武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

峰温泉大噴湯公園|伊豆半島ジオパーク

伊豆旅行2017の三日目最終日、峰温泉大噴湯公園に向かいました。
白浜神社さんの境内で、次はどこへ行こうか考えて、
「温泉が吹き上げてるところが見たい」というRの言葉で決定です。
伊豆半島ジオパークの一つです。

izu-daihunyu_3996.jpg

30mの噴湯が見られる場所です。
河津さくらで有名な河津駅から徒歩三十分。バスで五分のところにあります。


izu-daihunyu_2971.jpg

白浜神社前から修善寺行きのバスに乗りました。

バスは海沿いを走ります。
窓の外には、海岸、岬、紺碧の海、船着き場、そしてまた海岸です。
左手には、天嶺山の高い木々の森が見えます。


izu-daihunyu_2981.jpg

河津駅を越え山側に入り、峰温泉バス停留所で下車です。

東海バスの文字の横にある自転車マーク
バスに自転車を積んでくれるそうです。
バスに乗って着いたら自転車で走ってができるそうです。
いいですね。


izu-daihunyu_2982.jpg

左手を見ると、水蒸気の上がる場所を発見。
色々なところから温泉が湧いてるのかと、期待が高まります。


izu-daihunyu_2985.jpg

峰温泉大噴湯公園の看板を見つけました。
バス停からは、数分の場所でした。


izu-daihunyu_2987.jpg

緑が目に眩しい。
奥が入り口です。

izu-daihunyu_2990.jpg

東洋一の大噴湯
峰温泉大噴湯公園

地図を見ると足湯もあり。地場野菜やお土産物のショップあり。WCあり。入場無料。


izu-daihunyu_3975.jpg

水蒸気が出ている温泉櫓(やぐら)を発見!

奈良時代の書物に779年のこととして「花田の湯」として書かれ、その後見失われていましたが、大正十五年に再び見出され、50mの大噴湯を果たした後、現在まで豊かなお湯が湧き続けているそうです。
近隣にある入浴できる温泉施設は一つですが、河津さくらのお客さんも毎年利用されるとのことです。

温泉噴湯の時間まで20分ほどあるので、公園内を見て回り何かいただくことに。


izu-daihunyu_2993.jpg

大噴湯玉子 二ケ ¥150
かき氷 ¥200(ミルクがけ50増し)を頼見ました。


izu-daihunyu_3039.jpg

右が、玉子を浸す温泉水
左が、冷やし水

大噴湯玉子を作る場所。
大噴湯する温泉櫓の真下でした。


izu-daihunyu_2994.jpg

まずは、温泉水に。
大噴湯する温泉櫓と同じところから出ています。
高温です。

竹かごで玉子を温泉湯につける。
「絵になるなあ」「良い感じだなあ」と思わず話していました。


izu-daihunyu_2996.jpg

しばし待つ間にかき氷が出来上がりました。
暑い日にかき氷。すごく美味しいです。氷もなめらかです。

テーブルの中央に、温泉水の貯めてある場所があります。
おでん缶、おしるこ缶、甘酒缶をここで温めて熱々のものを楽しめる趣向です。


izu-daihunyu_3011.jpg

茹で上がり時間はスタッフの方が測って知らせてくれます。
時間が来たので玉子を冷やし水につけます。
30秒。

izu-daihunyu_3014.jpg

期待が高まります。
水も気持ちよさそう。


izu-daihunyu_3024.jpg

玉子には大噴湯公園キャラクターの「フントー君」のスタンプが。


izu-daihunyu_3002.jpg

渡された白い紙袋。


izu-daihunyu_3023.jpg

お塩と玉子の殻入れが折りたたまれて入ってました。


izu-daihunyu_3026.jpg

大噴湯温泉玉子!
すっごく美味しいい!!!!
ホクホク濃厚です。
行ったらぜひ食べて見てください。おすすめです。
作る工程も楽しいです。


izu-daihunyu_3989.jpg

そうこうしてるうちに噴湯の時間に。
おお!吹き上がってる!


izu-daihunyu_3993.jpg

そして、温泉湯が舞い落ちてくる。


izu-daihunyu_3995.jpg  

「暑くなくて冷たいんですよ。よかったら真下に行ってかかってみてください」
という言葉に真下まで行って浴びることに。

本当に冷たい。
噴出した瞬間は熱くても、落ちてくる間に冷たい水になるんだそうです。
不思議です。

そして細かい霧のような状態の中を行くのが不思議な感覚です。
地面を見ると結構な量の温泉水が、降って来たことがわかります。


izu-daihunyu_3959.jpg

大噴湯公園内には、足湯もあります。
ここも後半、浸かりに行きました。
じんわりとした良い湯質です。温度は高めです。


izu-daihunyu_4001.jpg

地場商品のショップを見て回り、飲み物、お菓子、お土産を購入しました。
スタッフのご婦人方とした会話も終始、楽しかったです!
ありがとうございます!


 izu-daihunyu_3047.jpg

伊豆ニューサマーサイダー
とっても良い香り。フルーティで美味しいです。

桜ようかん 伊豆河津桜の町
表面に桜が立体的になっていて、桜の風味も食感もしっかりしてて、おいしいです。

足湯につかりながらいただきました。


izu-daihunyu_3048.jpg

次に行くところどこにしようと決めたり、良いところだね。
とのんびりしてたら、次の大噴湯時間に!?
あれ?もう一時間経った!笑


izu-daihunyu_2992.jpg

伊豆半島ジオパーク
今回の峰温泉大噴湯公園も含め、いくつか行きましたが、大自然の迫力を感じ取れて楽しいですね。

次に向かう場所を、近隣の踊り子温泉や、海沿いの水着着用で入れる温泉や、もしくは今井浜海水浴場なども考えましたが、先ほど、バスに乗ってる途中、伊豆は海もいいけど山もいいなあということで、山方面に行くことになりました。
Rの「滝が見たいなあ」ということで、河津七滝(かわづななだる)に行くことになりました。
どうやら、さっき降りたバス停から河津七滝へのバスが出てるようなので向かいました。

次回は、河津七滝(かわづななだる)のお話。
では、また次回!


峰温泉大噴湯公園 
→サイト











関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

伊豆白浜神社再び訪問

白浜神社さんへ今回の旅でも再び訪れました。
伊豆旅行2017続けています。
今回は、写真日記です。

白濱神社については前回訪問時の日記もご参照ください→◆

shirahama-shine_2898.jpg 
shirahama-shine_3915.jpg

shirahama-shine_3919.jpg

shirahama-shine_2918.jpgshirahama-shine_2908.jpg shirahama-shine_2909.jpg shirahama-shine_2910.jpg
shirahama-shine_3931.jpg shirahama-shine_2919.jpg shirahama-shine_2921.jpgshirahama-shine_2929.jpg shirahama-shine_2931.jpg shirahama-shine_2933.jpg    
shirahama-shine_2928.jpg
shirahama-shine_2926.jpg



shirahama-shine_2957.jpg
shirahama-shine_2965.jpg

白浜神社前のバス停から東海バスで移動することにしました。
ではまた次回の日記でお会いしましょう。


Category : 伊豆旅行(下田、稲取)


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

白浜海岸の二つの海水浴場で泳ぐ

伊豆の白浜海岸の白浜大浜海水浴場と白浜中央海水浴場で泳いできました。
伊豆旅行2017の真ん中の日の日記です。
宿泊したホテル伊豆急さんから道路を渡って下った所に最初の白浜大浜海水浴場はあります。

shirahama-ohama_2762.jpg

白浜大浜海水浴場は、全長770mの砂浜を有する伊豆半島最大の海水浴場です。
水質AAです。


shirahama-ohama_3716.jpg

2017年の海開きの日程が、7月15日(土)から8月27日(日)。
泳いだのが、7月14日(金)。
遊泳区間のポールと監視員さんはまだでしたがすごく空いてました。
翌15日は、海岸に人がギッシリ状態。思わずついてた!と思いました
でもお子さんと行かれる場合は、海開き後の監視員さんがしっかりいる時期の方がいいと思います。


shirahama_3482.jpg

ホテル伊豆急さんからは、プールの海側に、海方面に降りていく道があります。
スタッフの方が、再入場のタグをつけてくれます。
門の開閉時間があるので、早朝や夜中はここからは降りられません。
蛇足かもしれませんが、海から上がってくる時に、上がりきったプール側に足の砂などを落とせる水道がありました。


shirahama_3498.jpg

海岸に降りて行くのにホテルから海に向かって右手の道を進んでみました。
帰りはホテルから海に向かって左手側の道を使い、海岸からホテルへ戻りました。
コンビニは海に向かい左手側にあります


shirahama_3487.jpg

右手側の風景。いい感じの白浜観光の建物。


shirahama_3488.jpg

魅惑的な貝の博物館
行き損ねた!


shirahama_3489.jpg

白浜海岸のバス停を右手に歩いて横断歩道を渡り、


shirahama_3501.jpg

こんもりとした木々の小山の手前に道がある。
あそこから降りれるかなと目星をつけ歩いて行きます。


shirahama_3504.jpg

階段。
あー暑さが夏だー、とかよくわからないこと考えてました。
海もいいけど目に入る緑や白砂もいいな。

ホテルから数分で海岸に着きました。


shirahama_3511.jpg

白浜大浜海水浴場の砂浜に到着。
白砂に青い海!
取るもとりあえず海へGO!
空いてる!水が気持ちいい!
と、はしゃいで海に入っていたら、RのiPhoneを入れた防水のはずの首からかけてたやつが浸水。
今回は、海の中の写真は撮れて胃ません。ごめんなさい。


shirahama-ohama_3574.jpg

せっかくなので、北側にある白浜中央海水浴場側にも移動しましょう。
以前の旅行の時にいい思い出のできた海水浴場だったので再訪です。


shirahama-ohama_3583.jpg

こちらも水質AA。
日本の快水浴場百選に選ばれています。

個人的なイメージですが
白浜大浜海水浴場ー岩なし、サーファーやボディーボードの人多し。
白浜中央海水浴場ー岩あり、透明度更に高め。
です。


shirahama-ohama_3595.jpg

引き潮気味だったので、白浜中央海水浴場へは、海側を通って行けました。
歩きと泳ぎです。
写真は、白浜大浜海水浴場へ戻る時の写真です。
途中、海の中に浸かり渡りますが、波や海が危険だと思ったら、神社の裏手を歩く道も、バス通り側を歩く道もあるので無理をされないようお気を付けください。


shirahama-ohama_3619.jpg

白浜神社さん裏手のプリオシン(Pliocene)海岸化石層です。
第三紀鮮新世(せんしんせい)(約500万~200万年前の期間)の化石層。
生きているものと化石が共存している状態です。


shirahama-ohama_3647.jpg

神社の森。


shirahama-ohama_3650.jpg

白浜神社の海側にある鳥居です。伊豆列島に向いています。
噴火によってできた伊豆列島が生まれた時に創建された神社とされています。


shirahama-ohama_3667.jpg

白浜神社を中心に、北側(写真左手)が白浜中央海水浴場
南側(右手)が、白浜大浜海水浴場


shirahama-ohama_3669.jpg

綺麗な大きな蝶々
旅行中、3回ほど大きい蝶たちが近くに寄ってきて飛び回ってくれました。


shirahama-ohama_3698.jpg

鳥居越しに見る伊豆諸島と海。
厳かな気持ちになってきます。


shirahama-ohama_3734.jpg

砂浜に戻り、Rが砂遊びを始めました。


shirahama-ohama_3735.jpg

モアイ像、女神像、城と並びます。

砂遊びをしてる間、気温は上昇。
暑くなって私一人海に入ったりしていました。
波と戯れるの楽しいです。

砂遊び終了後にまた再び二人で海に入って遊びました。

ボディボードやってる人多かったです。
ホテルの売店やコンビニでも売ってました。
道沿いにボディボードやサーフィンボードをレンタルしてくれるお店もあります。
レスポ白浜を始めシャワーと荷物を預かるサービスも海岸近辺にはあります。

午前中から午後までたっぷりと海を堪能しました。
コンビニに寄り、飲み物やお昼ご飯とアイスを購入。


shirahama_3770.jpg

しかし、ホテルのプールの誘惑に負けて、まっすぐ部屋に戻らず、昼食もとらず、またプールで二時間ほど泳いでました。
日焼け止めは一度塗り直したものの完全に日に焼けました。
思い存分泳いで悔いはありません!

プールの様子→ホテル伊豆急のプールとラウンジとお庭と白浜の砂

パーツ|タイトル|小|関連リンク
伊豆下田旅行 三日目 白浜中央海岸
伊豆下田旅行 四日目 海沿いに白濱神社まで
伊豆下田旅行 四日目 白浜海岸の海と化石層
ホテル伊豆急のプールとラウンジとお庭と白浜の砂


Category : 伊豆旅行(下田、稲取)
Tag : ホテル伊豆急 南伊豆 伊豆旅行2017 白浜海岸 白浜大浜海水浴場 白浜中央海水浴場 海水浴場 下田の海

ホテル伊豆急サイト
〒415-8512 静岡県下田市白浜 2732-7
Tel : 0558-22-8111(代) Fax : 0558-23-1153




パーツ|タイトル|小|関連商品

 

関連記事

ホテル伊豆急の朝食バイキング(ブッフェ)

ホテル伊豆急さんの朝食はバイキング(ブッフェ)形式でした。
和洋食色々ありました。伊豆旅行2017の日記を続けてます。
前半、二日ぶんの二人ぶんの食事。後半、料理の並ぶ様子(一部)です。

izukyu-morning_2719.jpg 

サラダ
美味しそうと思う取り合わせで、選んでみました。


izukyu-morning_2733.jpg

ポトフー
お気に入りです。


izukyu-morning_2731.jpg

洋食
パンを中心に朝ごはん。


izukyu-morning_2723.jpg

和食を中心に朝ごはん。おかずを少しずつ。


 izukyu-dinner_3462.jpg

主人のRは、ちりめんじゃこでやお豆腐ネギで、「じゃこどんぶり」っぽいものを作っていました。


izukyu-morning_3460.jpg

和洋混合
ポトフと並んでカレーも美味しく他の人々にも人気でした。


izukyu-morning_2874.jpg

ぶり大根かな。美味しかったです。


izukyu-morning_3463.jpg 

ダージリンには、スライスレモン。


izukyu-morning_2752.jpg

クロワッサンとオレンジが特に美味しいと我が家談。


izukyu-morning_2751 2

伊豆のジャム
伊豆のジャムもパンには忘れずにです。


お料理の並ぶ様子


izukyu-morning_2724.jpg

上部にパンを入れると下から出てくるトースター。

izukyu-morning_2743.jpg
izukyu-morning_2744.jpg 

種々のパン


izukyu-morning_2745.jpg

和のご飯のお供


izukyu-morning_2739.jpg

蒸しレタス

izukyu-morning_2738.jpg

蒸しさつまいも
ホクホクと美味しいさつまいも。


izukyu-morning_2728.jpg

ポトフには、ホールペッパーをガリガリ削って添えて。

izukyu-morning_2727.jpg

オレンジジュース、牛乳、トマトジュース、お水

izukyu-morning_2726.jpg   

お茶類。
「コーヒーサーバの中、全部ほうじ茶かな?」とRと話していると、同じ泊まり客のご婦人から「全部、ほうじ茶よ。他のお茶を入れるときは、右端のお湯よ」と声をかけてもらいました。
ありがとうございます!!!


izukyu-morning_2747.jpg

アロエとヨーグルト

二日目も、三日目も朝ごはんで元気をチャージして海に山にと出かけました。


パーツ|タイトル|小|関連リンク


Category : 伊豆旅行(下田、稲取)
Tag : 伊豆 下田 ホテル伊豆急  旅行 南伊豆 伊豆旅行2017

ホテル伊豆急サイト 
〒415-8512 静岡県下田市白浜 2732-7
Tel : 0558-22-8111(代) Fax : 0558-23-1153

パーツ|タイトル|小|関連商品

 


関連記事

ホテル伊豆急の夕食 和食会席

ホテル伊豆急さんの夕食日記です。伊豆旅行2017の日記を続けてます。
今回、二泊三日、朝食・夕食つきの宿泊です。
二回の夕食をまとめてご紹介させていただきます。

izukyu-dinner_3354.jpg

夕食の会場は、レストラン 星座さん。
天井の電球がとても綺麗です。両壁には、星座が並びます。
舞台があって、朝食時、ともに伊豆の風景・観光名所が投影されていました。


一日目の夕食の内容です
izukyu-dinner-1-2_3335.jpg

お料理が全て並んだところ。これにプラスしてデザートです。
和食会席がついている宿泊プランを選びました。

【夕食メニュー】

・食前酢  ニューサマービネガー
・前菜   季節の珍味など
・お造り  4点盛り
・温物   はんぺん小なべ醤油仕立て
・煮物   金目鯛切身煮付
・揚物   季節の天ぷら *
・洋皿   黒米うどんサラダ風
・蒸し物  茶碗蒸し *
・香物   2点盛り
・お食事  白ご飯
・汁物   吸い物
・デザート *

*は、屋台コーナーに並び選択方式で選ぶことができます。
詳しくは、日記の後半で。


izukyu-dinner-1-2_3318.jpg

・食前酢  ニューサマービネガー ・

食前酒ならぬ、食前酢。爽やかでとても飲みやすいです。
気に入って旅行中にニューサマービネガーを購入し、家でも飲み始めました。


izukyu-dinner_3301.jpg

・前菜   季節の珍味など ・
三種盛られた、珍味。お酒やご飯が進みそう。

・洋皿   黒米うどんサラダ風 ・
黒米を食べるのは三度目ですが、やはり力強いお味。
ドレッシングをかけていただきました。

・香物   2点盛り ・
あっさりとした箸休め。香物も最近好きになってきました。
 

izukyu-dinner_3325.jpg

・お造り  4点盛り ・

ひんやりシャッキっとしたお造り。美味しくいただきました。
一日目と二日目でお刺身の内容が変わりました。

 
izukyu-dinner-1-2_3314.jpg

・温物   はんぺん小なべ醤油仕立て ・
柔らかい食感の熱々のはんぺん。おいしかったです。


izukyu-dinner_3316.jpg

・煮物   金目鯛切身煮付 ・
金目鯛、とても美味しゅうございました。お大根も。


izukyu-dinner_3337.jpg

・汁物   吸い物 ・
海老しんじょ入りのお吸い物。豊かな風味でとても美味しかったです。

・お食事  白ご飯 ・
朱塗りのお櫃入り。少なめによそられたご飯。食事全体的に品数が多かったので、これくらいが程よいです。主人のRは、お刺身とともいただいて、途中、ご飯もう少し欲しかったと。多分おかわりもお願いできたんじゃないかなとも思います。でも食事が終わったあと、やっぱりあれくらいがちょうどよかったかもと意見を変更。


izukyu-dinner_3333.jpg   

・揚物   季節の天ぷら・  *屋台コーナーより選択
目の前であげてくれる天ぷらです。
大根おろしとおつゆ、もしくは、わさびとお塩を選べます。
二人分なので、両方いただいて試してみました。


 izukyu-dinner_3342.jpg 

炙った金目鯛のお寿司・ *屋台コーナーより選択
珍しいお寿司。

二人とも天ぷら+金目鯛のお寿司を選んでました。


izukyu-dinner_3353.jpg izukyu-dinner_3352.jpg

・デザート・ *屋台コーナーより選択
果物、ソフトクリーム、ケーキなど並びます。
引換券一枚で2品。ケーキは、4品です(二日目にケーキの写真あります)



二日目の夕食

izukyu-dinner-2_2822.jpg

・お料理全て。と下記のサーモンサラダとデザートなど。・
一日目と同じように、温物、洋皿と盛り沢山のお夕食でした。


izukyu-dinner-2_2808.jpg

・サーモンのサラダ・
ドレッシングは醤油ベースでした。サーモン好きです。


izukyu-dinner-2_2815.jpg

・お造り・
カジキマグロ、キハダマグロなどなど。
鮪の食べ比べ。


izukyu-dinner-2_3786.jpg
izukyu-dinner-2_2818.jpg

・煮物・
お餅を豚肉で包んだものとお野菜。


izukyu-dinner-2_2817.jpg 

・温物・
鳥の南蛮煮ですかね。


izukyu-dinner-2_2810.jpg 

・香物・
なますですかね。さっぱりとしています。好きです。

それから、お吸い物とご飯です。


izukyu-dinner-2_2825.jpg

・デザート・ *屋台コーナーより選択

選べる屋台コーナーお引換券*は3枚ともデザートに。
「デザートは、お部屋に持ち帰れます」ということなので、部屋に持ち帰り、波の音を聞きながらのんびりいただきました。
二日目は茶碗蒸しを絶対選ぼうと思っていたのですが、海とプールで一日泳ぎ暑気が行ってしまい、体がフルーツや冷たい物を欲しました。



屋台コーナー*

屋台コーナーというのがあって、最初に一人三枚の引換券を貰い、好きなお料理や、デザートを引き換えることができます。
以下の写真の外にも、茶碗蒸しやケーキなど色々なお料理が並んでいます。

 izukyu-dinner_3308.jpg
izukyu-dinner_3309.jpg
izukyu-dinner-1-2_3310.jpg
izukyu-dinner_3300.jpg



日頃、洋食に偏りがちな二人ですが、お造りなどをいただく機会ができました。
実は日頃、お造りをいただくのは旅行で海の近くへ行った時だけだったりします。

二千円ほどプラスで、伊勢海老の姿焼きと鮑(あわび)が追加されるプランもあり、夕食は和食会席に加えバイキングブッフェやBBQのプランもあります。

料理のご説明や、二人並んだ写真を撮っていただいたり、売店にも親切なご婦人のスタッフの方がいらっしゃったり、楽しい旅をサポートしてくださりありがとうございましたーーー!


パーツ|タイトル|小|関連リンク


Category : 伊豆旅行(下田、稲取)
Tag : 伊豆 下田 ホテル伊豆急  旅行 南伊豆 伊豆旅行2017

ホテル伊豆急サイト 
〒415-8512 静岡県下田市白浜 2732-7
Tel : 0558-22-8111(代) Fax : 0558-23-1153

パーツ|タイトル|小|関連商品

 


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。