  ※13日(月・祝)は、中止とさせていただきました。
           内  容  岩崎家のプライベートな夜会が開かれた往時を
               偲び、洋館を中心としたライトアップを行います。


旧岩崎邸庭園

〒110-0008
東京都台東区池之端1-3-45
旧岩崎邸庭園サービスセンター TEL 03-3823-8340


施設 : 開園時間
 午前9時~午後5時
(入園は午後4時30分まで)
休園日
 年末・年始

入園料
一般及び中学生 400円
65歳以上      200円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
20名以上の団体
 一般及び中学生 320円
 65歳以上    160円
 
※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料
 
 無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)
 
【年間パスポート】
大人     1,600円
65歳以上   800円 
 
洋館、撞球室、和館
(一部入場制限があります)
 




6.png 上野 で 宿・ホテルを探す(じゃらん)


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。