武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

サンシャインシティ 池袋めんそーれフェスタ2017

池袋めんそーれフェスタ2017に行ってきました。
→ 沖縄久米島旅行記(46)以来、沖縄文化好きと食べ物好きにRと二人でなりました。

2017-05-28_12-55-59_202.jpeg

沖縄めんそーれフェスタ
サンシャインシティやワールドインポートマートの屋内。
サンシャイン60通りなどの屋外を会場にここ最近毎年行われている沖縄の文化や食を楽しめるイベントです。



池袋めんそーれ祭り
サンシャイン60通り
5/28(日)10時15分~13時30分

正午頃着いて、エイサーをちょうど見ることができました。

2017-05-28_12-44-31_018.jpeg

2017-05-28_12-46-33_037-1.jpeg

2017-05-28_12-55-42_501.jpeg 

活気のある演目。癒される演目。
数チームが、サンシャイン60通りの色々な場所で、時間をずらし順繰りに舞っていました。


okinawa-festa_9653.jpg

アルパB1 噴水広場。
こっちでも沖縄ライブステージが行われていたようですね。

ここはたまにアイドルのライブイベントに出くわします。
何も行われていない時も、迫力のある綺麗な映像とともに噴水の水が高く上がり、休憩の合間の目を楽しませてくれています。



沖縄物産展
ワールドインポートマートビル4F
5/26(金)~6/4(日)11時~20時30分(最終日は20時まで)
okinawa-festa_9642.jpg

いち早く久米島ブースを見つけました。
沖縄久米島の旅行中、食べ損なってしまった久米島の車エビ


okinawa-festa_9643.jpg

久米島車エビの素揚げ
大きく立派な海老。
すぐに食べきってしまいました。
とってもおいしかったです。
1本/200 3本/500


okinawa-festa_9644.jpg

ロングポテト!紅芋ソースをチョイス!
R曰く「見た目ハロウィン!」
甘いソースです。他に塩やチーズなどあったそうです。
一本が、とても長いポテトです。


okinawa-festa_9648.jpg

わしたショップさん。


okinawa-festa_9646.jpg

okinawa-festa_9922.jpg

ジーマミー豆腐は家の近くの別の沖縄フェアでも、何度かリピートしています。


okinawa-festa_9815.jpg

サンピン花茶 /170
紅芋タルト紅芋タルトバラ売り /160
雪白ちんすこう(2本)8袋いり /350
ジーマミー豆腐3個入り /490

と、色々と購入しました。


okinawa-festa_9647.jpg

沖縄そばも大人気の大行列!


めんそーれビアガーデン
オリオンビール60TH Anniversary


okinawa-festa_9633.jpg

okinawa-festa_9635.jpg

色々な屋台とオリオンビール。
こちらでもライブステージが楽しめるようです。



サンシャイン水族館
恩納村・サンゴの海の紹介やパフォーマンス



okinawa-festa_9754.jpg

サンシャイン水族館でもコラボイベント


沖縄レストランフェア
サンシャインシティの飲食店とのコラボ


パインアップルを使ったスイーツが各店コラボしていました。
そういえば、以前も、サンシャイン内のレストランがウルトラマンとコラボしていました。
トラットリア パラディーゾのウルトラマンコラボ |池袋サンシャインアルパ
訪れると頻繁にコラボをやっています。何をやっているのか毎回気になルところです。


その後、サンシャイン水族館の後も、サンシャインの中にある→沖縄料理のお店の海人酒房さんへ行ってさんぴん茶と沖縄そばやソーミンチャンプルーなどをいただきましたが、写真点数も多くなりましたので、それは、次回か次々会以降の日記とさせていただきます。


関連リンク:
→ 沖縄めんそーれフェスタ(公式)

→ 沖縄久米島旅行記(46)(東京探訪日記)

Category : 池袋

関連記事
Category : 池袋
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

沖縄久米島旅行記の目次

2017040523492446e.png


沖縄、久米島、奥武島旅行。記事が多くなったので旅行の目次を作りました。
カテゴリー別にしました。時間軸順にご覧になる場合は、末尾のナンバーをご利用ください。


久米島・奥武島の海
イーフビーチで海水浴!〈4〉
奥武島に、着いて早々泳ぐ〈14〉
奥武島の海2〈17〉
奥武島、海・化石・畳石〈18〉
はての浜〈19〉
潮の満ち引き〈23〉

久米島 観光
久米島空港へ、そしてランチ〈2〉
久米島町営バスから見る風景〈3〉
イーフビーチで海水浴!〈4〉
沖縄民謡の店 島風〈7〉
曇りのち雨のイーフビーチを歩く。〈12〉
奥武島まで久米島を歩く+車に。〈13〉
宇根の大ソテツと真謝のちゅら福木〈21〉
仲原善忠 氏 生家〈22〉
潮の満ち引き〈23〉
久米島から沖縄本島へ空の上〈30〉

久米島アイランドホテル
リゾートホテル久米アイランド〈5〉
久米アイランドのお部屋〈6〉
朝のデイゴの花と太陽〈8〉
レストラン アカバナ のモーニングブッフェ〈9〉
蝶の舞う温室とヤギ〈10〉
TIDAさんでランチ〈11〉
ひとやすみパフェ in TIDA〈24〉

奥武島 観光
奥武島に、着いて早々泳ぐ〈14〉
奥武島の夕暮れと星空と朝日〈16〉
奥武島の海2〈17〉
奥武島、海・化石・畳石〈18〉
はての浜〈19〉
バーデハウス久米島となかゆくい処〈20〉
奥武島探訪日記〈25〉

奥武島 ローヤルビレッジ民宿あみもと
奥武島の民宿あみもと〈15〉
夜のブーゲンビリアのテラス。〈26〉
あみもとさんのオーシャンビューの部屋〈27〉
夜の不思議なこと〈28〉
沖縄旅行中の部屋ごはん〈29〉

沖縄本島 南城市 
鍾乳洞のオープンカフェ ーCAVE CAFEー〈31〉
ガンガラーの谷〈32〉
おきなわワールド〈33〉
おきなわワールド|ジューシーという食べ物〈34〉
おきなわワールド|熱帯フルーツ園〈35〉
おきなわワールド| フルーツ王国〈36〉 
おきなわワールド|琉球王国城下町〈37〉
おきなわワールド|久米島の上洲家の模築〈38〉
おきなわワールド|世界の獅子(シーサー)展〈39〉 
おきなわワールド|ブクブクー茶〈40〉

沖縄那覇空港
沖縄那覇空港とデコピーとシークァーサーアイス〈41〉
那覇空港のサンドイッチハウス グルメ〈42〉
旅の終わり・那覇空港の夕日〈45〉

東京 羽田空港付近
羽田ー那覇の空港、飛行機〈1〉
APAホテル蒲田店朝食ブッフェ〈43〉

旅行中の食事
ホテル久米島アイランド
 レストラン アカバナ のモーニングブッフェ〈9〉
 TIDAさんでランチ〈11〉
 ひとやすみパフェ in TIDA〈24〉
久米島空港へ、そしてランチ〈2〉
沖縄民謡の店 島風〈7〉
バーデハウス久米島となかゆくい処〈20〉
沖縄旅行中の部屋ごはん〈29〉
おきなわワールド|ジューシーという食べ物〈34〉
おきなわワールド|熱帯フルーツ園〈35〉
おきなわワールド|ブクブクー茶〈40〉
沖縄那覇空港とデコピーとシークァーサーアイス〈41〉
那覇空港のサンドイッチハウス グルメ〈42〉

沖縄のお土産

沖縄のお土産〈44〉


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

久米島から沖縄本島へ空の上|沖縄久米島日記〈30〉


久米島空港で帰りの飛行機に乗る 2016-05-06 8-30

5日目の朝、久米島空港から沖縄本島の那覇空港へ移動です。


久米島空港ー(飛行機)ー那覇空港 2016-05-06 8-058

奥武島、久米島とはここでお別れです。


久米島空港ー(飛行機)ー那覇空港 2016-05-06 8-069 

渡名喜島の西北にある島。
GoogleMapで名前を確認できなかった島です。

雫のような形をしています。
島に上陸してみたい気持ちが涌き上がります。


久米島空港ー(飛行機)ー那覇空港 2016-05-06 8-071

渡名喜島の上空を通過


久米島空港ー(飛行機)ー那覇空港 2016-05-06 8-50

海の上に白いものが浮かぶ場所
海中に何がいるのか気になります。




途中、雲に覆われた場所も神秘的でした。

飛行機発明以前は、鳥か宇宙人かはたまた神様かしか見ることができなかったこの風景。
旅の愉しみは、地上や海中だけじゃなく、空の上も愉しみになりました。

沖縄本島では、鍾乳洞やガンガーラの谷などへも行きました。
次回以降の日記では、地底の愉しみなどを書かせて貰います。
では、また次回。

Category : 沖縄久米島旅行記

Tag :   久米島 沖縄 





関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

夜の不思議なこと|沖縄久米島旅行記〈28〉



夜、久米島のイーフビーチ方面まで橋を渡り歩きました。沖縄久米島旅行記、また始めさせて頂きます。


屋上から夕焼けと夜空|あみもと 2016-05-03 20-009

橋を車が通るとき、ヘッドライトで浮かび上がります。

橋を渡り、左折。

久米島側の橋の袂付近がほぼ灯りがなく真っ暗です。


漆黒の闇、射干玉の闇。





ほとんど何も見えない状況のなか、激しい息づかいみたいなのが、聞こえてきました。

 R「何か、オジサンのいびきみたいなの聞こえてない? この左側、何だったっけ?」
 私「マ・・マングローブ?みたいなの。きっと、根っこの辺りの海水の満ち引きでそんなの聞こえてくるはず」 

海際は、マングローブの林のようになっています。
 
~音がずっと鳴り止まないまま~、
というか、大きく近くなってきていました。  


Rが「本当に、これ水の満ち引き?」
と言ったあと、マングローブの木の中を、ガサガサガサガサーッと、まるで猿や猪ぐらいの大きさのなにかが走り抜けていったような音がしました。 

私「今の何? 何か走り抜けた?えっマングローブの中?向こう側?」 
R「キジムナー?」 
私「えっ」 

その瞬間、ほたるのような青みを帯びた白い光が視界の左下から、右上へ飛んで行きました。 

の中で
「ほたる? 黄緑色じゃなくて、青みを帯びた白?これ本当にほたる? 確か大きい立派なお墓がいくつかなかった? でもそんなことない筈。これまで何も見たことないし(これまで見たことないから、これからもないはずという安直思考)」 
と少し、いやかなり気分は焦っていました。
焦っていましたが、こちらの光りはすぐ消えたりせずに葉っぱに留まって、身長より少し高いところで光っていました。
 

久米島ホタルや他の固有種が久米島に棲息しているのを後から知りました。
もしかするとそういうものだったのかもしれません。 
フラッシュを焚かずにですが写真に撮った筈です。しかし慌てていたのか、撮れていませんでした。残念。 
さっきまで驚いてたのに、すぐ写真を撮ろうとしてるところがなんなんですが。 

その後は、民家やグラウンドの灯りがある道を歩いて、イーフビーチ近くのココストアに到着。
なるべく沖縄らしい物をと食料を買いました。←次回の日記で。



ココストア前のにゃんこ 2016-05-04 21-08




ココストア近くにネコがいました。


人に慣れているのか、人の側でも寛いでいました。


可愛いから記念に一枚。しかし、夜の撮影は難しい。







帰り道はタクシーを利用。




通りは人が多いんですが、タクシー発見なかなか通らず、通っても乗車中。


人の乗車していないタクシー発見!




しかし、そのタクシーは他の方に呼ばれてきていたのに、気づかず手を上げて止めてしまって、さらにまた後ほど、その目的のタクシーを呼んだ人のホテルの前に止まってるところに遭遇。




二人で軽く会釈して通り過ぎたあと、タクシーの車体に書いてある番号に電話したら配車して貰えるかも、と会話してたところ、会話が丸聞こえだったのか(恥ずかしい)、




「タクシー御呼びしましょうか? それか予約のお客さんがまだ少し来られないようなので、近くなら送って行きましょうか?」


「奥武島のあみもとさんまでです」




と伝えると、送ってもらえることになりました。


助かりました。





乗車中、久米島に来る人は、ダイビングをしに来る人が多いこと。


色んなスポットがあるので、何度か旅行に来て、次はここ次はこことスポットをかえて潜って行くことを、この時タクシーの運転手さんから教えてもらいました。





他にも、梅雨の季節のこと、台風のこと、真夏のことと久米島の季節の特徴についても、お聞きしました。




私たちの訪れたゴールデンウィークは、旅行に適した時期みたいです。


暑さや、湿度や、台風の有無の点で。





後日、久米島空港から帰る日も、タクシーの配車をお願いすることになりました。





さきほどのマングローブの辺りをタクシーで通るときは、再びドキドキしていました。





宿に帰ってから、キジムナーをもう一度調べてみました。


キジムナーは、子供のような外見で、髪と肌が赤く仲良くなると魚を取ってくれたりする沖縄に伝わる不思議な存在です。





さっきのことを思い出し、不思議なことがあるもんだなあと、ベランダから対岸を見て、眠りにつきました。






関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback

あみもとさんのオーシャンビューの部屋|沖縄久米島日記〈27〉

沖縄の離島久米島のさらに橋を渡った奥武島のあみもとさん。
途中からオーシャンビューの眺めのいい部屋201号室が予約出来たので移動しました。

眺めのいい部屋|あみもとさん 2016-05-05 13-050

海に面した窓が3つ。


眺めのいい部屋|あみもとさん 2016-05-05 14-08

ベランダからは、海と渡ってきた橋が見えます。


眺めのいい部屋|あみもとさん 2016-05-05 13-037

部屋には、ユニットバスとクローゼットとテーブルセット。
手前の畳み部分は、六畳か八畳くらいでした。


眺めのいい部屋|あみもとさん 2016-05-05 13-052

入り口側には、デスクとテレビなどがあります。


 眺めのいい部屋|あみもとさん 2016-05-05 13-048

ベッドの横にも窓があります。


眺めのいい部屋|あみもとさん 2016-05-05 13-58

この部屋の特筆すべきは、やはりベランダからの景色です。
夕暮れ時が特によいとのことですが、外で泳いでいました。残念。

Category : 沖縄久米島旅行記
奥武島の民宿あみもと|沖縄久米島日記〈15〉


ロイアルビーチロッジ 民宿 あみもと
〒901-3106 沖縄県島尻郡久米島町奥武115
HP
tel:098-985-8856
 


関連記事
Posted by lemon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。