武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

上山谷(かみざんや)緑地公園|小金井本町3

いつもと違う道を行くと新しい場所が家の近くでも見つかります。


koganei-kamizannya_3849.jpg

その一つが、上山谷緑地公園です。

緑のガーデン・アーチが素敵です。


koganei-kamizannya_3847.jpg

上山谷(かみざんや)緑地公園

「上山谷(かみざんや)」は本町の古い地名です。


koganei-kamizannya_3826.jpg

濃淡のある緑


 koganei-kamizannya_3838.jpg 

蔦の絡まる柱


koganei-kamizannya_3832.jpg

色々な、


koganei-kamizannya_3831.jpg

草花


koganei-kamizannya_3830.jpg

枝葉が影を落とす廻り道


koganei-kamizannya_3840.jpg

オリーブの樹


koganei-kamizannya_3848.jpg

瑞々しい果実


koganei-kamizannya_3846.jpg

脇道に逸れると、


koganei-kamizannya_3837.jpg

地面に散らばる果実の実


koganei-kamizannya_3829.jpg

一休みの庵(いおり)


koganei-kamizannya_3828.jpg   

横たわる丸太でも一休み

北大通りの住宅地の間にある緑地公園です。
2013年に開園した静かで緑に囲まれた素敵な場所です。

公園にと小金井市に土地を寄贈されたご夫婦が、古い本町の地名「上山谷(かみざんや)」を残したいと上山谷(かみざんや)緑地公園名という名前がつきました。

近くにギャラリーも二つあり初めて知る和菓子屋もありました。
夏の終わり頃に、近くにある知らなかった場所に、また新たに出会うことができました。


Category:小金井市(122)


上山谷(かみざんや)緑地公園
本町3丁目4番43号 

 

関連記事
Category : 小金井市
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

川原慶賀の植物図譜|埼玉近代美術館 

〈川原慶賀の植物図譜〉展を埼玉近代美術館で観てきました。
慶賀の展示とぐるっとパスと美術館の展示について書かせていただきます。

sai-musem_8918.jpg

ロシア科学アカデミー図書館所蔵の
植物画や長崎の出島の様子が描かれた展示でした。


sai-musem_8939.jpg

ぐるっとパスの入場券を使います。


 sai-musem_8941.jpg

会期は、2017年04月8日(金)ー5月21日(日)です。
次の日曜までです。


前半は、川原慶賀が描いた長崎の港、船、出島、人々の風俗、人物画の展示から始まります。
男女の結納の詳しい手順なども一行程に一枚ずつ描かれていました。
鑑賞する絵画というより、何かを知る・学ぶための絵画でした。

慶賀についても、説明されていました。
出島の様子を描いていいのは「慶賀ただ一人」でした。
外国に、日本が間違って伝わらないように、同時に、必要以上の日本の情報を漏らさないための配慮ではないかと思いました。
当時の日本は鎖国中で、日本史の時間に習ったように、長崎の出島内でのみ貿易を許されていた時代ですから、厳重な取り締まりかたもうなづけます。

後半は、シーボルトに依頼を受けて、慶賀が描いた日本の草花です。
一つの花を幾度もの季節に分けて描いたり、断面を取り出して描いたり、種の様子も詳細に描かれています。
シーボルトは当初、外国の絵師も連れてきていたそうですが、慶賀の絵が良いということで、慶賀が担うことになったとのことです。

写真がなかった頃の、植物の形態を詳細に知る絵として、欧州のものも「ボタニカルアート」としてよく知られています。
イギリスの植物図譜を随分昔に、渋谷のBunkamuraギャラリーで観たことがあります。
植物図譜は以前より大好きでした。
その時の作品に比べると、慶賀の作品は、日本的な情緒というものが加味されているというか、とても瑞々しいという印象を受けました。

とても綺麗で資料・博物的な価値だけではなく、美術作品と言って申し分ない作品群でした。

行って良かったです。
入館前にルーペも借りることができます。
今週末までですが、植物を観るのが、好きな方などは特にじっくりと観に行かれるのをお薦めします。
素晴らしい川原慶賀の植物図譜でした。


sai-musem_8953.jpg

企画展示を出たところで、慶賀の絵を見て、色をつけてみようという紙と色鉛筆が用意されていました。
ちょっと紙が硬くて、塗るのに力が入りますが、楽しいですね。


sai-musem_8936.jpg

MOMASコレクションの第1期も同時に開催されていました。
こちらも観るつもりが、時間切れとなりました。


sai-musem_8935.jpg

埼玉県立近代美術館についてです。
訪問するのは、2度目です。
以前の来訪日記はこちらです→PSYRADIOX 澁澤龍彦幻想美術館@埼玉県立美術館
小林健二さんのPSYRADIOX を観にいきました。

緑の多い公園の中にある美術館です。
最寄駅の北浦和駅からも5分ほどの場所にあります。


sai-musem_8954.jpg   sai-musem_8955.jpg

館内には、椅子の展示が多数並んでいます。


sai-musem_8956.jpg
sai-musem_8957.jpg

吹き抜けの部分にも彫刻。


sai-musem_8960.jpg

屋外にも彫刻庭園があります。


sai-musem_8963.jpg
sai-musem_8969.jpg sai-musem_8974.jpg sai-musem_8982.jpg

夕暮れ時、野外彫刻を観ながら公園を歩くのも楽しいです。


sai-musem_8989.jpg

帰り際、噴水は終わっていました。
行きしなに見ていけば良かったと、これだけ後悔です。

Category : Art & Design(展覧会の鑑賞やあれこれ)
Diary:



埼玉県立近代美術館
THE MUSEUM OF MODERN ART,SAITAMA
〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
Tel 048-824-0111
Fax 048-824-0119

サイト

開館時間:10:00~17:30
展示室への入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(祝日または県民の日の場合は開館)
入館料: 無料
観覧料: 常設展 一般200円(120円)、大高生100円(60円)

埼玉県立美術館 建物

  
フローラ逍遥 澁澤龍彦


シーボルトの眼―出島絵師 川原慶賀


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

和風ジェラート おかじ Tokyo|小金井本町5丁目

小金井市に2016年6月3日に開店した新しいお店 
和風ジェラート おかじさんに行ってきました。
行ったのは確か先月です。

 


新潟西区にあるお店の東京小金井進出です。


 

かりんとうや村上ほうじ茶や塩麹など気になるテイストが並んでます。


 

試食もさせて貰いました。


 


お店の前の夕暮れ時の上の原公園でいただきました。
Rは遊具に座って、私はベンチに。
お店の横にも木製のベンチが2つあります。

私のは、期間限定 越後姫という苺のジェラート。
優しい味をゆっくりと楽しみたいそんな和風ジェラートでした。





セルフで入れられるほうじ茶があったとRから貰いました。
ジェラートの後のお茶、ほっとしますね。ありがとう。

お店は、武蔵小金井駅から貫井北図書館への道のコンビニを右手に曲がったところにあります。

ちょうど、Rに「学生時代にジェラード屋さんが小金井にあって、製菓道具も置いてあって、桜のジェラードがあって、場所はアミューズさんの辺りで、、、」と話してて、ジェラードがすごく食べたい気持ちが高まってネットで探したりしていた所に、おかじさんの開店のちらしがポストに入りました。
何だかタイムリーで、すごくラッキーでした。

おかじさんにまた行って、気になっているほかの味のジェラードもぜひ食べてみたいです。


和風ジェラート おかじ Tokyo
東京都小金井市本町5-4-28
042-301-8383

Category:小金井市(105)


関連記事
Category : 小金井市
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

野川沿いの桜|2016

野川沿いにさくらを見ながら散策してきました。
前原小学校の辺りから武蔵野公園に向かってです。
4/10・日曜日のことです。
さくらも終りかけでしたが、足許にさくらの絨緞ができていました。


野川沿いの桜-137



野川沿いの桜-124



野川沿いの桜-095


野川沿いの桜-086



野川沿いの桜-055


野川沿いの桜-027


野川沿いの桜-022



野川沿いの桜-019


野川沿いの桜-020

野川沿いの桜-128

 
野川沿いにも武蔵野公園・野川公園にも多くの人が、さくらを愉しんでいました。

Category:
小金井・三鷹・武蔵野を中心に桜日記。(37)



関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

稲取龍宮岬公園と海|東伊豆町 

伊豆稲取の旅行日記の続きです。
稲取龍宮岬公園を散歩して眺めた海についてです。

公園は、宿泊した伊東園稲取ホテルのすぐ裏手です。
灯台とどんつく神社と展望台、竜宮神社から浜辺に続く遊歩道があります。

1-稲取の海辺の風景-162

灯台
です。
朝食を終え、再び見たときは、青い空に白く映えていました。
7時頃に散歩に来たときは、朝焼けに赤く染まっていました。

東伊豆 稲取旅行|日の出ころの朝焼け


1-稲取の海辺の風景-029

〈稲取龍宮岬公園〉の地図です。
中央のグレイ色の建物が、宿泊した伊東園稲取ホテルです。


1-稲取の海辺の風景-025

どんくつ神社
です。


1-稲取の海辺の風景-150

〈どんくつ祭り〉の由来


1-稲取の海辺の風景-049

〈愛恋岬〉として唄に歌われています。


1-稲取の海辺の風景-044

愛恋岬からの眺め
です。


1-稲取の海辺の風景-098

気持ちの良い場所です。


1-稲取の海辺の風景-040

〈東伊豆町より眺める伊豆七島〉



1-稲取の海辺の風景-068

展望台からの眺めです。
海の水平線に見えているのは、利島です。


1-稲取の海辺の風景-072

三宅島と新島でしょうか。

三嶋大神が、伊豆の島々を創世していった神話。
とてもロマンを感じます。


1-稲取の海辺の風景-051

〈築城石〉の説明です。
江戸城築城のために、切り出された四百年前の築城石が、船の転覆などで、この海に沈んでいるということなどが書かれていました。



この旅行に先だって参加したナゾトキ街歩きゲーム「地下謎への招待状2015」|東京メトロ←Blog日記|の時に
東京でこの築城石に関する問題が出ていました。
日頃から、符号の一致を喜んでいるRとわたしですが、
旅先での意識をしない、ふとした符号の一致はさらに楽しいものです。


1-稲取の海辺の風景-107

山側には、風力発電や遊園地に鳥のかたちの木立に富士山?


1-稲取の海辺の風景-171

漁から帰ってきた船。


1-稲取の海辺の風景-167

龍宮神社へ。


1-稲取の海辺の風景-184

海岸へ降りて行く階段です。


1-稲取の海辺の風景-315

龍宮神社の鳥居から。


1-稲取の海辺の風景-192

鉱石のような海面の波の様子


1-稲取の海辺の風景-204

太陽が龍の瞳のように見えます。が帯が重なるように続きます。


1-稲取の海辺の風景-283

数ヶ月ぶりに見る波の動きにも心を奪われます。


1-稲取の海辺の風景-352

12月初め、少し寒かったけど、海の様子を余すところなくみたいという気持ちで、さらに浜辺に降りて行きました。


1-稲取の海辺の風景-359

大島と波打ち際とススキ


1-稲取の海辺の風景-360

伊豆の冬の海の色を改めて、綺麗だと感じていました。


1-稲取の海辺の風景-289

伊豆諸島に向かって道が踏みしだかれているように思いました。



パーツ|タイトル|小|関連リンク

伊東園ホテル稲取 公式サイト
伊東園ホテル稲取 じゃらん

関連日記
東伊豆 稲取旅行|日の出ころの朝焼け (12/08)
伊東園ホテル稲取|東伊豆旅行 (01/28)

カテゴリー:東伊豆 稲取(8)




関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。